<   2011年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

f0205317_15594386.jpg

今日も受講生のお話!
昨秋からきものに興味を持ち
暮れから自装をはじめ、 今春、受講生に・・・。

若い頃に、半年間の和裁経験があったそうですが
長じゅばん、単衣を次から次へと作製。
長じゅばんは、袖を無双にせず (生地を二枚重ねにしていない) に
仕立てているので、生地が余ってしまう・・・
三枚の長襦袢の端布を縫い合わせたそうです。 賢いですよね!!!

 ・内揚げ(余分な布を身丈に含めておくこと) の位置 写真緑色の点線より
  上部分は“小松ちりめん”
 ・内揚げより下の部分は、“丹後ちりめん”
 ・袖は、“アウトレットの中国素材”

和裁が出来れば、こんな楽しみ方もあります♪♪♪
美しい端布は、断捨離し難い・・・

冬眠きものだけでなく、端布にも、 ご注目を!!!
物を綺麗に使い切る、端布も本望かも・・・。

いろいろな感性を持つ受講生たちは
私の中に、新鮮さ、前向きさ、 を呼び起こしてくれ
たくさんの優しさも運んでくれる、大切な人たちである。
深謝しています ♪♪♪ 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加中!
「着付け」の所を、ポチッとお願い申し上げます!
ありがとうございました!

もう今日で長月とも、お別れですね・・・

           衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-30 16:49 | “きもの” 恋綴り

f0205317_713562.jpg

今年の夏、受講生たちは、「半幅帯結びが面白い」
いろいろな帯結びに挑戦、 楽しみました♪♪♪

今はじゅばん・きもの・名古屋帯・袋帯の勉強を
面白いのは、創意工夫してきものを楽しむ。。。
そんな気持が継続中 

写真(右)は上品な菊柄の名古屋帯
「裏が素敵!」   好奇心から受講生が
裏を出して締めたのが、左の写真です!

お太鼓部分が裏柄(縞) 胴帯部分が表柄(菊) 
手先は菊 そしてたれは裏柄なんですが
たれ先に少し菊柄が、おしゃれでしょう!!!
f0205317_7574579.jpg


同柄のきものや帯に、遭遇することは滅多にないでしょう???
私だけのきものと帯。。。

身近なきもの(リレーきもの・冬眠きもの・リサイクルきものなど)から
オンリーワンのおしゃれを、見つけていきませんか?
ご自分の感性で、私だけのおしゃれが誕生♪♪♪


   
この帯さんの 「歓喜の声」 が聞こえそう ♪♪♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

ブログにいらして下さって、ありがとうございます!

「着付け」 の所を、ポチッとお願い出来れば・・・
感謝を申し上げます♪♪♪
どうぞ、みなさま良い1日を。。。

               衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-29 08:33 | “きもの” 恋綴り

f0205317_8315232.jpg

きものをまとうつもりで、箪笥の引き出しに手を・・・
でも、やめた!
きもの好きの友人と久々に会う。
もう2年以上も、寝たきりのご主人様の世話を
気分転換をしてほしくて、ランチに誘った。

あけらかんと、
「きものたくさん買ってもらったの、好きなこともさせてもらったの
 だから、恩返しよ!」 と・・・
しっかり自分の足元をみつめ、今なにをすべきが判っている。

私も長い介護経験があり、介護にもいろいろな形があるが
大変さを少し判ってあげられそう???
友人の覚悟決めた生き方に、「いつからそんな強くなったの?」
心の中で問いかけた・・・。
なぐさめの言葉は、不要であった!!!

弱者(こんな言い方失礼かな、)になられたご主人様を
命がけで守ってる友、連れ合いだから当たり前?
でもね、こんなに爽やかに、介護している人は少ないと思う‼
f0205317_8574511.jpg


「きものに触れることあるの?」 と尋ねた
睡眠も満足取れない状況で、きものはお預けと
「きもの・着付けも捨てない。」  と うれしいこと。

きものは、待っていてくれる、あなたを 。。。


私は友人の着付けの感性が好きで、憧れている!
そしてきものがよく似合う
きものの達人が、友人のことを
「きものを着ると、女ぷりが上がる!」 と賞賛!!!

未だ糸賀文音は、頂戴できないお言葉・・・(涙)

私もこの頃思うことは

「遠い先に思いをはせず、今(今日)、一生懸生きよう」 


労わりあって生きることの素晴しさを知った。。。
お料理も、美味しかった。。。
何よりも友人がよろこんでくれた。。。  それがうれしかった♪♪♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


                着付けランキングに参加しております!
                上記の “ 着付け “ の所を、ポチッと
                よろしくお願い申し上げます。
                ありがとうございました♪♪♪

                        衣香(きぬか) 糸賀文音
   

by kimonokinuka | 2011-09-28 10:02 | あったか空間

f0205317_9255194.jpg

今朝目覚めた時、「すっかり秋色だね!」 そんな感覚が
今年は“秋単衣”の期間は短かそう・・・。

ふと浮かんできたのは、“羽織”

羽織は
まとう時期は 紅葉が色づく頃~桜が満開になる頃まで
寒い時期は、羽織の上に、ショールを掛けると
暖かさが増し、こころまでも温かなる!!!

