きもので鎌倉へ!

f0205317_1242518.jpg
お子様の卒業式にきもので
それを目指してがんばって
こられた受講生!
予行演習を兼ねて
皆さんと鎌倉へランチに・・・。
写真はお店の中庭です。
ゆったりとした空間で
いやされました!


f0205317_12223717.jpg



鎌倉彫の箸置き
かわいいでしょう!





f0205317_12254456.jpg


茶碗蒸し
具は梅肉のみ
さっぱりとした大人のお味。
私はすり生姜入り
茶碗蒸しに挑戦します!!!



f0205317_1233121.jpg
昆布だしにこだわりを
持たれたお店。
お味が体に優しく幸せ!
お口の肥えた方も
満足されると思います。
写真が下手でごめんなさい。
目にも舌にもそして心にも
美味しい松花堂弁当でした!


f0205317_12583595.jpg
殿り(しんがり)は
ぜんざい付き最中アイス。
甘さも上品で最中の皮の
パリッ感がすてきで
病み付きになりそう!!
お話に花が咲き長居を・・・。
お店の方はイヤな顔ぜずに
対応してくださいました。
ありがとうございます!


時間も遅くなり天候も心配でしたので、足早に帰宅の途に・・・。
きものの写真を撮りませんでした。
電車に乗ったり・駅の階段・・・ 
着崩れはなく美しいきもの人でした!
また、ひとつ進歩!   うれしいです♪♪♪
 

by kimonokinuka | 2010-02-27 12:03 | “きもの” 恋綴り

f0205317_2155913.jpg
紅型染めの帯を作ってみました。
色合からすると
単衣の時期がかしら?
染めは自分でしましたが
仕立ては呉服屋さんに
お願いしました。
きれいに作っていただき
感謝・感激!!!


f0205317_2495679.jpg

生地に型紙をのせて、ヘラで糊を塗り
柄を写し取り、型紙を外すと
糊の付いていない所が
白く浮かび上がります。
ここに細い筆で色を挿しを・・・。

とてもおもしろいです!



f0205317_395755.jpg
帯に色挿しする前に練習用小布で
いろいろな色遊びをしてから本番入り。
色挿し・隈取り・色止め
最後に生地に付着した糊を洗い流します。
浴槽で何度も丁寧に洗うと
クリアな色がくっきりと現れて
うれし!楽し!心が弾む!
ここが圧巻!!!

無になれ、時を忘れ、本当に私の小さな幸せ!

by kimonokinuka | 2010-02-26 23:58 | 衣香の手仕事

f0205317_23511216.jpg

今日は近くの川縁を
2時間ほど散歩しました。
右の桜の木は毎年
美しい花を見せてくれます。
日本に生れたことに感謝を
おこさせてくれる桜たちです!



f0205317_23575932.jpg
西行法師に憧れてました。
「願わくば花のしたにて
春死なむその望月の
如月の頃」
西行法師のように
桜と一緒に散りたいと・・・
思い続けた
こだわりも消えました.
いつでも WELCOME!


不治の病かと思うほど、きものがほしい時期がありましたが
完治したようで、今は欲しいとは思いません!!!
手持ちのきものを大事に、楽しみたい気持ちが大きいです。

こだわりが少なくなってきて、これでいいのかしら?
お忘れです~~~よ。
大きなこだわりがあるでしょう?
そう、大切にしまっています。
神様だけにはお話しましたけれど
ご内密! ご内密!

どんなおもいで今年の桜を愛でるのかしら?

by kimonokinuka | 2010-02-25 23:49 | 季節のかおり

f0205317_2192082.jpg

“甘いもの”と“酔っ払い” 私の苦手なものでした!
子供の頃、おはぎを見ただけでつわり状態!
でも珍味は大好きでした。

母も辛党でしたが、還暦を過ぎた頃から甘党に変身。
私は甘い物には生涯無縁と思ってましたが、
母と同じ道を・・・。

辛党で珍味好き、お酒好きでしょう?
下.下戸で~す。

昔も今も“酔っ払い”はN.G.
楽しいお酒の集りは好きです。

母におまんじゅうを食べさせて、満足した顔を見ながら外出・・・。
それが母との終の別れ!
甘い物でお別れなんて・・・。
人生何があるかわかりませんね。
酒豪の私が待っているかもしれない???

