<   2016年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

へとへとでござる。(#^.^#)
投稿に2回の失敗、3度目の正直になりますように。
(お目汚しの、愚痴をお許しくださいませ。)

月刊アレコレ 笹島寿美の「心地よくも切れのいい 
きもの学」⑧の続きです。


f0205317_2357051.jpg


きもの姿は、360度、どの角度からでも美しさや表情
がよみとれる。

 長く引いたお引きずりのきものの裾が、腰の構えに
 よってできるひだの流れに 女の情念を想う!

 長い裾を端折り上げた足元からは、女の律義さを感
 じる!


笹島先生の洞察力の凄さ。( ̄ー ̄)



私(糸賀)にとって、きものがもたらしてくれるものは大きく、

魅力的。。。


でも「棚から牡丹餅」、ないことをこころします。(~_~;)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
3度目の正直でお届けできました!

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-31 01:08 | インフォメーション



月刊アレコレ vol125からです。
笹島寿美の
「心地よく切れのいい きもの学」

歌舞にみる喜怒哀楽の所作事は
すその捌き(さばき)と袂(たもと)にありぬ



f0205317_7541652.jpg



歌舞伎や舞踊の世界には、現代女性には忘れられた仕草、
退化した所作がたくさんあります。

歌舞伎の所作は、心の内の無形を、意味ありの有形に。。。

  お姫様       未婚女性の手、指は袖口からは見えないが白い指先を
            少しだけのぞかせて、お辞儀をする。

  高齢の年増     袖口から手首が見える。

  袂の長さ

  手を当てる胸の位置


心思いや心配、迷いなどの気持ちが伺い知れる!


「角ばった体を柔軟な容姿に変えてしまう歌舞伎ときものの相乗効果に、日本文化の 
 濃さを感じないではいられません。」
 
私は舞台を見ながら
 
「もし、きものでなかったらこの舞踊劇は完成されただろうか、この所作は表現され
 ただろうか」

などと思うと、きもの以外の衣装では想像するだけで興覚めてしまいます。が、その
一方で眼前の舞台の光景に日本文化の芸術度の高さを認識します。



笹島先生の思いが綴られています!

詳細は、アレコレをご覧くださいませ。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
今日もお立ち寄りくださり、重ねて
感謝申し上げます。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-29 14:16 | インフォメーション

帯はんたちの微笑み!


お稽古風景から。。。

個性的な帯が集まりました。( ◠‿◠ )



f0205317_8341396.jpg


左から、
 ・繭玉の模様(箔の名古屋帯)
 ・個性的な刺繍帯(お母様からのリレー帯)
 ・津軽のこぎん刺し
 ・沖縄の花織
 

帯さんにはそれぞれに思いがあり、大切なものでしょう!


着付けは、くり返しの努力が大切。。。

帯は、

   胴に巻くときは、帯の上を持つ 
  
   帯を締めるときは、帯の下を持つ                        


『お試しあれ』


一生懸命締めてもらった帯たちは、うれしそう。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
元気でたのしい1日でありますように。。。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-28 09:02 | お稽古風景

帯結び:アレンジ


以前「簡単な結び」としてご紹介しました帯結びの、
アレンジをしてみました。写真右側が基本形です。


f0205317_114090.jpg


一か所だけ違うヒダ折にしただけですが、
別の結びのように、見えます。
背縫いより、右側に結んでおります。


アレンジがきく帯結びは、頼もしい。。。

時を忘れさせてくれる。( ◠‿◠ )



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
お寒いですので、お風邪など召さぬように。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-27 01:38 | “きもの” 恋綴り

うれしさで、脱力だす!


ある時、私の心に重い言葉を残し、消えた知人がいた!
老婆心の強い私は、無力さをわかりつつ、力になってあげ
たかったが、手立てを見つけることが出来ませんでした。
「一か罰か」、女賭博師のような気持ちになったことも、

もろ肌を脱ぎ、刺青を・・・(カッコいいけど、ありえまへん。)

揺れ動く心をみつめながら、静観を決めた!!



f0205317_11413895.jpg


数年が流れた。

新年早々結婚やら解散騒動でマスコミは大賑わい、激動の1年の幕開け??
そんなことを思っていた、矢先に

前出の知人が、清々しく現れた!!

うれしさより、安堵で、背骨が下がった。(笑)

お互い多くは語りませんでしたが、

『ほうっておいてくれて、ありがたかった。。。』

安堵の2乗!
もう1回背骨が下がっただす! (笑笑)


そんなこんなで、
自分の気持ちを調節するコツ、そして「待つわ」も知った!


横顔を見ながら、こんな日がくるなんて。。。


糸賀文音在住の老婆心婆さんに、即,退陣命令を渡さねば、

素直にうけとるかなー。  (੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
散歩の途中に出会った「紅梅」,空に向か
い、気持ち良さそうに伸びていました。

f0205317_1152193.jpg


衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-25 12:05 | あったか空間


東京のイイノホールで開催されました名作の舞台裏「外科医 有森冴子」の
公開セミナーへ、行って参りました。
ゲストは、
     ・三田佳子  有森冴子役
     ・井沢 満  脚本
     ・石橋 冠  演出
     ・川原康彦  制作    
     ・渡辺紘史  当日の司会 (敬称略)

初回放映されたドラマを鑑賞後、ディスカッションが。。。



f0205317_22151295.jpg



自立した女医有森冴子は、ガン患者の別れた夫の手術をするこになった。
前夫の新しい妻(泉ピン子)とのやりとりに、賛辞の声が。( ◠‿◠ )

夫をラクにしてあげようと、安楽死を懇願する妻に、有森冴子は、

『あなたがラクになりたいんじゃないの?』


核心に迫るセリフを、書かれる井沢先生の見識の高さに、いつも驚きを。。。
「4万人の飢餓」や「核」など、先見の目のあるセリフも好評でした。


井沢先生と三田さんとは、暗黙の了解と言うか、深い絆を感じました!

