カテゴリ:井沢満先生の作品( 52 )

井沢満先生がご自身のブログで、お着物への愛情・美意識など
失いたくない大切なことをお書きです。またも井沢先生に転載を
ご許可頂きました。
『先生、ありがとうございます!』              -井沢満ブログー

            

「和」を守る


癖になるのか、このところ通販でいろいろ手に入れるのが続いている。

最近のヒットは、シルクの黒コートで、コートというと暑苦しいが
要するに長い丈の、ふわっと羽織るシャツというのに近い。
羽織って膝の下まで来る。
冷房が苦手で、カーディガンを持ち歩く私は重宝しそうだ。
軽く薄いので畳んで鞄に入れておける。

ビルマシルクだというので、産地はミャンマーなのだろうか。
暑いエリアのお蚕さんは、まゆが太くて繊細なシルクにはならないと
思うが、コートにはむしろちょうどいいかもしれない。

あとひとつ、迷い迷いであったのが、ポリエステルの絽で、
出来合いの着物。ウールも綿も着たことがないのに一気に
ポリエステルに飛んだのは、絽なら何となくポリでもイメージがつかめるし、
安価なので、雨が多い6月用、出先で土砂降りの夕立にあっても
難儀しないで済む着物を、とふと思ったからだった。

届いて、着られなければそれまでのこと、と思える程度の価格。
しかし、手元に来たのを見れば色合いもまあ悪くないし、感触も絽ではある。
着丈が気持ち長めかなと思う程度で、裄は問題なかった。

着物はこういう時、柔軟性に富み洋服ほどきっちりとサイズが合ってなくても
まとえる。

浴衣は今度三越で仕立てている着物が出来上がっでから、反物を見てみようかと思う。
靖国神社のみたま祭りには間に合いそうもないが。

それと売り場で気になったのが藤色の草履で、これは
男物にしては大胆で手を出しそびれたのだが、履いてしまえば足袋の合間に
ちらちらとパープルが漏れる程度で面白いかも知れぬ。
小千谷縮の着物の仕立て上がりの3週間後に、まだ売り場にあればご縁ということで
求めようと思う。

あと欲しいのが扇子。三越の呉服売り場は目の毒である。

それにしても皇室の方々にこそ和服を召していただきたいのだが
晩餐会における天皇陛下もタキシードでいらっしゃる。
もし紋付きと仙台平の袴であれば、不勉強で知らぬのだが
紋は菊になるのであろうか。さぞ、お似合いでまた威風堂々と見えるのでは
ないかと拝察する。

皇室の最大の役割は神道の最高峰としての、祭祀王であるが
日本の伝統を次代に継がれることもそうであろう。
言葉ひとつ、時代によって変転しては行くものの皇室は、言葉が
命脈を保つ最後の砦であって欲しいと願う。
今どき、おたたさま、おもうさまはないだろうが、パパ、ママは勘弁して
頂きたいのである。雅な日本語をあとうかぎり保って頂きたい。

私はどうにもパパ、ママが生理的に受け付けず、脚本でも
リアリティを重んじてパパ、ママは使わなくもないけれど、
出来る限りお父さん、お母さんと言わせている。
本当は松竹大船の時代のように、お父様、お母様と言わせたいのだが、
さすがに現代では無理。上流社会を今どき描いても、なかなかリアリティという意味で
どうなのだろうという、ていたらく。お父様お母様は、現在70歳前後の
人たちの時代には、日常にあったはず。

おっとりと、品のいい日本語が説滅寸前で、そういうセリフを書ける
脚本家がもういなくなりつつあるのではないか。
いずれ書き残しておきたいと思うが、そんなドラマはそれこそ
戦前の皇室や貴族を舞台にせねば、書けぬであろう。

死ぬまでに一つ、日本古来の美しい言葉をドラマか小説の中に刻んで
残しておきたい。

皇后陛下も、紀子妃殿下も眞子さまも佳子さまも和服をきちんと
召されるのが有り難い。
皇后陛下が先の皇后から受け継いて養蚕をなさるのも、日本の
絹とそれにまつわる心を守りたいお気持ちからであろうと思う。

悠仁親王殿下も、着物に袴がお似合いで嬉しいことである。
悠仁様がまとわれた御初召(おうぶめし)こそは、和の衣類の精髄で、
雪の如き白い絹に、織りで繊細な模様が浮き出ている。

