<   2015年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

奇しくも3・11の地震を経験した仙台の友人と
地震のことを話したのは、昨日のことでした。
あの大きな地震の直後、私に

『東京へは着物にもんぺで行けないのかしら?』

大変心配をしてくれた。。。
実行はしませんでしたが、しばらく大きなバッグに
もんぺとスニーカーを忍ばせておりました。時間の
経過とともに、地震への恐怖が薄れて同行しなくな
ってしまった。


f0205317_0323530.jpg

                      ( モデル・秋谷ジェマさんのおみ足です。)

昨夜、小笠原に地震が起きた!
すぐに携帯が鳴り、

『大丈夫ですか?』

美しい顔になまりを持つ友人の声が、ありがたく、
うれしかった。。。。(´ー`)


ややこしい6月のコーディネートを、あれこれと、、、

半衿・帯揚げ・帯締めなどの小物は、季節感を統一
した方が、良いかもなど着物の世界にいました。


その矢先に揺れ、
現実の世界に、戻された・・・。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。
「麦秋至る」
第二四候/小満/末候/5月31日~6月4日
麦が実りのときを迎える。

       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-31 01:31 | あったか空間

着物と七十二候。。。

「七十二候」のある暮らしが好きで。。。
ぽちっとのあとに書かせて頂いております。
[七十二候」とは、古代中国で考案され二十四節気を
さらに約5日ずつの3つに分けた期間のことで、季節
を表す方式のひとつです。


f0205317_20495780.jpg


5月29日は、第23候/小満/次候「紅花栄う」


紅花はキク科の越年草で、花から紅色や黄色の
染料がとれます。

上の写真が私の紅花染めの袷の紬で、数多の方々
のご苦労があり、出来上がったものです。

今年は暑くてもっぱら単衣をまとい、袖を通しま
せんでした。温暖化で衣更えのお約束事も緩んで
います。私は日常の場面では、体感を重視して、
春単衣をたのしんでいます。(´ー`)


着物と「七十二候」は、私のお気に入り。。。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


応援・ぽちっとありがとうございます。
また、明日は暑くなるようです・・・。
気温差にご注意、ご自愛ください。

      
       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-29 22:31 | あったか空間

腰紐の偉力!

腰紐の偉力に傾倒しているせいか、腰紐を丁寧に
あつかっている姿に、出会うと
写真におさめたくなります。


f0205317_921881.jpg


腰紐が偉力を発動するのは、腰紐の位置!

腰紐は、前は腸骨、後ろは第四腰椎を通過させる!        

 腸骨は、骨盤の上にあり、仙骨の両側に扇状に広がる骨。
 第四腰椎は、脊椎(せきつい)の下部、腰の部分ある骨。

むずかしい感じがするけれど、後ろは
おへその裏側あたりを通過させると、自然に背筋が伸びて
気持ち良いですよ。。。

腰紐の気持ちの良い位置がみつかると
着物をまとうことへの、楽しみが増えます。


f0205317_924458.jpg


受講生のひとりは、
腰紐の結び方を指導しましたら、洋服の上から腰紐を締め
1日中これで、お仕事をしたそうです。
ちなみに、彼女は美しい農家の奥様、

激しい農作業をしても、腰紐はビクともせず、締めている
ことも、忘れた。。。

私の初対面感想は

『こんな綺麗な人が、畑仕事されているなんて!!』

大きな驚きを覚えた。(^。^)y-.。o○

その後、もうひとり
果物作りをしている妙齢で知的な奥様が、受講生に。。。

共通していることは、美しいこと、研究熱心であること
生き生きしていること、そして着物を愛でていること。


自然からの良いパワーたくさん頂いているのでしょうね。(´ー`))))



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


応援・ぽちっとありがとうございます。
「紅花栄う」
第23候/小満/次候/5月26日~30日
紅花が盛んに咲き誇ります。

       
       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-28 11:15 | お稽古風景

f0205317_21522710.jpg


♪そうね 誕生石ならルビーなの♪

誕生石はルビーではないが、小さなルビーの指環を
持っている。数年指にはめていない。

友人が弾んだ声で、『会いたい!』

理由も聞かず身支度して、なぜかルビーをはめた!
以前この指環を見て
『楽しいことが好きな指環!』
そんなことをおっしゃった方がいらした。

確かに、
よくはめていた頃コロコロよく笑っていた (´ー`)

個展に立ち寄り、作家さんと友人と3人で盛り上がった!
3時過ぎに遅めのランチへと。。。

静かな笑みを浮かべ語り始めた。
追い求め続けている夢が、手の届く位置に。。。

気負わず、淡々と、それでいて夢を捨てずに、
大きな花を咲かせようとしている!

