一昨日の朝、鏡の中の右目に ギィヤー !!!
ど、ど、どうしたの? 打撲の覚えもなし、痛みもないのに赤目なんです。
うさぎなら可愛いのに、
私は可愛くないうさぎちゃん状態に、赤目でなくてもかわいくないのですが、
見栄をはらせてください。(笑)

お会いする人ごとにいたわっていただきありがたくおもいました。
すぐに治ると高を括っていたのですが・・・。
回りの人たちに不快感をお与えしていたら申し訳ないし
目もかわいそうという気持ちもあり眼科へ。
結膜下出血で二週間位できれいに完治するとのことでした。

七十代の女医さんでしたが、懇切丁寧に説明してくださいました。
きれいな日本語をはなされ、たのしんで仕事をされている姿に
年輪の美しさをかんじました!

その後、若い女優顔の薬剤師さんが、かわいくないうさぎちゃんの私に
こころのこもったあたたかい言葉で接してくださいました。
体調の悪い人たちにたくさんのいやしをさしあげているのだろうと深い感動が!

夜は女医さんと薬剤師さんの中間年齢層のK子ちゃんと仕事の打ち合わせ。
その道のプロというかんじで、仕事のできる女性とあらためて認識!
プライベートの時は“おもろいおばはん”なんですけれど・・・。
打ち合わせが終了後K子ちゃんが
痛々しくて気になっていたんだけどと赤目のはなしに。

「文音さんのこと、みんなでエールをおくってますよ。頑張ってください。」と
やさしいきれいなおめめではげましてくださいました。

「みなさんにかわいがっていただけるうさぎになりたい。」と切に想います。

三世代の女性たちからいろいろな気づきや応援を
いただいた今日は父の祥月命日でもありました。

みなさん、ありがとうがざいます!


f0205317_1292188.jpg

by kimonokinuka | 2009-09-30 23:23 | あったか空間

“きものあそび”

呉服屋さんとの会話から
「きものを着られる人の数は変わりません。新しいきものを作られるひとは減り、
 手持ちのきものを手直しされる人が多いです。」 とのことでした。

不景気といわれている時代背景の中でも、きものを愛する人たちはいてくださるのですね。
日本がなくならないかぎり、きものは残っていくとおもいます。
微力ながらきものの良さ・たのしさなどをお伝えしていければと・・・。

箪笥に眠らせているきもの・リサイクルのきものなどを利用なさったら
あまりお金をかけずに “きものあそび” ができます!

f0205317_1065943.jpg

このきものは
母が若いときに着ていたものです。
・丈は短いのですが
お気に入で活用方法を考えてました。
コートはどうかしら?
自分で裄出しして、
袖の色焼け部分をグラデーションとして
たのしめないかしら?
挑戦してみますね。





f0205317_1222389.jpg

この帯はリサイクル店で
求めたものです。
帯はサイズが決まっているので
求めやすいアイテムだとおもいます。
1.500円くらいでした!!!

ミシンで帯作りをしていたことも・・・。
ショール・バッグなど共布で
洋服地をつかいあそんでました!





サイズ直しにお金をかけたくない場合は、化繊の仕立て上がりきものはいかがでしょうか?
アンティックな柄もあり、サイズも普通の人はまにあうとおもいます。
比較的安価で手洗いできますので扱いがらくです!

きもの好きを発心されていると、どこからかきものが寄ってきてくれます。
きものは大事にしてくれる人がすきだそうですよ!

あなたの感性で “きものあそび” をたのしんでみませんか?
ぜひ、お稽古を見学されてください。


                             カルチャースクール 創 3F
                             0466-45-8897

by kimonokinuka | 2009-09-29 08:21 | “きもの” 恋綴り

秋の彼岸明けに!

          f0205317_10462491.jpg

お地蔵さまの帯がほしくて
鳩羽色の地に
描いていただきました。
かわいいでしょう!
お彼岸のころに
出番の多い帯です。


                            
                             f0205317_1172488.jpg

帯〆の結び目ちかく
かすかに梵字が
見えるでしょうか?

きれいな花柄の小紋を
染め変えしたきものです。
以前は季節を選ばない
きものに、季節感のある
帯をよく締めていました。


若い頃は、はんなりしたきものが好みでした。
いつの頃からか、紬ばかりをきている私がいます。
でも、少しこころ変わりが
箪笥に冬眠させているはんなりきものを
目覚めさせようと~ ~ ~。
色合わせ・柄合わせを想像するだけで  ワクワク・ドキドキ!!!

うつくしい四季!
うつくしい日本語!
うつくしい文化と伝統!

そんなめぐまれた日々のなかで、

  “ありがとう”  “ごめんなさい”  

この二つの言葉を大切にしていたら、しあわせ気分がたくさんふえそう!!!

ふっと、そんなことをおもった秋の彼岸明けでした。


                               

by kimonokinuka | 2009-09-26 10:46 | “きもの” 恋綴り

きものあそび!

