f0205317_1281085.jpg












ホームページの “衣香だより” に載せた記事です。
新しいカテゴリ 「衣香だより(H・P)」 に綴っておきますので、ご利用ください。
 
① こんなご質問をいただきました。

    Q: 日常の場面(シッピング ・食事・デートなど)に着る着物や
       着慣れるために家でも着物を着ていたいのですが、
       どんな着物が良いですか、お安く揃えたいのでが?   
       

    A: 小紋・紬・洗える着物・ウールの着物などを始めは用途で
       使い分けされたらどうでしょう。

       食事は汚れを気にされるとしんどいので、最初は洗える
       着物から入られたら気持ちが楽かもしれません。

       雨の日は洗える着物、ウールの着物も雨に強いです。

       ショッピング・デートには小紋ではんなりと!(すてき!)

       紬は体になじんで着やすく味があるおしゃれ着!
      
       家で練習用にお召しになられるのには、温かく、シワに
       なりにくいウールの着物が便利です。洗える着物も汚れを
       気にせずにお召しになれます。 割烹着をつけられると汚
       れ防止に、丈の長いものはレトロな感じがして素敵ですよ!

       夏はゆかたがお薦めです。

       新品を呉服屋さんで仕立てると値が張りますが、自分の
       体にあった着やすい着物になります。
       リサイクルの着物はサイズがあえばお買い得です。着方を
       工夫されれば良いと思います。“掘り出しもの”や“アンティーク
       なもの”が見つかるかもしれません!着物探しも楽しいもので
       すよ。

            着慣れたら、使い分けせずに
                ご自由に着物をお楽しみください。

                   お気軽に  きものめしませ!


ランキングにご協力感謝いたします。
これも、皆さまのお陰です!
クリックをお願いできれば・・・。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村                
by kimonokinuka | 2010-03-31 11:33 | 衣香だより

f0205317_10283365.jpg

桜の単純明快な形や色が好きです。
幹を隠し群がって咲いている優雅さ! 風に舞うはかない風情!
地面にも素敵な花びらの絵模様が!
桜の絢爛たる美しさは心を優しく、豊かにしてくれます。

若い頃に好んで着た小紋が桜柄で地味好きの私が、
なぜか多色使いのこのきものに惹きつけられてます。
美しいきものの世界に誘われ
時々箪笥から出してはうっとり!

きものは自分を変身させてくれる魔法のコスチューム!
とってもべぴん(死語ですか、美人のこと)になります!
きものをお召しになられて、
美しい桜のいる春を楽しみませんか?

さくら♪ 桜♪ サクラ♪


f0205317_21494972.jpg

私の好きな桜のきものです!







ランキングに参加しております。
クリックしていただけると幸いです!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
by kimonokinuka | 2010-03-29 10:28 | “きもの” 恋綴り

東京都庭園美術館へ

アール・デコの館へ行ってきました。
f0205317_10192231.jpg

f0205317_1505750.jpg

f0205317_0332891.jpg

f0205317_10115651.jpg

f0205317_0342344.jpg

f0205317_10541832.jpg

f0205317_0362270.jpg

f0205317_0374266.jpg

f0205317_0385580.jpg

f0205317_040985.jpg

f0205317_10501932.jpg

f0205317_10244258.jpg

f0205317_0435516.jpg

f0205317_0451866.jpg

f0205317_0464517.jpg
f0205317_0471736.jpg

f0205317_10224974.jpg

f0205317_1046481.jpg

f0205317_1174147.jpg

f0205317_1145329.jpg

f0205317_0533219.jpg

f0205317_0543739.jpg

f0205317_0552157.jpg

f0205317_0562459.jpg
f0205317_0572215.jpg

f0205317_154818.jpg

f0205317_113648.jpg

f0205317_10373134.jpg

f0205317_10413223.jpg

f0205317_10391334.jpg

f0205317_10424439.jpg


ルネ・ラリックのガラスレリーフ扉がすばらしくうっとり
照明器具にも心が奪われ夢中でシャッターを押しました。
広々としたお庭、 ピアノの音色が流れてきたり
本当に優雅な上流世界に、しばし身を置かせていただきました。
本物のすばらしさ、古き良きもの・・・。
是非、お出ましくださいませ。     (4/11まで)