昔のお嬢様は、今もお元気、尊敬するひとりである。

この指環は、楽しいことが、本当にお好きのよう。(^。^)y-.。o○


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援ぽちっとありがとうございます。
単衣の出番が多い皐月です。

衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-26 23:42 | あったか空間

港・横浜馬車道で、やまと絵師「吉本徹也先」の
講演会を開催いたしました。
たくさんの話題で盛り上がり、、、そのいくつかを
ご紹介させて頂きます。

立湧文

たちわきともいい、有職模様のひとつで、波型の
ラインが向き合い、ふくらんだ部分に菊・桐・雲
などがはいっているものもあります。
雲立湧・花立湧・波立湧などが。。。


f0205317_22581789.jpg


立湧とよろけ縞の違い

立湧は模様が規則正しく流れている。
よろけ縞は不規則に流れたりする。

よろけ縞は色気があり、好きな文様です。


f0205317_23232959.jpg


吉本先生です。
飛び入りで助産婦さんがご参加くださいました。
異性を感じさせない吉本先生も、お仲間にして
女性の体のお話なんぞ。してもうた。 (´゚д゚`)

助産婦さんが麻の葉ことを。。。

f0205317_003472.jpg


近頃は新生児に麻の葉の着物を着せることが
少ないそうですが、この助産婦さんは1日は
赤ちゃんに着せるそうです。
子供が強く育つように、アトピーにならない
ようにと願いをこめられて。。。

前(おなか)が二重で紐で結ぶ、体に良いかも。

文様からお蚕さんや小石丸のお話。。。
麻、絹、四方八方、お話が飛んだのですが、おもし
ろさに、吸い込まれていきました。

f0205317_014576.jpg


会場付近の景色、絵筆を持たれ楽しんでいらしゃる方々に
お会いしました。ゆったりとした時間が流れていました。


また、吉本先生のお話を聴きたいという参加者多く、
先生との再会を神様に、お願いいたしました。 (´ー`)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
3・11の地震を思い出し、怖くなり
ました。

       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-26 00:51 | イベント


f0205317_9563620.jpg


結婚式に、留袖で参列されたお母様と新婚のお嬢様。
お嬢様のたってのご希望で、留袖に。。。
実は成人式のお着付けで、着物嫌いになられたそうですが
その後、ラクな着付けを体験されて、袖を通されるように
なられました!


お母様はご自分でお召しになられ、お嬢様を私がお着付け
させて頂きました。
お母様のお言葉

『親娘の黒留姿もなかなか良いものです。』

お嬢様はお着付けの段階で、背筋がピーンとして気持ちが
良いと。。。心地良さをおっしゃってくださいました。
着物をまとうのは、まだ数回。
でも周りの方々からは、通のきこなしに見えたようです。

デザートビュッフェへは、飛~ぶように。。。。

軽やかで留袖をまとっているようではなかったと。

うれしそうに微笑まれたお母様が、印象的でした。。。



f0205317_9591358.jpg


花嫁さんのお着付けは、90代の方で、助手さんが80代の
方、おふたりともお元気で、大変お上手だったそうです。。。

稀でしょうが、こんな立派な着付け師さんがいらっしゃる
ことに、驚きと尊敬と、歳を重ねることへ夢を与えて頂き
ました。(^。^)y-.。o○


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
良い休日をおすごしくださいませ。

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-24 10:25 | あったか空間

着物のおしやれに、「季節さきどり」があります。
また、まとうことの期間の短さも、醍醐味のひとつ。

着物とともに、季節に敏感になっていく。。。


f0205317_21274422.jpg


図案化した紫陽花で染め帯、で描いた方の優しさが
伝わってきます。
紐や伊達締めを巻く姿に、心ひかれます。

模様からも季節が感じ取れる。。。



f0205317_21281428.jpg


博多の半幅帯での「お福結び」が新鮮!
すれ違った受講生が、お仲間としらずに、

『結んでみたい!』

笹島先生考案のこの帯結び、人気者です!

