<   2013年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧


夏の果てと言うには、きびしい残暑!
f0205317_13201241.jpg

にわかに、衣香では
着物姿が格段に美しくなった受講生が、多くなり
大きなよろこびを享受している私です。。。

初めは着付けのプロセスを覚えるだけで、精一杯!
繰り返し、繰り返し、努力の積み重ねで、自信がつき
継続の大切さに、気づいた受講生たちです (^^♪

美しい着姿、そして、笑顔が重なった光景は、
「先生冥利」に尽きます (^^♪

f0205317_10393537.jpg

いつの間にか、長くなっている自分の髪に、驚きを!
お稽古の合間に、受講生が1・2分でまとめてくれた
髪型で、私には出せない優しい雰囲気に、深謝です (^^♪

この受講生は、綺麗な??を持っており、着姿やヘアにも
美しさや優しさが表れていて、見習いたいと存じます。

受講生の皆さん、

胸キューンのよろこび、そして、いやしを 「ありがとう!」



たくさんの感動を頂戴した、夏が終わろうとしています。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
葉月最後、健やかにお過ごしくださいませ。

            衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-08-31 11:31 | お稽古風景

命について特別な思いをはせてしまう葉月が
終わろうとしている。

f0205317_13365164.jpg


堀切辰一さんの「布のいのち」の中で、いつまでも
心から消えないお話がある!

今では想像も出来ない悲惨な生活苦の中で、「間引き」と
いう風習があった。生まれたばかりの嬰児を、養育できず
闇から闇に葬った・・・。そんな時代背景があった大正時代
4か月で流産をした、母の心情が語られています。

夏の農作業の途中で、流産をした!
体調が悪かったが、働かねば生活は成り立たない。
まとっているものは、短いはんてんと腰巻だけ・・・。

腰巻は外せず、腰巻に比べ高価なはんてんは使えない。
母親は苦渋の選択で、わが子を「里芋の葉」で幾重にも
丁寧に包み、藤かずらで結び手にさげた。
それは、それは、重かったそうです!
村の共同墓地に深く深く埋め、おひとりで弔った。


わずか4か月であったが、自分のお腹にいた子供!
涙があふれとまらなかった。日の目を見なかっただけで
なく、「里芋の葉」の衣に包んだことへの、自責の念が・・・。

このお母様は終生 「親は何ごとも子供本位でなければ親の
資格はない」と、ご自分を責められていたようです。

間引きがあった時代に、母親の子供に対する優しい思いを
重ね合わせ、可愛いわが子を間引きせねばならなかった母親
たちの苦しみや哀しみは、想像を絶します!!!


人道と生活苦との相克の果てに行われた処置・・・。
妻は夫の従属者であると、言われた時代のことであった。

「里芋の葉」の衣の赤ちゃんは、きっと満たされて
旅立ったような気がします。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
いつも最後まで、お読みくださり重ねて
感謝申し上げます(^^♪

        衣香(きぬか) 糸賀文音

  
by kimonokinuka | 2013-08-30 08:33 | あったか空間

「裾よけ」の続きです。。。

f0205317_10395145.jpg


裾よけの長さは、膝下20センチくらい!

裾よけが長いときは、力布(白いさらし部分)をたたん
巻き、紐はゆるめ結んでいます!

体に一番近い紐はきつく結ぶと、苦しさを感じることが
あります。腰紐は前をおへそ、またはおへその下を通り
後ろは腰高にしっかり結びますので、裾よけの紐はゆる
めにしています。腰紐は細腰の位置では締めていません。

裾よけは

上前の幅を決める。
      ↓
下前を左腰につける。
      ↓
上前を重ね合わせる。
      ↓
右脇の端をひとねじりする! (ポイント)


私も一度着心地の悪い、苦しい着付けがありました。
帰宅後、ひとつひとつ点検していったところ、原因は
裾よけの紐が、いつもよりきつく締まっておりました・・・。


下着の着方、「おろそかにすまじ」 と反省!!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
晩夏光の日差しには、哀感がありますね。。。

             衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-08-29 11:34 | “きもの” 恋綴り

「困ってしまう!」
裾よけが脚の間に入り込み、モタモタ状態!!
そんな、SOSが・・・。

f0205317_694111.jpg

ただでさえお暑いのに、脚にまとわりつく裾よけ
なんて、あかんどすえ!

