<   2014年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧


f0205317_2341461.jpg

銀座の笹島先生の所へ、花嫁さんの作り方の
お稽古へいってまいりました。


花嫁さんの衣装は美しい。。。
普段の着物と違う緊張感をいだきながらの、
お勉強!!


f0205317_22514033.jpg


左腰に小さく可愛く、横一文字に結んだ「抱え帯」

f0205317_23313894.jpg


花嫁さんの掛下振袖や、お色直しの振袖の帯の下側に
締める細帯で、江戸時代中期ごろから、長くなった
女性の着物の身丈を、外出時にたくし上げて、固定
させるために結んだ紐だそうです。


f0205317_225315.jpg


花婿さんの袴の着付けも、お勉強!
笹島先生の手(指)の使い方は、大変勉強になります。(*^_^*)


f0205317_233496.jpg



「花婿さん・花嫁さん」、しっかり復習します。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
もう4月ですね。。。
早いこと!!

      衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-31 23:58 | “きもの” 恋綴り

うれしい出張着付けのご依頼を承りました。

f0205317_22503622.jpg

ありがたいことに、三度目です。。。

初めは、新宿のホテル
次は、 目黒雅叙園
今回は、六本木のホテル
いずれも、お振袖のお着付けです。

三重紐を使った帯結びで
お任せとのことで、思案中!

f0205317_3575113.jpg

結婚式は椅子掛けが多いので
着くずれしにくい「お太鼓系」が
無難かしら?
帯結びを考えるのは、胸が躍ります!

数日前、パソコンでお名前が目にとまり

『どうなさっているかしら?』

瞬時、思いました。

その後、お着付け依頼のお電話が

ご縁を感じます。。。 (*^_^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
桜の開花時期の、薄桃色霞が好き!
友人も同じことを申していました。
年に一度の素敵な出会いです。。。

      衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-30 04:18 | あったか空間

好奇心が強い受講生が、おもしろがって
「麻の葉」の柄であそんでいた。。。

f0205317_14425162.jpg

「麻の葉」のデザインの違い、柄の大小、
帯揚げが効き色になっている。
「麻×麻」
頭の中にかすめた、「しっこさ」は
打ち消された。。。


基本を守った着付けはに、清潔感があり
綺麗な着姿になっている!

色選び、柄合わせなどを重ね、取捨選択、
「私流の着姿」 をさがしていく。。。

 『楽しいね!』



「心と体にやさしい着付け」が、基本にあることが

わたくしは大切に思います。 (*^_^*)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
明るい日差しに、ほっ ??

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-28 15:29 | お稽古風景


ある日のお稽古の際、事情があって、姿見数枚を
急勾配階段の3階から1階へ降ろすことになった。

f0205317_84329.jpg

機転の利く受講生が、着物をまとったまま、片肩に
姿見を乗せ、階段を軽やかにおりて行った。(驚)
怖々、私も受講生を見習って片肩に乗せて頑張った! 
想像よりずっとラクで、恐怖心はなく
受講生に感謝、そして、『脱帽!』
日々、幼児のように多くの学びを吸収しております。

f0205317_8582928.jpg

この受講生、激しい動きの後でも、着くずれはなかった!!
笹島先生の信念、

『骨格に沿って正しく着付ければどのような動きを
 した後でも布目は正しく戻ります。』

実証されました。。。

初めて名古屋帯に挑戦した日に、「過酷なお手伝い」を、
明るくこなし、微笑んでくれた優しさを忘れません!

その着姿(写真)のまま、初めての「外歩き」も体験。。。

本人の感想は、
『着くずれもなく、まとい終わった時には、左右の衿幅が
 均等ではなかったが、動いているうちにキチンと綺麗に
 おさまった!』

無事帰宅を果たしたそうです。
「腰紐1本の着付け」に益々傾倒していきそうな様子。。。

笹島先生の確かな技術をお伝えしている私の、大きな
励みになりました。(*^_^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
つたないグログへのお越し頂き、
ありがたく、うれしく存じます。
これからもよろしくお願い申し上げます。

       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-27 09:44 | お稽古風景

鎌倉にある「鏑木清方記念美術館」へ。。。
小町通りの喧騒はなく、見事なまでに静まりかえっていた。

f0205317_23142620.jpg


鏑木清方(かぶらぎきよかた)さんは、ご両親からの影響で
小さい頃からお芝居を好み、役者さんの所作や、衣装からは
色彩を学ばれたそうです。

凛として理知的なお顔立ちの、洗練された美しさの女性たちが
描かれていました。

f0205317_23144899.jpg


明治34年(1901)の作品で、「浅みどり」

着物には肩上げがされ、胸高な袴、私好みのお着付けである。。。

紅い衿が効き色で、全体を上品さがつつんでいる!!

今は袴というと、履物は草履やブーツですが、絵の中の少女は
リボンの付いた靴のようなもの、今の時代にもこんな履物も
素敵と感じますが。。。

洗練された、なんと趣味の良い世界なんだろうか!

f0205317_2347639.jpg


わたくしが好きな絵は、
・「襟おしろい」奥様のかりそめの姿を描かれているとか。。。
・「築地明石町」黒羽織の袖を胸元で合わせている美しい仕草。。。


日本画は「仕草美」が、満載である。(*^_^*)




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
桜便りが。。。
薄桃色の世界と、会えるのですね!