今日は笹島先生の勉強会にいってきました。
静かで大人の街の銀座が好きなのですが
連休のせいかとても混んでいました。
 
描いたばかりの帯をしめていきました。
最近ストライクゾーンが大きくなってきて
今までにはなかったコーディネイトをすることがあります!!!

笹島先生に帯の柄・コーディネートも
良くできてると過分にほめてもらいました!
着付けのチェックは厳しいのですが
先生はただ批評だけでなく
その原因を一緒に追求してくれます。
なかなかほめられる域には
到達できませんでした・・・。

f0205317_5471689.jpg
以前はシワのない着付けが
ベストだと思っていましたが

動くとシワができ
またもとへもどる
そんな自然でうつくしい感性を
先生から学びました!

腰紐一本の着付けはラクで
気負いがいなくなっていました。
着ているときも ぬいだときも
いやされている自分が
いるようになりました!!!

 
こころと体できものにふれてみませんか?
日常生活の場面(ショッピング・デート・食事会等)に
お手持ちのきもの・リサイクルきものなどから
あなた流の “きものあそび” をはじめてみませんか?

f0205317_5294243.jpg



                      ご予約・お問い合わせ
                      kinuka2009@docomo.ne.jp

by kimonokinuka | 2009-09-22 23:15 | “きもの” 恋綴り

彼岸にて

昨日お墓まいりの途中に、幼友達にあいました。
ここ数年間ご両親の介護で地獄の日々を送られたそうです。

親たちの介護は兄弟、そして家政婦さんの協力もあり
最後まで自宅で面倒をみることができました。
幼友達よりめぐまれていたかもしれません。

認知症の母にどうしてあんなに優しくできるんだろうと・・・。
姉やまわりの人たちは私のことをそうおもっていたようです。
目の前にあった現実をこなすことに精一杯で
風邪もひかずに元気で介護をしていました。
いつもプラス志向でいられたことが不思議。
自分のこころの中をのぞいても説明がつきませんでした。

二年位前にある方が私は前世で
母にとても助けられていたということを教えてくださいました。
それまで前世ということに興味をもっていませんでしたが、
そのとき

「やっぱり、恩返ししていたんだわ!!!」 と瞬時に納得。

意味深い母の介護に関われたことに感謝です!
前世からのご縁て本当にあるような気がしました。

幻覚におびえたり、徘徊をしたり、いろいろなことがありました。
びろうな話で恐縮ですが、
母のうんちを臭いとか汚いなどおもったこともありません。
ただただ、少女のようにあどけなく愛おしかったです!

幼友達の涙をみながら
もう忘れていた介護時代がよみがえりました。
忘れても記憶は死んではいないのですね。

介護でえた経験はすばらしい宝物のひとつになっています!

f0205317_2395318.jpg
昨日姉からもらった母の写真です。
私が知っている母は化粧をせず
素肌のきれいなひとでした。
最後のお別れの時にはじめて
化粧顔の母にあいました。
十年前の夏に透明感のある
おだやかなきれいな顔で
幕を閉じていきました・・・。

形の無いものを大切にしていました。
そんな母が好きです!

子馬鹿でごめんなさい。

by kimonokinuka | 2009-09-21 00:09 | あったか空間

帯あそび!

ピンクグレー・薄茶色の一色染めの帯に,あそび心で筆を入れてみました。

f0205317_9365240.jpg

写真でみると
ピンクグレーと薄茶色が
ほとんど変わらないので
一枚の写真で・・・
こんな感じの
シンプルな帯でした。




f0205317_01229100.jpg



斬新なデザインに。
どんな場面が
お似合いかな?
きもの合わせが
ワク! ワク!



f0205317_9435164.jpg


“いろはにほへと”を
漢字で書いてみました。
字を書くのが本当に下手です。
無謀な挑戦をしみてました。
身の程知らずで
すみません。



帯を逆にまくと、前帯のポイント柄がかくれますし、
お太鼓を作るときにひねって裏をだせば、一色染めの帯になってくれますよ!
きものや帯を工夫されたら、おもしろい発見があるかもしれません。
洋服よりも少し手間がかかりますが、よろこびやたのしみと出会えたら、

“日本のおんな”であること・・・
   至福のときです!

by kimonokinuka | 2009-09-18 23:34 | 衣香の手仕事

無農薬の元気な里芋が
これで三百円なんて信じられないでしょう?
ものすごく美味しい~ ~ ~。
「もっと買ってくればよかったね」と友人も。
遠くて車がないと ちと無理です。
誰か買出しに行こうと言ってくれないかなぁー。
 
f0205317_0255520.jpg

その翌日またまた、美味しいとうもろこしをいただきました。
こんなおいしいとうもろこしははじめてです。
上品な甘みで、口のなかでとろけるという感じ・・・
めったにとうもろこしをいただかない私はびっくり!!!

f0205317_0343437.jpg


里芋だけのシンプルな煮物を、お口いっぱいにほうばって   満足!満足!
小さい里芋は きぬかつぎに(里芋の小芋を蒸したり、茹でたりして 味噌や醤油でいただく)
コロッケもおいしいですよね。