オートバイに乗る女医さんはかっこいい。(ご自分で運転されていた!)
おもしろかったのは、オートバイよりラッタッタの方が似合うと言われた
と苦笑されていた三田さん。お吸いにならないタバコをすったり、聴診器
の扱い方など、お医者さんたちをしっかり観察、

執刀中の有森冴子のメガネ(ゴーグル)に血が飛んだり!
メガネが落ちないように、絆創膏を眉間の上で十字止め!


現場の医師たちを参考に工夫されたようです。


脚本家、演じられる方々、裏方の方々、他、あまたの方々のご努力で作られる
ドラマを、関係者の皆さまは、作品がどんなにか愛おしいか!

26年後の今、拝見しても新鮮ですばらしいのです!

見る側も時を経て、新しい感動が生まれたり、また思いが変わったり、


長いこと、人の心に生き続けるなんて、すごいこと!!!


人間として大事なものを、教えてくださる「井沢先生の世界」に
計り知れないものを感じているのは、私ひとりではないのでは。。。


末筆で申し訳ございません。
井沢先生は、紫系のきもの&羽織をお召しで、よくお似合いで、
着付けもお上手でした!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
雪が悪さをしないこと祈ります。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-24 00:43 | イベント

お稽古風景から。。。

寒い日々にほっこりする椿、竹久夢二さんの雰囲気をもつ
半幅帯のご登場です。


f0205317_16242255.jpg


受講生が挑戦した結びで、ゆかたでもおしゃれ着でも締めら
れます。。。
この結びは特に愛おしく、お気に入り仲間になった。( ◠‿◠ )
(受講生談)




f0205317_1625178.jpg


きものはウール、着付けのお稽古を始めた数年前
大枚(?)「600円」でゲット!
帯締めは家で冬眠していたようです。
ぜひ、冬眠アイテムの再チックを。(´-`).。oO

受講生たちは、それぞれのきもの道を闊歩しています。


そう、素敵な「自分色」で。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
よい週末をお過ごしくださいませ。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-22 17:38 | お稽古風景


お稽古などで、耳にする会話から。。。


きものに興味がなかった頃より、自分がきものをまとうようになり

 母親との会話が弾むようなった! 
 食事や美術館へ一緒に!
 連れ合いもきものまをとうようになり、歌舞伎や文楽鑑賞へ!

もっと凄いのは、
 着姿を周りに褒められ、人生が変わった!


f0205317_883289.jpg


連れ合いが、

『きものを着たい!』

そんなつぶやきも、聞いたことありだす。


きものをまとうことで、家族との会話がふえたり、きものをゆず
られたり、予想だにしない幸せが。。。

新しいきものを揃えるのは、お金がかかるかもしれませんが、
リーズナブルなリサイクル品、化繊のもの、リレー着物なども、

『あなどれない!!』

高そうで手が出せない、けれど、まといたい。。。
そんな思いを「きもの」へお持ちの方は、あきらめずに
糸口を、み・つ・け・て・く・だ・さ・い。( ◠‿◠ )  

奥様ときものを共有の男性あり,母娘共有もあり。。。


基本のまとい方ではなく、じゅばん代わりに、シャツ・Tシャツ
タートルネックのセーター、などのコーディネートも、おもしろい!


移ろいゆく季節の中で「時々きもの生活」、人生の素敵な一場面かも。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
つたないブログへのお尋ねに、重ねて
感謝申し上げます。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-21 09:03 | “きもの” 恋綴り



バレの日のきものには、四季の花がたくさん咲き誇り、
色彩も華やかで、周りまでもうれしくしてくれる。。。
ケの日(普通の日)は、季節がある模様や、または季
節がないものなどを、自由に選択出来まとえる。。。


f0205317_16231384.jpg


きものの登場する場面が減った昨今、ハレの日だけでなく、
ケの日のきものも、注目をあびる。。。

日本には「眺め文化」というものが、ありそう。。。

   ・桜・梅・その他の花
   ・紅葉
   ・月・雪
   ・花火・イルミネーション
      ・
      ・
そして、きもの。。。

勝手に「眺め文化」と表させて頂きました。

時には、酒盛りとセットだったり、

目にたのしく、心も弾~みますね。。(^。^)y-.。o○



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
お寒いです。お風邪など召さぬように。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-20 16:14 | “きもの” 恋綴り



凛と格調高い「ふくら雀」をながめながら、アレンジを
考えていました。
羽根の数を増やす? 帯枕の上の位置に何かを?
思いめぐらしているうちに、こんな結びをしてほしいと
数年前お若いお嬢さんからの、リクエストがありました。
写真(左)のような帯結びが、脳裏から蘇った。(^-^)



f0205317_1145064.jpg


基本の「ふくら雀」はタレの裾線は真横ですが、帯の右角を背中心
におき V に。。。

「ふくら雀」をはじめお太鼓系の帯結びは、くずれにくくて椅子掛
けの場面、たとえば成人式などには、出番が多いと思います。

  ・きもので体を包む。
  ・帯を締める。
  ・ぬいて、たたむ。

f0205317_13111116.jpg

これだけのことから、私はいろいろな教えを頂戴しています。
感謝しつつ、
今日もきもの道を、牛歩だす。(´-`).。oO




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
皆さまの応援が励みに、心より感謝を
申し上げます。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2016-01-19 12:00 | “きもの” 恋綴り