裾よけが長いと、長じゅばんや着物の重みで
股間にはさまれて、モタモタ状態になることが
あります。

裾よけの長さは、膝下約20センチ!

ゆかた着付けで、長じゅばんをつけない場合は
裾よけは足首まであっても、大丈夫です。

軽やかに、さわやかに、闊歩なさってください (^^♪


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
朝晩は涼しく、一日こうあってほしいと
願います。。。

      衣香(きぬか)  糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-08-28 07:33 | “きもの” 恋綴り

神奈川県で活躍する専門家の顔写真が
8/15の朝日新聞に掲載されました。
「マイベストプロ神奈川」からの広告です。

私も着物着付け講師として、ご紹介して
頂いております。

f0205317_14225017.jpg


コラムを載せております!
http://mbp-kanagawa.com/kinuka/column/
どうぞ、お尋ねくださいませ。
「笹島式着付け教室 衣香のきものめしませ」
共々よろしくお願い申し上げます。

皆様の応援・ぽちっとにも重ねて感謝申し上げます!

                      
                      衣香  糸賀文音


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
by kimonokinuka | 2013-08-27 14:53 | インフォメーション

f0205317_7452360.jpg

家庭着としてゆかたを見て育ち、ゆかたのおしやれ着と
しての位置ずけに、出遅れていた・・・。

今年は猛暑や、突然の大雨などの、予期せぬ事態で
ゆかたとの、ご縁が増えた。。。
濡れても自分で洗えるし、半幅帯だし、履物も気張らなく
てもすむ。。。

まとい始めると、これが結構快適!
涼しいし、着付けは簡単、多種の帯結びで遊べる、

そんなこんなで、和のお稽古事にもゆかたで出席。。。
その後、美容院を予約をしており、着替える時間が
なく、ゆかたで参上!

ヘアカラーリング、エステなど、洗髪台やベッドに横に
なったり、心配だったのが衣紋どす。
衿芯は入れておらず、どんな無様になるのか???    
衣紋はくずれたが、瞬時で復活!!!

帯はぺったんこの、「横一文字」」で

何の不都合もなく、無事終了 (^^♪


美容師さんが、何度も

「ゆったり着ていて、それでいて着くずれしない!
 凄いし、素敵!!」

お世辞だと思うけれど、
この日の私、素直に美容師さんのお言葉を頂戴 (^^♪

来年は新しいゆかたを、作りまっせー。

その前に、秋単衣が、待っている。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
涼しさが、ありがたく、うれしいです!

        衣香(きぬか) 糸賀文音      
by kimonokinuka | 2013-08-27 08:00 | ゆかたを楽しむ

f0205317_910448.jpg

恋い焦がれた着物を、やっとのことで手に入れた!
自分の手仕事で稼いで買った着物を、親に借金が
あるという立場では、着物を買うなら借金返済をと
いう世間の目をはばかってか???

着物を仕立てるのも、人目を避け、縫い上げても
手を通すことも出来なかった・・・。 
そんな着物であるが
持っていると思うことだけで十分、嫁ぐ日までまとう
ことはなかった!

娯楽のない赤貧の時代には、着物への憧憬は大き
かったでしょう。 
遠くない昭和初期のお話です!

紡績工場の女工への出郷となっているが、実情は
娼婦に売られた、そんなうわさが流れたことも・・・。
貧乏が個人の責任というより、社会構造であった頃
のことである。

貧しかった方々が、どんなに「布」大事にしたか、今の
時代からは、想像を絶します!

