<   2017年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

賢くひと休み!



おはようございます。
笹島式着付け教室 衣香 のお稽古風景。。。


カタコト見えない音をかかえながら、お稽古に
お出ましの受講生が、多いこと。

親の介護に忙しい!


f0205317_07062726.jpg



時間の経過に伴い、着付けに、のめり込んでいく!




f0205317_07085220.jpg



私もたどってきた道ですが、介護の形も様々・・・。


ゴールの見えないものへは、平常心を失いがち・・・





f0205317_07150323.jpg




でも、好きなことが出来る時間が持てることは、
小さな幸せかも。。。





f0205317_07180131.jpg




鎌倉教室の壁にたたずむ絵画に、いやされ!




f0205317_07192983.jpg



そして、お庭の紫陽花も、いやし組。。。




ちょっと重たい現実から離れ、賢くひと休み、

大切なことと思います。



姿見の中の「べっぴんきもの人」は、和顔。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

今日は、雨傘と一緒にお出かけ!

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-30 07:38 | お稽古風景





きもの好き人との、お茶飲み場面での会話。。。
必要迫られ「断捨離」中、業者に依頼したが
断捨離には忍びないものもあり、未だ胸が痛
んでいる様子でした・・・




f0205317_08081906.jpg




サイズの小さいのきものが、多々あったとか・・・
肉親の思い出きものは、辛い!


自分に置きかえると、
裄が長く、抱き幅が狭いきものが、ベスト!
リレーきものは、ほとんどが修整が必要です。
申し訳ないのですが、本当に心が動くきもののみ
頂戴して、お直しをしてまとっております。



ふたりの語り人の共通点は、

時間があれば、サイズの合わないきものの再生!
洋服・タペストリー・袋物・日傘・コースター
など、一味違う生活の色合いも、捨てがたい!


私、10年前の計画では、もう断捨離済み(爆笑)


予定ではなく、本腰で実行議案にせねば、


残すか、断捨離か、選択ミスを重ねながらの


一歩前進、三歩後退 😢😢😢




「大好きなもの」に、囲まれて暮らす日々は


爽快でしょうね。。。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

別のきもの好き人と、ランチ。。。

今日は、どんなお話が出てくるかな?

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-29 08:57 | あったか空間




おはようございます。
今日もお稽古がありますが、幼子みたい
傘をさしてのお出掛け、嫌ではありません。





f0205317_06462540.jpg



お稽古の際、時として感じることは

着付けをして、

おかしいと感じたところを直すため


無理やりに、引いたりする




その強引さため、他の部分の布目が狂っ

しまうことが・・・。





「優しく」、お付合いすることが、大事。。。








にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

お元気でいらしてください。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-28 07:09 | お稽古風景



みなとみらいにある、横浜美術館で

「ファッションとアート 麗しき東西交流展」

を拝見してきました。25日で展示会は終了、遅
ればせながらのご報告、お許しくださいませ。

ウエストが絞られて、ヒップが高く、洗練され
たドレスたちに、目を奪われた!




f0205317_05073537.jpg



横浜は開港以来、西洋文化の玄関口となり、会場
には、19世紀後半~20世紀前半の、素敵なドレス
装飾品・絵画・写真・食器・家具などが展示、優
雅な上流階級の生活や、のどかな時代へタイムス
リップ。。。





f0205317_05255679.jpg






女性ファッションの洋風化は、皇族や華族から
はじまったとか。昭憲皇太后(明治天皇の皇后)
の大礼服(マントー・ド・クール)が展示され
ていました。3mを超えるトレーンを引き、ベ
ルベットに大小の菊の刺繍がたくさんほどこさ
れていました。

下の食器のとなりのお衣装です。。。



f0205317_05352926.jpg



日本のきものや染織品は、西洋の女性を魅了
したそうです。

きもの地やきものをほどいたものをドレスに。。。



「海の向こうへの憧れが、新しい装いと

   美を生み出した。。。」



おまけ情報
きものをまとっていきましたら、入場料が割引
されました。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

静かな雨音にいやされます。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-27 06:14 | イベント






f0205317_19224072.jpg


神奈川県民ホールでの 

クラシック「ガラ・コンサート」へ行って参りました。

・第一部 ガラ・コンサート

・第二部 ビゼー作曲歌劇「カルメン」ハイライト

      カルメン    手嶋眞佐子
      ドン・ホセ   小山陽二郎
      ミカエラ    秦 貴美子
      エスカミーリョ 須藤 慎吾

      ピアノ     鳥井 俊之  (敬称略)

声量や表現力の豊かさ、素人ながら心に響くものが
ございました。。。

心地よく、帰路へ
道端の草花も、楽しそう。。。



f0205317_19545650.jpg


カルメンをおやりになられた手嶋眞佐子さんは
オペラ歌手で、東京藝術大学の准教授でもあり
そして、愛情深いお母様でもあります。


以前、お子様の七五三のお着付けをさせて頂き
ました。その際、ご主人様とおふたりで正座さ
れ、深々とお礼をしてくださり、大変恐縮をし
た記憶がございます。


今日もご主人様が、会場で私の所にご挨拶に来
てくださいました。
お若い方々ですが。お手本にしたい。。。

休日の昼下がりの、うれしいことでした。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

未だ、耳に素敵な歌声が響いています。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-25 21:36 | イベント