昨日はたくさんの種類の野菜を素揚げして、めんつゆ&バルサミコ酢に漬け込みました。
もちろん里芋も  かぼちゃ・ごぼう・しいたけ・にんじん・エリンギ・たまねぎ・ナス・
パブリカ・しし唐・しめじ。えのきだけ・ズキーニなど使い残しの野菜処理ができました。
多い来客の時には作り置きができて便利です。(これは料理とよべないかもしれませんが)
おしやれな味です!

f0205317_055282.jpg

以前はあたらしい料理を常に探してました。
最近は手抜きではないのですが、シンプルな料理がすきです。
料理て作っているときの姿、におい、そんなものからも
愛情をかんじてくれるんだといつもおもっています。
そして私も

“いただきます“と“ごちそうさま”の笑顔からたくさんの愛をいただいています!

by kimonokinuka | 2009-09-15 00:26 | 簡単レシピ

ご参考までに!

お尋ねいただいたことがあり、ご参考になればとおもいます。

 Q. 鏡をみて着付けしたりすると、右前、左前がわからなくなります?
   
   A. 衿合わせする時に、右衿を先に合わせます。
     衿にご自分の右手が入ればO.K。    
     左前は死者の装束に用いますので、ご注意ください!

 Q. 羽織を着る時期がわかりません?
   
   A. もみじが色づき始めた頃から、桜が咲く頃でしょうね。
      長羽織もクラシックな感じで素敵です。
      羽裏もおしゃれで目の保養に・・・
      (男物の羽裏は “一枚の絵” のようです!)

 Q グリーンの帯を秋に締めてはいけませんか?
   
   A. 若葉色などは春らしいと思いますが、柄が春だけのものでなければ、
     たのしく色にこだわらずに、コーディネイトされてください。
     桜柄は一年中ありますよね。

f0205317_16475323.jpg


この帯を十年前に染めたときは、薄墨色で文字を書く予定でしたが
毛筆を習う機会がなく、自信がなく書けませんでした (涙)
二年前にもみじの帯がほしくて、あっさりと描いてみました。
私も春色かなぁーと迷いがありましたが、手持ちのきものにあい
秋に締めて、春は春で春もみじもがあるので活用しています。
帯揚げ・帯〆の色合わせもたのしく時をわすさせてくれて
ゆったりとした静かな時間が流れていきます・・・。

本当に幸せな時間!
     

by kimonokinuka | 2009-09-13 16:47 | “きもの” 恋綴り

2009秋 Gift Show へ

f0205317_18183417.jpg

昨日は東京ビッグサイトで
開催されいるギフトショーに
いってきました。
あまりの出展の多さにびっくり!
関心のあるものをチョイスして
目の保養をさせていただきました。







f0205317_1837126.jpg

マントが何かの
参考になりそう・・・。
素材は綿です。
マント&ショールで
2.000円でゲット!
✽ お~安い ✽✽✽







f0205317_2019225.jpg

きものにも活用できそう・・・
寒い時期、
男物の羽織が軽くてあたたかいので
仕立て直しせずに
おおきなショールを
上にかけて愛用しています!  
バッグも洋服・和服用とわけずに
私流おしゃれをたのしんでます。





f0205317_1917444.jpg
女三人で
姦しましくなく(?)
食事をしてきました。
こころも胃袋もみたされて
そして
ゆりかごめからの
すばらしい夜景に
うっとりしながら
帰路に!

by kimonokinuka | 2009-09-11 18:16 | “きもの” 恋綴り

文音の雑感!

最近新しいきものがほしいとおもうことが少なくなりました。
“きものほしい病” にかかっていた時期もあり
不治の病かもしれないと (笑)
いつしか完治して手持ちのきものを愛してる私がいました。


f0205317_16332673.jpg


不器用で同時にいろいろなことがこなせず、何事にも中途半端でした。
なんど自分のほほをたたき、自問自答しただろうか。         
きものがすきというおもいはすてられませんでした。
きものに対する情熱や凛とした生き方の、笹島寿美先生を尊敬しています。
そんな先生にたくさんの心配をかけてしまいました。
すきなことをやっているということは疲れないということもわかり、
たのしんできものの仕事をさせていただいています!

f0205317_1604747.jpg


長いこと親たちの介護をしてきました。
まわりに迷惑をかけずに散りたいと必要以上におもったり
子離れすることや魂の自立など真剣に考えていました。
願わくば、自分で成仏していけたらなんて・・・。
私の老後は出た所勝負でいいかなぁーと。
そんな気負いのない気持ちになってきました!

そして仕事柄、多少のきものをもっていますが
それ以外の私的財産はできるだけもたず
身軽に生きていこうとおもっています。
模範生みたいなこと言っている私は うざったいかな???

箪笥の引き出しのきものをスッキリ着こなして
明るく、元気に 私流に暮らしていきたい・・・。

by kimonokinuka | 2009-09-06 14:01 | あったか空間