ランキングに参加しております。
クリックしていただけると幸いです!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
by kimonokinuka | 2010-03-27 00:11 | 小さな美術館

f0205317_23424349.jpg

豚の角煮入り中華まんじゅう”を、染物の先生のお宅でいただきました。
甘くてトロットして不思議に油ぎってなく、
平凡な表現ですが、おもわず 「美味しい!」 と。

先生の入れてくださるお茶やお料理は、
いつも心がこもっていて、豊かな気持ちにしてくださいます。
美しい所作にもうっとり・・・。
60代半ばですが、外見も女優さんのように素敵!
日々丁寧に生活されて、皆の憧れの人です。

美しさ・美味しさの二重奏にあえて、幸せな1日でした!

by kimonokinuka | 2010-03-24 23:37 | あったか空間

“桜月夜” の帯!

f0205317_22143417.jpg

大分前に描いた桜の帯です!
バックが黄色で締めているうちに、月と想うようになりました。
与謝野晶子さんの
 「清水へ祇園をよこぎる桜月夜こよひ逢う人みなうつくしき」
そんな短歌を思いだして 私ひとり “桜月夜” の帯と呼んでます。

与謝野晶子さんの 「君死にたまふことなかれ」 も好きで
昔はすらすら暗唱していましたが、今はほとんど忘れてます。
鉄幹さんの 「われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子」
たまに思い出してくちずさむことも・・。

与謝野鉄幹・晶子ご夫婦が与謝野馨さんの祖父母なんて大きな驚き!
情熱的なおじいさま・おばあさまと冷静な馨さんとがつながりません。

願わくば桜の季節に散りたいというこだわりがなくなりました。
今年の桜は私の心にどのように映るのかしら?

by kimonokinuka | 2010-03-23 22:10 | “きもの” 恋綴り

f0205317_1733638.jpg










f0205317_1754446.jpg

きいろさんのお宅を訪れる道すがら、健気に咲いているクリスマスローズと遭遇!
声を掛けたくなるような可愛い佇まいで、ほっと幸せにさせてくれました。

きいろさんとその花のことが話題に・・・。
なんと5年前にきいろさんが植えられたクリスマスローズでした。
“お花の道” を作られるのが夢だそうです!
道端の愛らしいクリスマスローズやきいろさんちのお庭の草花に
目を楽しませて頂いてるのは、私だけではないと思います。

地域の活性化やご近所とのコミュケーションを真剣に考えられています。
私も高齢化が進んで行く社会の中で、
人との関わり方(人を思いやる心)や草花からのいやしなど
日常の小さな触れ合いを大切にしていきたいと思っています。

きいろさん  
あなたの見返りを期待せずに、
惜しみなく人に与える心、分け合う姿はすばらしいです!

あなたの足元にも及びませんが、
私なりに他を思いやる心を大きくしていければと・・。
いつも素敵な心をありがとう!  
         

by kimonokinuka | 2010-03-21 17:01 | あったか空間


f0205317_0114910.jpg
「朝起たら、隣に誰もいなんだー。寂しい!」
先日他界した従姉妹の連れ合い(80歳)がベソをかきました。
「おはよう」て言ってくれた人はもういない!
仲良し夫婦は片方がいなくなると、辛く寂しい思いをいっぱい味わうことに・・・。

知人にこんな方が。
ご主人様と結婚後しばらくして、ボタンのかけ違いが始まったそうです。
ご主人様との不和・仕事のストレスなどで難病を発症されました。
平行線のまま離婚もできず、笑顔もなくて本当にお辛そうな様子が忘れられません。
ご主人様が病気になり、ご自分では復讐の世界に入って行くのではと懸念を・・・。
リベンジはされなかったそうです!!!  (あーよかった。)
未亡人の今、健康になられたと明るい声でお話くださいました。