「布のいのち」というご本をかかれた、堀切辰一さんは

『人々が貧しさにあえいでいた、ということよりも、その
心が極めて、健やかでうるおいがあったと、思えること
のほうが、私には大切に思えてならない』

「布」のある暮らしに、人の心があり。。。

本当に考えさせられた、ご本であった (^^♪


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
つたないブログへお越し頂き、重ねて
感謝申し上げます!

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-08-26 09:17 | “きもの” 恋綴り


f0205317_7144071.jpg

笹島先生の受講生が
男物の角帯で締めていた「お多福結び」が、
素敵で、心に残り、結びた~い (^^♪

それも、京都の誉田屋源兵衛さんの帯で
色も模様もおしゃれな帯でした。。。

早速、笹島先生に締め方を、教えて頂きましたが
それが、お電話でしたので、先生の帯結びが
あたくしの感性で、とんでもない形に変っている
可能性ありなんですが (笑)
 
角帯を二巻きし、幅が狭いので、前胴帯で一周目と
二周目をずらし、幅を広く見せています。

結城紬の薄物に、角帯の組み合わせです。

f0205317_727610.jpg

「お福太鼓」が好評! (上のお写真)
歳を重ねると、腰にタレがある帯結びが
好まれるようです。。。


半幅帯や角帯で、簡単に結べる「お福結び」や
「お多福結び」、今、衣香のお教室で、人気者!

ゆかたや紬に結んだら、一年中楽しめます (^^♪


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
もう少しで「夏の限り」でしょうかね?

      衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-08-25 07:55

笹島寿美先生の「骨格着付け」に、感服している私ですが
最近自分の骨格のゆがみが、気になっています・・・。
そんな折
「岩下志麻のきもの語り」 (ブックマン社)と出会った!

f0205317_920302.jpg

岩下さんの豪奢で美しい着物が、目を楽しませてくれます。
ご自分の着方の好みがはっきりされたのは、30代半ばで
着物によってどう着るか、着分け方がおわかりになられた
そうです。。。

岩下さんのヘア&メイクを担当されている方が

『岩下さんの美しさは、骨格の美しさに尽きます。
 そして、骨格だけでなく、人格も美しいです。』


鼻筋・額の形・頬骨・顎のラインなどが、完璧!!

多分、全身の骨格が完璧と、想像出来ます (^^♪


f0205317_9391989.jpg

古希を通過されても、息のむ美しさで、着物本のモデル
さんとしも、ご活躍されています。。。

岩下さんの憧れは、ご親戚筋の書家の篠田桃紅さんの
ざくっとした着方!! 
岩下さんは着物のシワがお嫌いの
ようですが、いつかは、篠田さんのような、ざくっとゆったり
着付けへ、想いをはせていらしゃるようです。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
着物をまとうことが多く、突然の大雨が
気になる日々です・・・。

       衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-08-24 10:37 | “きもの” 恋綴り

人の気持ち : 無常

信仰心はあまりないかな、と思っていた子供が
突然 「伊勢神宮」へ (私、驚く)

f0205317_7432191.jpg

「●福」をおねだり!
「母さん、いつから甘いものを食べるようになった?」 (お子、驚く)

そう、お子同様 私もあんこを見るのも気持ち悪い
時期があった。それが数年前から甘党に変身!

母も同類項でしたが
晩年は大の甘党に、私が見た最後の母は
「おまんじゅうとともに、去りぬ」 て感じ。。。 (笑)

数日後、母の祥月命日がやってくる。


母・私・子供、きっと同じ道を歩むんだろうなあー。


「●福」を頂きながら、人の好み、考えは変わっていくんだと。。。


鴨長明さんの「方丈記」のように

『常に同じものはこの世には無い』

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮ぶ うたかたは、かつ消えかつ結びて
久しくとゞまることなし。


こらから、どのように流れていくのかな、私!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます!
今日も楽しいお稽古があります。。。
行ってまいります!

      衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-08-23 08:20 | あったか空間