お茶室以外は、室内で羽織っていてもOK。
普段着のきものに、羽織をのせる場合
帯は半幅帯を結ぶのも、気負わないおしゃれ!
厚みのない帯結びより、一文字結びのような
背中にふくらみが出る方が、 私は好き♪♪♪

私は母の黒紋付きの羽織を、着やすい自分サイズに直し
法事などでは、色無地のきものに羽織っています。
きものをまとう人が少なくなった昨今
帯付きでの着姿は目立つ、羽織で色彩のトーンが和らぎ
こころおきなくまとえる、そんな気がします !

写真のようなレトロな大胆な柄も、素敵!
逆に大胆な柄のきものに、無地の羽織!
きものと羽織が 柄×柄 も素敵!

そして、羽織紐も可愛くて素敵なものが多い。。。

防寒着だけでなく、おしゃれ着として一枚あったら
また違うご自分と、出会えるかも???
コーディネートあれこれ、時を忘れる・・・。

秋の夜長にきものと遊ぶ、こころ豊かな私になれそう ♪♪♪ 



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村



                応援・ポチッとありがとうございます!
                稚拙なブログにお立ち寄りくださり
                深謝申し上げます!!!
                  
                       衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-27 09:17 | “きもの” 恋綴り

f0205317_23233454.jpg

昨日友人に留袖のお着付けを・・・
“晴れの日”の装いですので、品格を重んじました。

衣紋  普段のきものより大きめに抜いた。
半衿  多めに出した。  
帯幅  普段より幅を広めに、お太鼓を大きく結んだ。
裾    草履に掛かる長さに。


なで肩できものが、よく似合います。
ご主人様が

「惚れ直した!!!」 と・・・

最上級に美しい 「花婿の母」に、私もうっとり ♪♪♪

f0205317_0315610.jpg


重たいきものだし、晴れ舞台だし、留袖はんの状態は???
そんな思いを抱いていたら 友人から電話が・・・

「ビシット決まって気持良い、苦しくなく
 トイレも3回ほど行ったけど、全く着くずれなし !」

ちょっと褒めすぎ・・・  
私なりの反省点を踏まえて、精進! 精進!

完璧な着付けは、難しいことですが


常に喜ばれるお着付けが出来るように、精進! 精進! 精進!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
                 応援・ポチッとありがとうございます!
                 1週間前の暑さは、いずこへ???
                 体調に、ご注意くださいませ!

                       衣香(きぬか)  糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-26 01:41 | “きもの” 恋綴り

f0205317_834950.jpg
私の宝物 それはさらしなの、  なぜって

 ・さらし補整が好き!
 ・さらしの肌じゅばん(笹島先生考案)が好き!

横浜・藤が丘教室で、肌じゅばん作りをしました。

肌じゅばんは背縫いがないものが多いですが
笹島式は背縫いがあり、着やすいです!
また丈が短く、腰の動きの妨げにならず
腰に肌じゅばんの裾線も出ずに、 優れ物!!!


受講生がお着付けをホテルにお願いした時
担当の方に、「これは良い肌じゅばんですね。」
と褒めらたそうです。
かなり経験豊富な着付け師さんと思われます!!!

さらしが約2・2mあれば出来き。衣紋から
肌じゅばんが見えず、スッキリした着付けになります !!!

追伸、  今朝、友人の留袖のお着付けをしてきました。
      友人は佳き日のために、笹島式の肌じゅばんを作り
      「これはいいわ ♪」 とまたひとり崇拝者が・・・

f0205317_7593299.jpg


f0205317_812543.jpg

井沢先生から自筆署名入りの 「ゆきの、おと~花嫁の父」の
ご本を拝受いたしました。   た・か・ら・も・の・  が増えた♪♪♪ 

人物ひとりひとりが、本当に魅力的に書かれています。
私は主人公・里志さんの父親 紘一郎さんの大ファンで
言葉の端々に含蓄があり、人生の達人に思えます!

桜や雪の語りが
それは、それは、温かく心地よい調べ ♪♪♪

えもいわれぬいやしの文章の中に、少しだけお手伝いさせて頂いた着物たちがいる
そんな 「ゆきの、おと~花嫁の父~」 と、優れ物のさらしに
   いつまでも恋しているだろうなあー、  わたし。。。

日々の生活の中で、ささやかな幸せを見つけていく

「自分の大切な人!」 「自分の大切なもの!」

そんな気づきを、運んで来てくれたご本です!!! 



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


               応援・ポチッとありがとうございます!
               連休も終わりですね。
               お疲れに、ご注意くださいませ!