連れ合いとの別れで開放されケースです。
つくづく人生は悲喜交交と・・・。

従姉妹の連れ合いが孫娘に“料理の本”を買ってきてもらったそうです!
夜は眠れないそうですが、“自分でできることは自分でする。”と
従姉妹の立ち日から1ヶ月にもならないのに感心しました。
残された人は生きていかなくてはいけない・・・。

従姉妹は連れ合いのことをどんなにか心配しているだろうに。
喜んでいる顔が浮かんできます。
お彼岸にうれしい報告が!!!

by kimonokinuka | 2010-03-20 22:18 | あったか空間

f0205317_1202866.jpg

あなたの右手を
長襦袢やきものの衿合わせに差し込んでください。
スーッとは入れば右前!
鏡をみたりすると、逆になってしまうことがあります。
左前は死者の衿合わせ。
(葬儀は普通の逆さごとがされます!)

飛鳥時代までは左前。
719年元正天皇が「衣服令」を発令、
衿は右を先に合わせる「右衽着装法」が用いられ、
それ以来きものは右前。

わからなくなったら、
ご自分の右手を胸元に!

by kimonokinuka | 2010-03-18 20:40 | “きもの” 恋綴り

f0205317_9415244.jpg
東京都庭園美術館をきものでたずねてみませんか?
“アール・デコの館 ”  (旧朝香宮邸)
年に1度の建物公開です!!
建物の歴史と美しさをゆったりと堪能しましょう。
その前に銀座 “響” で和食のランチを・・・。

  ・ 入館料               800円
  ・ 食事代              1.100円前後
  ・ 締切日              3月24日(水)
  ・ 出発                A.M11時        
   
 ★当日10時までに着物をご持参の上、
  「ギャラリー創」にお集まりください。
   無料でお着付けいたします!
   詳細は 衣香  090-1654-7086 まで 

1910年代から30年代に、ヨーロッパから全世界を席巻したアール・デコ様式の装飾が
そのまま残されているそうです。室内噴水やパブリックスペースの華やかな内装が見所!
ガラス工芸家ルネ・ラリックの 花瓶・電気燭台・カーマスコットなどのデザインを堪能!
「ウィンターガーデン」はモダンな市松模様の大理石!
宮家の家族が使われていた「小食堂」も見られます!

華族さんのお屋敷     夢の世界でしょうね。
ワクワク!  ルンルン!  うれしいなぁー!
 
どなたでもご参加いただけます、お気軽にどうぞ!
お待ち申し上げております。
カメラをお忘れなく・・。



by kimonokinuka | 2010-03-16 22:39 | インフォメーション

f0205317_1049195.jpg

サブタイトルが 「まだ道の途中、ちょっと一休みして、さぁー」 とても癒やされます。 
「わたしのここから」 は内容も素朴で温かな雑誌!

編集人のお姉さまはそろばんの達人で、経理を仕切っていらしたそうですが、
パソコンの導入に付いて行けず、存在を否定されたような思いから自害を・・・。
その後編集人は 「休んでからスタートすればいいじゃない」というお気持ちを持たれ
「わたしのここから」 を創刊!

私がお世話になったパソコン教室 (JOIN)が、5年前にこの雑誌に紹介されました。
編集人は取材された方々に、 これからの 「夢」 を必ず伺っておられ、
今回、その夢はどうなっているのだろうか   追跡特集が組まれたのです!
その当時私は在籍しておりませんでしたが、私のことも記事にしてくださいました。
きものとパソコンへの思い、活用方法など・・・。

f0205317_1053201.jpg


この雑誌は数年前、朝日新聞の社説に載り、
有名人は出てこないけど同世代の同じ目線で、丁寧な記事作りされていることや、
消えて行く雑誌が多い中、きちんと発行を続けていることなどを賞賛されてました!

私の知り会いの女性(74歳)が第一線でお元気に活躍されています。
64歳から始められたお仕事のことをよく話してくださり、
私に大きな勇気を・・・。   (ありがとうございます‼)              
私も 私の色で 私らしく 生きて行きます!!!

「まだ、道の途中、ちょっと一休みして、さぁー」


by kimonokinuka | 2010-03-15 23:45 | あったか空間