夏支度、心支度。。。



目に「涼」を感じさせる、夏支度、

そのひとつの「夏のご挨拶」も失念状態
口で発するのではなく、筆を持つ。。。
復活が脳裏をよこぎります。

暑い暮らしに、彩を添えてくれそう。。。




f0205317_10075714.jpg


お話は変わりますが、
小林麻央さんの最後のお言葉が、ご主人様への
「愛している」
おふたりの信頼関係の深さと、麻央さんの人間
性のすばらしさが、深く身に沁みました。

私の友話、
やはり病で逝ってしまいましたが、家族との軋轢
は凄まじいものでした。最後はその方々へ
「ありがとう」
感謝の言葉を。。。

後日その話を伺った時、悩の種であった家族を、心
から許した旅立ちと、類推しました。


日頃から、
物の整理だけでなく、心の整理も、積み重ねが
大事と戒めを、心に置く。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

皆様の週末が、おだやかでありますように。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-24 11:07 | あったか空間





f0205317_17585330.jpg



小林麻央さん、最後までご立派でした。


そして、ご家族も。



麻央さんの、


ご冥福を心よりお祈り申し上げます。



そして、ご遺族の


お幸せも心よりお祈り申し上げます。



言葉が見つかりません・・・

         

          *お写真は産経新聞社からお借りいたしました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

日没前の太陽が、麻央さんと重なりました。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-23 18:15 | インフォメーション



おはようございます。
先日、サントリー美術館へ参りました際に偶然
知人と出会い、ランチをご一緒いたしました。

笹島先生の着姿の美しさ話で、盛り上り⤴

さてさて、今日の本題に

「ほな いこか」


f0205317_06011226.jpg



袖のお話、
若い時は今より袖丈の長いきもので、それには優雅さが
あり、素敵な気分を与えてくれました。初めて標準寸法
に袖を通したときの、一抹の寂しさをなぜか覚えていま
す。 今も・・・


袖には、美(心)が宿っていると思うこと、しばしば、


所作からも感じられますが、言葉もたくさんあります。

「袖の別れ」
「袖を濡らす」
「袖に縋(すが)る」
「袖触れ合うも他生の縁」


袖に腕が通され、帯が締められて、袖の存在が際立つ。。。


きものは、色・模様・素材・小物・まとい方・所作など
いくつもの美が重なり合っています。

でもその重なりは、決してうるさくはない!


摩訶不思議な世界である。


いつまでもご縁が、ありますように。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

美しい朝空が、お出まし。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-23 07:44 | “きもの” 恋綴り

夏がやって来る。。。



散歩の途中に、心ときめくお家があります。
季節によって表情が異なり、住まい人の粋を
感じながら、通りすぎています。

「朝顔簾(すだれ)」

毎年、ご登場。。。


細竹に朝顔のつるをからませて、涼感を与えて
くれる夏の風物詩。。。





f0205317_07483276.jpg



「朝顔やつるべ取られてもらひ水」

                加賀の千代女



朝顔・蛍・せみ時雨・花火・潮騒・かき氷・スイカ
ゆかた・半幅帯・うちわ、そして透け感のあるきもの



いよいよ、夏本番。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

つたないブログへのご訪問を、重ねて感謝を申し

上げます。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-22 08:17 | 季節のかおり



東京六本木のサントリー美術館で
「神の宝の玉手箱」展を見てまいりました。。。
  2017年5月31日~7月17日


身の回りの大事なものを収めた箱。。。
   
    「ハレの調度」
    「神々の調度」




f0205317_17304769.jpg



写真の玉手箱は、鎌倉時代の国宝
「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」

50年振りに修理されたそうです。螺鈿(らでん)が
美しく飾られた玉なる手箱。。。


期間限定で、手箱のフタの裏も公開!  
裏も手箱内側も、品のある美しさにあふ
いました。


お化粧箱には、目が点に!
櫛が沢山あり、髪を大事にしていたことが伺えます。
今の時代と同じような眉筆・ハサミ・毛抜きなど
お化粧箱は収められ、この箱は宝箱。。。


手箱は神様に奉納したものでもあるそうです。


北条政子が鎌倉の鶴岡八幡宮に奉納したと言われる
「籬(まがき)菊螺鈿蒔絵手箱」は、
明治初期のウィーン万博に出品後、船での帰路
の途中伊豆沖で座礁・・・。
引き上げられた品もあったそうですが、この手
は、未に海中でお眠り!

再現された手箱はキラキラと、おすまし顔でお座り!


透け感のある「羅」の袴も、展示されていましたよ。
(おきものの展示もあり。)


静かな時間の流れに、優雅さ、いやされました。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

雨待ち女の望みは、叶えらましたが

お元気過ぎる雨にドキ!

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-21 19:04 | イベント