                     衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-25 08:59 | 井沢満先生の作品

f0205317_2140469.jpg

私は小さい花が集まった “こでまり“ のような花が好き!
そして“藤袴(ふじばかま)”も好きな花のひとつ・・・。
写真右がつぼみ、左が満開状態!
秋の七草です。

“藤袴”の名前の由来は
   花の色が藤色で、花弁が袴(はかま)に似ていることから。

香りが良いことから、「香草」の別名があるそうです。

f0205317_2264781.jpg


藤色の袴にお似合いのきものは、どんな色???
今時女性が袴を身に付けるのは、卒業式くらいかしら?
以前知人がこんなことを・・・

お嬢さまが、デートやシッピングに、袴でお出ましと
おしやれな感覚をお持ちと思いました。
昔の女学生は、矢絣のきものに、袴を
日常生活に袴ありて感じでしたね。

知人のお嬢さまのように、垣根を作らず
お召しになりたいものを、自由に楽しむのも、素敵!!!

卒業式などの晴れの日だけでなく
日常生活に、袴を楽しまれては・・・。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
                応援・ポチッとありがとうございます!
                だんだん夜が長くなってきますね。

                   衣香(きぬか)  糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-24 05:13 | “きもの” 恋綴り

f0205317_10462959.jpg

笹島先生は、着付けの際、襷(たすき)がけをされます。
袂(たもと)が、落ちずに仕事がしやすいです。
よくお似合いでしょう!

襷がけ   

   ・一般的なのが、背中で斜め十文字に交差させて掛ける方法で
       ご自分で出来ます!
  
   ・お祭りなどで、背中に飾りがほしい時に結ぶ 「花結び」が
       ご自分では出来ませんので、どなたかに・・



子供の頃、家族がよく襷をして家事を
大人たちの真似をして、洋服の上に襷がけを
それがうれしくて、家中を駆けずり回った記憶があります。

祖母が祖父のきものを仕立て直し、貝ノ口・前掛け・襷をしていました。
私も実家の冬眠男物きものを、仕立て直し愛用!!!
私の地味好きは祖母が、原点かも ???

先日、日本画家で、元友禅作家だった吉泉さんが
「男物の生地のきものを着る人は、おしゃれ!」と 、感性が同じで感激 ♪♪♪

こんなことも、男性が女物の小紋の上に、男物のきものを
重ねてまとう・・・
寒い京都ならではの、知恵かもしれませんが、面白い!!!


井沢満さんのご著書 「ゆきの、おと ~花嫁の父~」の中に
こんなくだりが
女将さんが、嫁になる美音さんに、半幅帯の結び方の次は
襷のかけ方を教えねば・・・

拝読後、襷がけの復習をしていた、あたくしが・・・。

きもので炊事などする場合には、襷は必須アイテムかも
紐の色でも雰囲気が変わる、 赤、紫、若草色・・・



きものは小物の色までが、心憎い役者 !!!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

                      応援・ポチッとありがとうございます!
                      稚拙なブログを最後までお読みくださり
                      感謝申し上げます!
                      良い連休を ♪♪♪

                             衣香(きぬか)  糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-23 12:35 | “きもの” 恋綴り

f0205317_18551790.jpg

彼岸花(ひがんばな)、別名 満珠沙華(まんじゅしゃげ)
子供の頃、なぜか嫌いでしたが
今はシャープで凛とした美しさに惹かれます!

f0205317_195145100.jpg


先日テレビに、93歳の日本画家・堀文子さんがご出演。
そこにはチャレンジ精神で、新作に挑むお姿がありました!

   「 群れない! 慣れない! 頼らない! 」

という生き方に、 大きな感銘を!!!

ふとその芯の強さ、美しさに、彼岸花が重なりました・・・。

90代の自分を想像できないのですが
元気であれば、きものをまとい
着付けを教えているのかしら???
おばあちゃんになっても、口角あわを飛ばし
“きもの談義”をしているあたくし。。。
ありかもしれない!!!

きものと一緒に、老いていけたら、幸せ ♪♪♪ 



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
              応援・ポチッとありがとうございます!
              明日は墓参に、彼岸花に会えるかも???

                          衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-22 20:04 | 季節のかおり

f0205317_16582847.jpg

受講生が 「このきもので夏の締めくくり」 と
“秋の七草”が、紫の竪絽(たてろ)の上に、置かれたきものでお稽古を。

刺繍が施された紫のきものが美しかった。。。
そしてきものを、まとっていく姿も、美しかった。。。

また、おバカなあたくしが登場
写真を撮るなら、七草を撮ればよいのに

・桔梗(ききょう) ・撫子(なでしこ) ・尾花(おばな/すすきのこと) 
・女郎花(おみなえし) ・萩(はぎ) と五草のみ

藤袴(ふじばかま)・葛(くず)を撮り忘れて  (涙)&(笑)

季節の花や風物詩は、先取りが、「粋」て言われます。
夏きものに、涼を呼ぶ「秋の七草」で遊ぶ
昔の日本人の感性、奥が深く、面白いですね ♪♪♪

f0205317_17493763.jpg

ー秋来ぬと目にはさやかに見えねども
     風の音にぞおどろかれぬるー

暑くていつまでも夏気分で・・・
台風の音と涼しさに、急に「秋気」を感じている
風情のない、あたくしが、 -すみませんー



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
             応援・ポチッとありがとうございまます!
             「台風さん」、早く静かにお帰りください・・・
             そんな気持です!

                      衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-09-21 18:35 | “きもの” 恋綴り