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-26 00:16 | 日本画から学ぶ

わたくしは、一応着付けの先生なんですが、
実態は、受講生からの学びの多いこと、
誰よりも、成長させて頂いているようです(笑)

f0205317_7195796.jpg

写真の受講生は、期間限定の北国移住へ
しばらくのお別れです。
『着物は着ますから』、とメールが届く。。。

可愛い帯を、銀座結びにして楽しんでいる!!
ペンギンと一緒に

『早く、帰っておいで!』


f0205317_7415566.jpg

大変おしやれで、着付けだけでなく、ヘア対しても
並々ならぬ努力で、「美髪」を見せてくれ、ちょと
した裏技などを、惜しみなく教えてくれる。。。

何より
その場の雰囲気を安定させてくれる、「いやし人」
そして、
「能ある鷹は爪を隠す」で、
謙虚さや透明感もまとっている。 (*^_^*)


心地よさの余韻を、思い出しては、

『淋し~い』

と、小さなお胸が、かすか な音を立てる・・・。 



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
今朝もお空が綺麗!
お洗濯日和ですね。

      衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-25 08:29 | お稽古風景

着物好きの叔母が、つくも(99)と9か月で、
もうすぐ100歳である。 少しぼかし霞がかかっ
ているが、テンポの速い会話も、OK !!
久々に楽しい話を。。。

f0205317_840511.jpg

叔母は大正生まれで、若い頃は着物が日常着で
気負いなく、まとっていたように思える。
何かにこだわりすぎず、考えすぎず、
単純に、

ー心と着物が自然に添っていた!-

もう十数年前に、たくさんの着物を身内にリレー
するために、真新しいたとう紙に行先の名前を
入れ整理をしていた。
着物好きのわたくしには、『特別のものをね。』と、
何が舞い込んでくるのであろうか。。。

f0205317_12411868.jpg


夫に従順にかしずき、あまり自分を主張せずに
「良妻賢母」の叔母だったが、今は女王様だと
笑い、 わがまま言っても、家族が受け入れて
くれて申し訳ないと、そして、感謝の気持ちも
失っていない!

帰り際、
わたくし、 『何か、ほしいものあるかしら?』

叔母は、  『全部、与えてもらっている。あそう、
        今度来る時は、この子(嫁)に何かをお願いね!』


つくものわたくしは、想像しがたいが、

『ありがとさん』を素直に言える人でありたい。

着物にも言っていたいなあ。


春のお彼岸に気付かせて頂いたことです。(*^_^*)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
お彼岸ももう終わり、秋のお彼岸には、
涼を求めているのでしょうか?

     、衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-24 10:24 | あったか空間

着物を愛であそばす!

春を感じさせてくれる着物や帯が、お教室に
登場しています。

f0205317_9263184.jpg

JAZZシンガー高村緑さんでもある、受講生は
数本の帯を持参してのお稽古です。
写真ははその中での組み合わせの、ひとつで、
お嬢様の袋帯で、厚みがあり締めずらい・・・。

着物をまとうだけでなく、徹底的に研究するけれど
「楽しむ」ことも、忘れてはいない。(*^_^*)


帯締めの色を検討中!

f0205317_9442042.jpg

お稽古の行き帰りに、まとってきたのは、
紬+名古屋帯 で、わたくしはこの帯の大ファン。。。
短い帯で美しく銀座結びを締めている。

地味な紬ですが、写真の背景の花柄が裾よけの模様!
そして、長じゅばんにも、花が、、、 桜ずくし!

パチッとした帯からは、元気がもらえそう。。。

この受講生に接して、感じることは、

 ーていねいに長じゅばん・きものを重ねていき、
    心をそっと解放し、
      着物を愛であそばしているー


本日も「親ばか先生」で申し訳ございません(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
家の近くで桜に会えるのも
そう遠くなさそう。。。

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-23 10:36 | お稽古風景

自分史はあまり振り返らないけれど、
着物などの歴史には興味があり、 ぶら~り
江戸時代に入り込んでしまった。。。

f0205317_7543943.jpg

                        
                    ☆お写真は瑠璃色Traditionから
                      お借りいたしました。

          
                         
江戸時代にもファッション誌のような本があって
美しくなりたい女性たちの、必須本だったのでしょうか?


ある化粧本には、
季節ごとの化粧法・お芝居をみにいく時
結婚初夜・妻としてのたしなみなど・・・
丁寧に化粧方法が描かれています。




化粧品の種類は、今より少ないのに、化粧方法が
たくさん考えだされていることに、江戸時代の
女性の「美」に対する飽くなき追求に、脱帽!!


いつの時代も女性の思いなのでしょうね。 (*^_^*)


ひとりごと。。。
(お化粧力て、凄いですものね!)



                     
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
綺麗な青空です。。。
心が弾みます!

      衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-22 08:49 | あったか空間


半幅帯を結ぶ時の、「帯板」のお話。。。

f0205317_9485915.jpg

袴着付けの際、脇から半幅帯の帯板が
お顔を出していることがある・・・。

半幅帯は、帯板を入れる位置が大事。
ゆかたなどで、前帯にひねりを入れる場合は
1周目に入れますでしょう。

帯の表情を綺麗に出したい時などは、2周目に
帯板を入れると、長い帯板だと、脇から見えて
しまうことがあり、帯板の長さには、ご注意!

また、帯板が厚すぎて、体に沿わない時は、
ボール紙を切ったものを、愛用しています。


わたくし自身は、呉服屋さんからのたとう紙の
底に入っているボール紙を、常時使っています。
必要な大きさに切って、「宝物」どす。



見えない位置で、大活躍の「帯板」は、


縁の下の力持ち!!  (*^_^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
by kimonokinuka | 2014-03-21 10:41 | “きもの” 恋綴り