by kimonokinuka | 2010-02-22 21:08 | あったか空間

帯の裏地に椿を!

f0205317_16401785.jpg
ごめんなさい。
写真を縮小しようと手を入れましたら、
文章がグジャグジャになりリセットしました。
昨日とはちょっと違います。
お許しの程・・

数日間ホームページ作りに夢中になり、
きものを忘れていました。
昨朝お稽古があるので、
きものを肩に掛けたら、
「私てきもの大好きなんだぁー!」と幸せ感が、
きものへの想いを再認識しました。

帯を締めようと思って、裏を見たら私が描いた椿の花が
「私をわすれないで!」て感じで微笑んでました。
帯の裏地に絵を描いたりすることは、物を増やさない・経済性・そして癒やしが・・・。
それなりに幸せでしたが、今は忙しく筆を持つことが減りつつあります。

帯で季節感を出すのが好きで、それも先取りで、粋人に憧れてましたが、 
だんだんアバウトになってきてます。
「いけない!」
命果てる日まで 日本の女・美しいきもの人でいなくては・・・。  

ふぅふぅ  大分違う文章になってしまいました。
投稿してから何か消化不良でしたの。
書き直す運命だったんですね。
アホな私をまた公開してしまいました。
これに懲りず、これからも衣香をよろしくお願い申し上げます!

by kimonokinuka | 2010-02-19 17:28 | 衣香の手仕事

一枚の絵から

f0205317_003673.jpg

居間の壁にかけてある絵です。
この絵をみていると、とてもいやされ、懐かしく、見惚れることがしばしば・・・。
ベルギーの“水の都”ブルージュが描かれてます。
前世があったならば、この風景の中で生きていたと思えるくらい好きな絵!

画家・作家・音楽家などは、人の心に感動を残せるすばらしいお仕事ですよね。
形のあるものはあの世には持っていけないけれど、
感動は持っていけるらしいです。
すてきな思い出をたくさん作りをしましょう!!!

好きな音楽を流し、
ブルージュを眺め、
好きな紅茶(マルコポーロ)をいただいく
こんな静かなひとときを大切にしています!

by kimonokinuka | 2010-02-16 23:59 | 小さな美術館

f0205317_23341861.jpg

95歳の叔母から“黒の紋付羽織”をもらいました。
70数年前のお嫁入り道具、叔母の人生を知っている羽織です。
大家族に嫁ぎ苦労も多かったようですが、いつも叔父の支えがあったそうで・・・。
叔母は今でも叔父に感謝し、生まれ変わっても一緒になると言っていますよ。
明治生まれの叔父でしたが、堂々と叔母のことを愛おしいと晩年まで言ってました。
温かい空気を感じられる夫婦でした!

“黒の紋付羽織”は優れ物です。
通夜・法事のときに、色無地のきものの上に羽織ると寒さよけにもなりますし、
きものと帯だけより目立たないような気がします。
叔母からの羽織は状態も良く、寿命の長さに驚きました!

羽織を眺めながら
女として愛されてなんぼの人生!
そんなことを・・・。

by kimonokinuka | 2010-02-15 22:43

f0205317_1621276.jpg

女性ばかりにきものをお薦めしていましたが、男性も絶対にお似合いになられますよ。
人生経験がさりげなく漂い、自然体の着物姿はとても素敵です。
ご自分らしい表情のあるきこなしをみつけてみませんか?

男性と女性の着付けの違いの大きなポイントは

    男性のきものはおはしょりがなく、対丈(寸法は背~裾までで頭の部分の寸法は
    入っていない。)で余分な長さがありません。
    女性のきものは大体身長と同寸で、着付けをしたとき頭の部分の寸法が余ります。
    これを腰紐を結んで、おはしょりとして処理していますが、男性のきものはおはしょ
    りがないので丈が調節できませんので、男性の場合は寸法が大事になってきます。
    
