f0205317_10574451.jpg

今日から4月、昨日は 「春嵐」 でした・・・。

桜の花びらがヒラヒラ舞う、そんな風情が好き!
強い風にうたれる桜は、痛々しい
今年はまだ桜が開花せず、昨日の嵐をどこかで安堵。。。

でも、現実は厳しい
「飛花落葉 (ひからくよう)」 と言って

春には、咲いた花が散り
秋には、色づいた葉が落ちる

絶えず移り変わる世の中の、はかなさのたとえだそうです!

現実の日本、もどかしいことが、いっぱい!!
何も出来ない自分にも、もどかしさを・・・。

心ひそかに、朝のこない日はない~。
        春のこない年もない~。

そんな甘えを抱いている、あたくしが・・・。


弥生より、卯月は、良い月であることを願っております。
元気ですごしましょうね♪♪♪
         

         ・5日頃    清明(せいめい)
         ・8日      花祭り
         ・20日頃    穀雨(こくう)


f0205317_125602.jpg


  ★4月でも気温の高い日には、春単衣をまとったり
    涼しい素材の長じゅばんに、半衿だけ季節のもの
    塩瀬・ちりめんを付けて、暑さ対策をしています。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

                                応援・ポチッとありがとうございます!
                                「春眠暁を覚えず・・・」 で
                                心地よい眠りを味わっております。。。


                                       衣香(きぬか) 糸賀文音
        
                                
by kimonokinuka | 2012-04-01 13:29 | 衣香だより

「長襦袢が着づらい!」

f0205317_9361180.jpg
「長襦袢が着づらい!」 そんなお尋ねが・・・

長襦袢はきものの汚れを防ぐ役割をしてくれたり
きちんと着れていないと、美しいきもの人には・・・
きものの下で目立たず、ちょっぴり色香を漂わせながら
大事なお役目を果たしてくれています!!!

お尋ねの方の長襦袢は関東仕立てで
お胸の豊かな方でした。



長襦袢には関西仕立てと関東仕立てがあります!

f0205317_946510.jpg


・関西仕立て(別衿仕立て)
   きもののように衿とおくみが付いていて
   バストを包んでくれてスッキリ着られます。

・関東仕立て(本襦袢仕立て)
   衿を裾(すそ)まで付け女性には着づらい
   子供や男性に良いようです。


今は女性用の長襦袢は関西仕立てが多いようです。
体型を考慮されて、ご自分の寸法に合った長襦袢で  「スッキリ着てみましょう!」

袖口・振り・裾からチラリと見える長襦袢、きものの美学はすばらしい ♪♪♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村             いつもお読みくださりありがとうございます!
                      ポチッとにも重ねて深謝いたします!
                      すてきな一日でありますように・・・


f0205317_10102622.jpg
    湘南台(藤沢)・田町(東京)・藤が丘、いずみ中央(横浜)
    元町(横浜9/21開校) にお教室があります!

   お申し込み・お問い合わせは  こちらから   

     お気軽にお問い合わせくださいませ。

by kimonokinuka | 2010-09-12 10:23 | 衣香だより

蹴だしのお話!

蹴出し(けだし)て何ですか? 
f0205317_156884.jpg
こんなご質問を・・・

裾よけ(すそよけ)のことです。
江戸時代後期に京都が発祥地で
歩くときに腰巻が見えないよう 
きものの裾が傷まないように
裾よけを付けるようになったそうです。
色は緋(ひ・赤色)・白・浅黄(あさぎ・うすい黄色)など   
今は白・ピンクが多いですね。
素材は絹・綿・絽・麻・デシン・キュプラ・レーヨン
ポリエステルは静電気が起きやすく
まつわり付くこともあります。

江戸では足の滑りが良くなることから、「蹴だし」 と呼ぶようになったそうです。

ご参考までに
裾よけが長すぎると、歩きづらいです!
膝下(ひざした)18~20センチ位に・・・
裾よけの丈が長い時は、力布(白いさらし)の部分を
折りたたみ、丈の調節をします。


♪春は二重に巻いた帯、三重に巻いても余る帯♪
“乱れ髪「にはそんな歌詞がありましたね。・
切ない・・・



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村            
                        応援・ポチッとありがとうがざいます。
                        皆さまには心より感謝申し上げます!

by kimonokinuka | 2010-08-26 15:20 | 衣香だより

掛け衿て何ですか?

きものの衿の部分の汚れを防ぐため、本衿の上に掛ける衿のことです。

f0205317_7475576.jpg

今はきものと同じ生地の衿を掛けるので、「共衿」とも言います。
江戸~明治にかけては、黒繻子の掛け衿が女性に流行・・・
かい巻き(夜着)には黒ビロードの掛け衿。
半纏(はんてん)・丹前(たんぜん)には黒八丈の掛け衿。

余談ですが、
写真は母のきもので、掛け衿が短いです。
実家に古い男物の渋いグレーの紬が・・・
身丈も掛け衿も短く、悉皆屋(しっかいや)さんに相談しましたが、
直しようがないと言うことで、女ものに縫い直してもらいました。、
おはしょりはできず、掛けが衿も短く野暮ったくて・・・
対丈(ついたけ)のコートに変身!
掛け衿を外し、細い紐(ひも)にしてコートにつけました。

きものはいろいろに遊べて楽しいこと  ♪♪♪
黒の掛け衿も粋ですね。
おしゃれ話は尽きないです・・・。
 
f0205317_873731.jpg

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
                         応援とポチッと心より
                         感謝いたします!!!

by kimonokinuka | 2010-08-19 08:10 | 衣香だより

1年中同じ補整ですか?