文字では伝えきれぬので、著作権に触れぬかと懸念しつつ・・・・も、

f0205317_6304952.jpg


御初召は要するに産着で、皇后陛下が育てられた日本原産の「小石丸」の生糸で織られている。
悠仁親王殿下の、宮中三殿参拝用に、天皇皇后両陛下から贈られた。

はばかりながら、「祖母」が育てた蚕が紡ぎだした糸を使って孫の産着が出来上がったのである。

たいそう贅沢なことだが、こういう贅沢をこそ皇室の方々にはなさっていただきたいのだ。
海外ブランドの洋服など、数年後には流行遅れでもう着られない。
しかし、和服は美術品なので保てば永遠に生き、日本の心を伝え続ける。

着物は末代まで。
いよいよ擦り切れればほどいて、おむつに、雑巾に、使い倒して
日本人は生きて来た。

およそ、衣類における色彩センスの頂点は歌舞伎の衣装であると
私には思われる。
近年に至って、ようやくヴェルサーチ辺りがたどり着いた大胆不敵の色使いを
江戸の歌舞伎役者たちはすでにまとっていたのである。

グラデーションの美学も日本のものであろう。

皇室の方々には、神域のお守りを至高の御役目として、次に守って頂きたいのが日本の文化であり、美意識である。それは言葉も、衣装も、そして何より日本の心ばえを、心意気を。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
皆様にとって、新しい一週間が、
良い日々でありますように。 (*^_^*) 

       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-06-23 07:11 | 井沢満先生の作品

f0205317_20353138.jpg


大好評を博しました。。。

井沢満さん脚本の、「命  天国のママへ」が、

今日(20日) 金曜日 BS-TBSにて、19時より再放送されます!


このドラマは「観光庁長官賞」を受賞、その様子がドキュメントとして
拝見できるそうです!
12月27日(金)NHK BSプレミアム 15時5分~15時54分。

林業が盛んな岐阜県の山間の里を舞台に妻、母親に先立たれた父と息子が
自然の中で癒さ¬れ、親子の絆を深めていく。。。
そんな心温まるドラマでした (^◇^)(^◇^)


【ご出演】(敬称略)
萩原聖人、木村多江、藤本哉汰、谷花音、矢田亜希子、上條恒彦、津川雅彦

井沢先生の優しい世界は、絶品です!!
ぜひ、ご覧下さいませ。


申し訳ございません。
パソコンの調子が悪くて、ドラマは今放映中です!
涙こぼしながら。。。
拝見させて頂いております。

27日のドキュメントも、待ち遠しいです(^◇^)(^◇^)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます!
気温差があります。ご自愛くださいませ。

        衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2013-12-21 17:07 | 井沢満先生の作品


井沢満さんの脚本 「母。わが子へ」が

Asian Terevision Awardsにノミネートされたそうです。

タイトルが、 「A Mother's Last Goodbye


f0205317_19302413.jpg


日本からは、単発作品としては「母。わが子へ」が
1作品のみのノミネートだそうです。

井沢先生、出演者・関係者の方々、おめでとうございます!

賞は台湾と韓国の作品と争うらしいのですが、
ぜひ、入賞して頂きたいですね!



「花嫁の父」、「母。わが子へ」、「命 天国のママへ」、井沢先生の世界を
拝見させて頂くにつれ、肩の荷が軽くなっていく私がおります。。。

ーありがとうございますー


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
今日は、笹島先生にお会いできて
うれしい日でした (^◇^)
後日、ご報告させて頂きます。。。

      衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2013-11-16 19:45 | 井沢満先生の作品


井沢満さんの力作 「母。わが子へ」 が受賞されました。

f0205317_16235437.jpg

 
井沢先生は、過去にもたくさんの大きな賞を。。。
最近では,
「花嫁の父」が、 「日本民間放送連盟賞・優秀賞」
           「アメリカテレビ祭・金賞」


そして、今回の 「観光庁長官賞」の快挙です (^◇^)(^◇^)(^◇^)

井沢先生、ご出演者の方々、関係者の方々

「おめでとうございます!」

「母。わが子へ」は、東京と震災2年後の宮城が舞台になっていました。
命を懸けて息子たちへ愛を注ぐ、八千草さんの母親が圧巻!!
おっとりした口調にいやされ、慈悲満ちた表情が今でも忘れられません!

バラバラだった家族が「希望」に向かってキャンピングカーで、東北へ。。。   
 
長男の仲村トオルさんと、二男の玉山鉄二さんが、母の愛に応えようと
している健気さに好感が持てました。

だんだん丸い家族関係になっていく、やさしい温かさが伝わるドラマでした。


家族の大切さを、「母。わが子へ」そして、「花嫁の父」・「命 天国のママへ」
からも教えて頂きました。家族への感謝の気持ちを忘れずに、日々小さな
幸せを紡いでいきたいと思います。


井沢先生のドラマ・小説は、私の「幸せ手引書」です(^◇^)(^◇^)(^◇^)