    男性の場合は長襦袢ときものも衿合わせはYシャツを着るように、後ろの衿を首に
    きちんと付けて着ます。きものを着終えたら、帯を巻く前にきものの腰紐の上辺りの
    位置の背縫いを少しつまみ上げておきます。立ったり、座ったりした時の、長襦袢と
    きものの衿のずれ防止になります。


男性のきものも楽しそう!!!
ワクワク!  ドキドキ!

by kimonokinuka | 2010-02-14 16:02 | 男のきもの

金妻にされたあたくし!

f0205317_22121223.jpg

金妻にされた頃のあたくしでございます。
「青春家族」ともうひとつ忘れなれないドラマがあります!
「金曜日の妻たち」・・・。

ご長男さまが小学校の頃、
声をつまらせて 「お母さん、お父さん以外に好きな人いるの?」と泣き出した!
(お子よ~ 何を申される???)
「どうして?」
思わず紅葉のような小さい手を握り締めた。
「だって お母さんきれいなお洋服を着てひとりでお出かけしちゃう、いつも一緒に連れてて
くれたのに。そしてお外を見て泣いている。」 !!!

そのことを学校で隣に座っている女の子に話したところ
「お母さんは好きな人がいる!」と言われ動揺したようです。
小学生でそんな想像するの?   (驚き!)
あたくしの父がスキル性の癌告知され、兄弟で時々東京で話し合いをしてました。
「金妻」と笑い転げる夫を睨みつけ、三者会談。
“お家騒動”も一件落着しました。

♪もしも願いが叶うなら♪ で始まる小林明子さんの「恋におちて」を
聞くと今でも胸が痛みます。
自分の気配りのなさから幼子の心を傷つけてしまったことが・・・。

「青春家族」のわさび田風景 ・  「恋におちて」のメロディー ・  「次郎物語」のモルダウ
美しさに感動したり  切なかったり  琴線に触れた思い出が蘇ります!
忘れていたその当時の心情も・・・。
時が解決してくれたこともたくさんありました。
良いこも悪いことも両方を経験して、少し成長できたような気がします。

今日も幸せな1日でした。
ただただ感謝です!

by kimonokinuka | 2010-02-12 22:12 | あったか空間

f0205317_21153753.jpg

NHKの「青春家族」という井沢満さんが書かれたドラマがありました。
青春人をやっていたあたくしには、共感できるところが多々あったような気がします。
おしゃれで素敵なドラマでした!
母娘(加藤治子さんといしだあゆみさん)の会話におろし生姜入り味噌汁のお話が登場!
冬は体が温まり!  夏はさっぱり!  大変美味しい味噌汁ですよ。
その当時盛んに皆さんにお薦めして喜ばれました。

最近またお薦めしたところ好評で、ブログでご紹介したい思ったのですが、
20年前のことで、ただでさえ斑ボケ状態のあたくし・・・。
自分の記憶に自信がありませんでした。
脚本家の井沢満さんはお仕事をとうして面識がございましたので、
図々しくお尋ねしところ快くお返事くださいました!!!

「青春家族」を執筆されてた頃、ワンちゃんたちをお世話くださったご近所の方が
味噌汁におろし生姜を入れておられたそうです。
井沢満さんも時々実践されて、それを書かれたそうです。
生姜をおろされる姿を想像すると微笑ましい・・・。
料理お上手かもしれませんね?
あたくしの記憶は間違っていなかったようです。

井沢満さんはNHK「君の名」・「みちしるべ」や「外科医 有森冴子」
その他多数の作品を手掛られ、たくさんの受賞をされた凄い方です!
きものにも造詣の深い方でお持ちのきものもすばらしくセンスの良いものばかりでした!
“きものサロン” ’09-’10冬号 (P155) に宮古上布をお召しになられてます。
“きもののファッションリーダー” になって頂きたいですね。
日曜日の「バンキシャ」にもきもので出演されていることがおありでした。
本当にきものがお好きなんでしょうね。
いつの間にか味噌汁からきものにリンクしてしまいました。
すばらしい和顔の持ち主で、心も広い方とお見受けしました!

先ほど美味しい生姜入りの味噌汁を頂いて 満足 ! 満足 !
井沢満さんに感謝!
「ありがとうございます。」


by kimonokinuka | 2010-02-09 21:15 | あったか空間