 こんなご質問をいただきました。 
 私は1年中、同じさらし補整 (腰には浴用タオル1枚入れてます)。
 肌襦袢・裾よけをつけ、ブラジャーとガードルの役目をしてくれるさらしを巻いています。
 冬は温かく、夏は汗を吸い取ってくれる優れ物です。 
 長時間冷房の中にいる場合は体が冷えません。
 ゆかたの時は肌襦袢を着ずに、さらしを巻きます!

f0205317_157293.jpg

                
どんな体型にも適用できる、さらしとタオル補整は、シンプルで安価!!!
季節関係なく同じ補整で、経済的!!!

夏にきちんとした着姿で、周りに “涼” をさしあげましょう ♪♪♪
八つ口」 衿・両袖口・両袖脇・身頃の両脇・すそ合計八ヶ所のあきからも風が入ります。
きものを考え出した 「先人の知恵」 はすばらしいですね!


f0205317_15292098.jpg

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援とポチッとに深謝!
ありがとうございます!

by kimonokinuka | 2010-08-13 15:38 | 衣香だより

こんなご質問をいただきました。
夏きものとゆかたの違いは?

・格が違います! 
   夏きものがスーツやドレスならば、ゆかたはTシャツとジーンズと考えてください。
 ・ 素材
    夏きものは 絽・紗・上布・夏紬・絹縮・絹紅梅・麻・麻縮・木綿・ウール・化繊
    ゆかたは  木綿・綿に麻・化繊が混じったものも
・  きものの下
    夏きものは普通の着物の時と同じで、長襦袢を着ます。
    ゆかたは下は肌襦袢だけのことが多いです。
・  履物
     夏きものは足袋や草履をはきます。
     ゆかたは素足に下駄が多いです。

✽ ゆかたに長襦袢・足袋を合わせ、格上げする着方もあります!


f0205317_1736276.jpg
米国の大学生さんのゆかた姿!




f0205317_23433652.jpg





               

               
                                  夏きもの!
                                     笹島先生です!
                                       


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
                    いつも応援をありがとうございます!
                    ポチッとも励みになっております!
                    心より深謝いたします!

by kimonokinuka | 2010-07-30 17:26 | 衣香だより

f0205317_22243574.jpg

ホームページの“衣香だより”で割烹着は汚れ防止になることを書いたところ、
偶然か割烹着の話題があちら、こちらで聞かれました。
寒い時期は暖かいし、特に袖口が汚れません。
きものから割烹着作りを、楽しまれている方もいらっしゃいます。

母はお葬式など冠婚葬祭のお手伝いには白い割烹着、
家事をする時は柄物の割烹着をと使い分けていました。
最近は弔事などには黒の割烹着やエプロンを利用されてる方も多いです。

女流画家さんがきものに丈の長い割烹着をかけて、絵を描かれていると伺ったことが
「すてきだなぁ-」と憧れていましたら、洋装ですがお会いする機会に恵まれました。
細身の素敵な方でますますファンに、惚れっぽいですよね。

きものに割烹着はなつかしい思い出。
私にとって割烹着は母と弟の姿が浮かんできます。
五十肩の母が割烹着の紐が結べず、優しい弟はよく手を貸してあげてました。
きものは帯結んだり、背中に手を回すことがありますが、
それが五十肩防止にもなるそうです。
きものは姿勢も良くしてくれたり、意識せずに自然に体を矯正してくれてますね。
                                              f0205317_22362385.jpg
きものに丈の長い白い割烹着
夏きものに白いパラソル              
とてもすてき!!!

やっぱり、きものはおもろいで~す!



ランキングにご協力ありがとうございます。
予想以上で驚いております。
クリックよろしく!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
by kimonokinuka | 2010-04-01 16:35 | 衣香だより

f0205317_1281085.jpg












ホームページの “衣香だより” に載せた記事です。
新しいカテゴリ 「衣香だより(H・P)」 に綴っておきますので、ご利用ください。
 
① こんなご質問をいただきました。

    Q: 日常の場面(シッピング ・食事・デートなど)に着る着物や
       着慣れるために家でも着物を着ていたいのですが、
       どんな着物が良いですか、お安く揃えたいのでが?   
       

    A: 小紋・紬・洗える着物・ウールの着物などを始めは用途で
       使い分けされたらどうでしょう。

       食事は汚れを気にされるとしんどいので、最初は洗える
       着物から入られたら気持ちが楽かもしれません。

       雨の日は洗える着物、ウールの着物も雨に強いです。

       ショッピング・デートには小紋ではんなりと!(すてき!)

       紬は体になじんで着やすく味があるおしゃれ着!
      
       家で練習用にお召しになられるのには、温かく、シワに
       なりにくいウールの着物が便利です。洗える着物も汚れを
       気にせずにお召しになれます。 割烹着をつけられると汚
       れ防止に、丈の長いものはレトロな感じがして素敵ですよ!

       夏はゆかたがお薦めです。

       新品を呉服屋さんで仕立てると値が張りますが、自分の
       体にあった着やすい着物になります。
       リサイクルの着物はサイズがあえばお買い得です。着方を
       工夫されれば良いと思います。“掘り出しもの”や“アンティーク
       なもの”が見つかるかもしれません!着物探しも楽しいもので
       すよ。

            着慣れたら、使い分けせずに
                ご自由に着物をお楽しみください。

                   お気軽に  きものめしませ!


ランキングにご協力感謝いたします。
これも、皆さまのお陰です!
クリックをお願いできれば・・・。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村                
by kimonokinuka | 2010-03-31 11:33 | 衣香だより