 
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村 

応援・ぽちっとありがとうございます!
お寒くなりました。
お風邪など召さぬように。。。

       衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2013-11-13 21:13 | 井沢満先生の作品


井沢満さん、
脚本の新作ドラマ 「命~天国のママへ~」
11月11日(月)夜 9:00~10:54 TBS、MBS で放映されます!
ぜひ、ご覧くださいませ。

f0205317_23154561.jpg

秋のドラマ特別企画で、みどころは

妻そして母親に先立たれた、父親と息子が寂しさと悲しみに立ち向かい
親子の絆を深めてゆく姿を、林業が盛んな山間の町を舞台に感動的に
描かれているそうです。
豊かな自然の中で暮らす生活が見つめなおされている現在に、自分たち
の生き方と家族の絆について考えるきかっけにしたい作品。。。

井沢先生のいやしの世界から、大切なことを教えて頂けそうですね(^◇^)


ご出演者 (敬称略)

    萩原聖人・木 村多江・藤本哉汰・谷 花音・矢田亜希子・上條恒彦
    津川雅彦・他




f0205317_2342105.jpg
 

                                        井沢先生は、「美しい日本語」や
                                        「日本文化」を大切にされています。


ドラマ 「母。わが子へ」の再放送! 

f0205317_10172999.jpg

関西圏 MBS11月10日 日曜日 昼1時~3時
関東圏 TBS 11月11日 月曜日 昼1時55分~3時50分



井沢満さんが脚本を手がけられ大好評でした 
ドラマ「母。わが子へ」が再放送されるそうです。 

母の“命を懸けた愛”が我が子を救う!
バラバラだった家族が、「新しい希望」に向かって、
東北への旅へ
母と兄弟の“愛”に 満ちた珠玉のヒューマンドラマ!

八千草薫さんの優しいお母さんが、今でも瞼にあります。。。

ご出演者 (敬称略)
母    八千草薫
長男  仲村トオル 
二男   玉山鉄二

こちらも、ぜひ (^◇^)(^◇^)(^◇^)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
お風邪など召さぬように。。。
ご自愛くださいませ。

        衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2013-11-10 00:31 | 井沢満先生の作品

井沢満さん脚本 、秋のドラマ特別企画 『命 天国のママへ』 
11月11日(月)よる9時から TBS MBS系で放映!

f0205317_738579.jpg

ドラマのみどころは、

妻と母親に相次いで先立たれた父親と息子が、寂しさと悲しみに立ち
向かい、親子の絆を深めてゆく姿を、林業が盛んな山間の町が舞台に
感動的に描かれている。豊かな自然の中で暮らす生活が、見つめなお
されている現在に、自分たちの生き方と家族の絆について、考えるき
っかけにしたい作品だそうです。

ご案内サイトはこちら,
http://www.tbs.co.jp/inochi2013/

主なご出演者は
 萩原聖人さん
 木村多江さん
 谷 花音さん
 矢田亜希子さん
  津川雅彦さん 

魅力ある方々。。。 待ち遠しいです(^◇^)(^◇^)

大人気の井沢先生のドラマ作品、
 ・花嫁の父
 ・母。わが子へ


どちらの作品も温かい人間愛にあふれ、井沢先生は
大切なことを、たくさんお教えてくださいました。

新作ドラマ「命」からも、お胸キューンの感動が、
そして学びが、舞い込んできそう。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


応援・ぽちっとありがとうございます!
秋景色に。。。
葉っぱの色変わり、楽しみです(^◇^)

        衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-10-18 08:02 | 井沢満先生の作品

f0205317_21493298.jpg

「花嫁の父」が、海外でまたも受賞を!
   
     2013年ニューヨーク・フェスティバルで
     テレビムービー/ドラマ部門で

        銀賞です!!!

井沢満さん、出演者の方々、制作に関わられた方々

   -おめでとうございますー

昨年の1月に待ち望んでいたドラマは、
やさしく、ふんわりとした癒しを、たくさん運で来てくれました!
感動は、国境に関係なく伝わるのですね。。。

国内外で愛され、高く評価されいて、いつまでも心に残る
平成の名作ですね。

そして、井沢先生の新作 「母。わが子へ」 も素晴らしく、
大好評だそうです。。。


井沢先生、私たちにこれからも、胸キューンの感動をくださいませ。  
  

 -お待ち申し上げておりますー


PS:NYフェスティバルのHPアドレスはこちらです。
http://www.newyorkfestivals.com/winners/2013/index.php
 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
ブログへのお尋ねを心より感謝いたします!

            衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-04-12 05:23 | 井沢満先生の作品

ドラマ「母。わが子へ」を拝見させて頂き、そのご報告を。。。

f0205317_14304453.jpg

八千草薫さんのお母さん、門間千勢さんは周りが「口角泡を飛ばす」 状況でも
残リ少ない時間を、静かな微笑みでつつみ、そのやわらかさに、死への覚悟が
感じ取れました。。。

千勢さんは、長男・崇史(仲村トオルさん)に対しては 「頼って、甘えてしまう!」        
二男・拓海(玉山鉄二さん)には 「手が掛かるけれど、甘やかしてしまう!」
そんなお母さんを、崇史さんは 「えこひいき」 とひがむ・・・。

f0205317_14332649.jpg

千勢さんが亡くなられた後に、崇史さんの携帯電話に「母」 という差出人で
メールが舞い込んだ!!

  「最後のメールはあなただけ、あなたにする初めてのえこひいきです」

  「母。崇史へ」  (^^♪

実は別居中の崇史さんの妻に、死後崇史さんへの送信依頼をしたのは、
千勢さん。。。

f0205317_14361219.jpg

千勢さんは、わが子に伝えたい想いを胸に、命がけで旅へ
想いが通じて、崇史さん家族の関係は修復でき、拓海さんは旅で
出会った身重の雛さんの夫に、そしてお腹の子の父親になりました。。。

千勢さんの心の叫びで、それぞれに幸せの活路を見いだせた息子たちで、
母親の愛情の深さ、存在の大きさに、またまた涙!

千勢さんは、母親の鑑ですね。

千勢さんが、「あの世でお父さんに会えたら、 蝶になって知らせる。」 
と崇史さんに。。。

蝶を見つめる崇史さんの目は、母親の愛を享受できた喜びにあふれていた!!

井沢先生の見事なまでの人間考察が、ふんわり温かく優しく表現されています。
「花嫁の父」 同様に、 出演者の演技も、大変素晴らしいドラマでした!

たくさんの「感動」を頂戴して、

いつまでの忘れられない 「感動」 になりそうです (^^♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
お写真は、下記から拝借いたしました。
http://www.facebook.com/MBS.mother.son

               衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-04-02 16:50 | 井沢満先生の作品

ドラマ「母。わが子へ」が、
 31日よる9時に放映されます!


放送直前スペシャル!
ーすべての母に捧げる“ありがとう”の物語ー
を拝見いたしました。。。

期待どうりの素晴らしいドラマに、会えます (^^♪


f0205317_2143461.jpg


「故郷は、人なのよ!」、母の言葉!
  ・音信不通の二男に会いたい!
  ・旅をしたい!
  ・家族が揃った所で、「お礼とお別れ」を言いたい!

ガンで余命幾ばくもない、母の願いだった (^^♪

直前スペシャルは、こんなことも。。。

人の数だけいる「母」という存在!
人それぞれに、様々な母親像を持っている。

人はひとりでは、生きていられない。。。

また、井沢満さんから、人間としての大切なことを
教えて頂けそうなドラマで、大変楽しみです!

今回も、大好評だったドラマ「花嫁の父」の
スタッフの方々が、担当されているそうです!


「もういくつ寝ると、31日。。。」

幼子のように指折り数えて、待っております!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
ブログへのお立ち寄りに深謝いたします!

          衣香(きぬか) 糸賀文音

画像はこちらから、拝借させて頂きました。
http://www.facebook.com/MBS.mother.son
by kimonokinuka | 2013-03-28 22:12 | 井沢満先生の作品

f0205317_1834942.jpg

東京と震災から2年の宮城県を舞台に
母と息子たちの、温かさがいっぱいの家族ドラマだそうです (^^♪

“命を懸け” 息子たちに愛を注ぐ母を  八千草薫さん
それに応えようとする息子たちを     仲村トオルさんと玉山鉄二さん

私は四角いキャンピングカーが、なぜか、気になり、お気に入り。
四角い車中が、段々丸〜い癒しの空間に変わっていくのかしら???
そんな想像を、勝手に抱いております (^^♪

 
 
放送直前のスペシャル!
〜すべての母に捧げる“ありがとう”の物語〜
  TBS 3/27(水)  深夜1:25〜1:55
  MBS 3/29(金)  あさ9:55〜10:25


こちらも、お楽しみください!


f0205317_18352263.jpg

朝の秋葉原撮影現場での
井沢先生と八千草薫さんの、心温まるお写真です。
そして、周りの方々のお優しいまなざし。。。

この 一枚のお写真から、「母。わが子へ」の素晴らしさを
放映前に感じとることができました。

間違いなく、生涯道ずれになる感動が、 31日、

私の胸に、そして皆様のお胸にも、 (^^♪ 



  にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
気温差が激しいですので、お風邪など召さぬように。。。

画像はこちらから拝借させて頂きました。
http://www.facebook.com/MBS.mother.son

衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-03-25 19:05 | 井沢満先生の作品