夏以外は小袋帯で結んでも、たのしい!
帯の種類でも、季節を知ることが出来る。。。


着物は心を豊かに遊ばせてくれる。(´ー`)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村



応援・ぽちっとありがとうございます。
つたないブログにお越しくださり
重ねて感謝申し上げます。

       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-22 23:34 | お稽古風景

パシフィコ横浜で開催中のコンベンションに参加された外国のお客様方に
「日本文化体験」のイベントが横浜髙島屋で、3日間ございました。

f0205317_20413583.jpg



 ・芸者さんとの撮影会
  ・着物をまとう
  ・茶道
  ・折り紙 など

ショッピングを楽しまれて方々も。。。

お写真は、日本橋葭町(よしちょう)の芸者衆です。


笹島式着付けメンバーが、新日屋さんからご依頼を受けて、外人さんの
お着付けを担当させて頂きました。


お客様のお好きな着物と半幅帯を選んで頂き、お着付けを。。。
一番手前の赤い着物は、人気者! (^。^)y-.。o○


f0205317_1133971.jpg





f0205317_1150262.jpg




茶道にも、挑戦!


f0205317_10402556.jpg





日本人のような着姿で、皆様のおよろこびが伝わってきます。。。


f0205317_10421068.jpg




おどろくなかれ、ほとんどのお客様が洋服の上からの、お着付け!
補整もしておりません。(´ー`))))


f0205317_1165912.jpg



片言の英語でお着付けを、むずかしいご質問には、通訳が対応して
くれました。


美しい着物に、目を輝かしいらしゃる女性たち、「女心」は
万国共通のようです。多くの人々に愛される着物、特に日本の
次世代の方々にも、愛されてほしい。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
第21候/立夏/末候/5月25日~20日
「竹笋生ず」
この頃「竹の子」は関東以北では最盛期。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-20 12:49 | イベント

だきしめられちゃった!

『生きている?』

3日ばかりブログの更新をしませんでした。
お心にかけて頂いて、感謝の極み。。。

『元気です。』


f0205317_1195396.jpg


こんなうれしいことがありました。
外人さんのお着付けの際、2回のハグに遭遇
生涯心に残ると思います。。

お着付けが終わった後、両手で私を引き寄せて
大きな体と笑顔で、私を優しく抱きしめて下さった。 (´ー`)
何を意味するか、にぶい私にもすぐ理解が。。。

もうひとりとは、陽気なハグで、心が弾んだ!


つい最近友人から

『着物が天職!』と、言われた時

『着物をやるために生まれてきた!』

笹島先生の言葉を思い出していました。


温かいハグと天職という言葉が重なり、

私の心のなかの声が。。。


『もっと精進せよ!』


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
単衣を楽しんでおります。。。

      衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-18 02:28 | イベント

留袖と喪服の着付け!


留袖と喪服の着付けについてご質問がありました。

喜びと悲しみ、相反する着付けですね!

f0205317_0252963.jpg


黒留袖は、品格を重んじ華やかなミセスの第一礼装。
衣紋も大きめに抜き、半衿も多めに広く出す。
帯は二重太鼓で格調高く、裾も長めに優雅にまとう!

喪服は、悲しみの気持ちを表し、衣紋や衿元は詰め気味
お太鼓も控えめに結び、裾は短めに優雅さを出さない!
帯締めの房は左右共に下に向けてはさむ。

帯締めの房の向きで、悲しみを表すなんて、繊細で優しい。


着物を通して日本文化の素晴らしさ、心を知る。(^。^)y-.。o○


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
つたないブログをお尋ねくださり
感謝申し上げます。。。

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-05-14 01:42 | “きもの” 恋綴り