分厚い辞書の広辞苑が、10年ぶりに大改訂とか。
昔は手にふれていましたが、今は皆無、PCなど
に助けてもらっています。

最近、小耳に挟んだ言葉たち。。。
  ・着物警察
  ・女侍
  ・愛上男(あいうえお)恋愛上手な男性とか
  ・山粧う
  ・火恋し
  ・野山の錦
  ・荻の声




  
f0205317_14112064.jpg



あや音さんの薄いお胸の中で、退屈してるの!
のの香て、べっぴんさんでしょう?
猫界では、言葉美人とも言われてるんだよー。

たとえばさ、「荻の声」
秋の到来を告げる荻が風にそよぐ音、風流だね。
でもさ、荻と萩の漢字の読めないだす。
言葉美人と言われているからさ、見栄を張り、
わかったふりしてんのさ。。。



のの香は、同じ匂いがするあや音さんが大好き!


「今日もおバカさんでいましょうね。あや音さん」


いやいや、あや音からのの香様へのご提案!


「改訂版おんなふたりに、挑戦してみませんか?」

お返事は、急ぎません。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ポチッとありがとうございます。


衣香 糸賀あや音


*お教室案内は こちら


# by kimonokinuka | 2017-10-31 15:23 | あったか空間



分厚い辞書の広辞苑が、10年ぶりに大改訂とか。
昔は手にふれていましたが、今は皆無、PCなど
に助けてもらっています。

最近、小耳に挟んだ言葉たち。。。
  ・着物警察
  ・女侍
  ・愛上男(あいうえお)恋愛上手な男性とか
  ・山粧う
  ・火恋し
  ・野山の錦
  ・荻の声




  
f0205317_14112064.jpg



あや音さんの薄いお胸の中で、退屈してるの!
のの香て、べっぴんさんでしょう?
猫界では、言葉美人とも言われてるんだよー。

たとえばさ、「荻の声」
秋の到来を告げる荻が風にそよぐ音、風流だね。
でもさ、荻と萩の漢字の読めないだす。
言葉美人と言われているからさ、見栄を張り、
わかったふりしてんのさ。。。



のの香は、同じ匂いがするあや音さんが大好き!


「今日もおバカさんでいましょうね。あや音さん」


いやいや、あや音からのの香様へのご提案!


「改訂版おんなふたりに、挑戦してみませんか?」

お返事は、急ぎません。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ポチッとありがとうございます。


衣香 糸賀あや音


*お教室案内は こちら


# by kimonokinuka | 2017-10-31 15:23 | あったか空間




雨模様の週末でも、お稽古に来てくれました!

綺麗に二重太鼓が結べたのですが、

「帯山が低い!」


受講生は帯枕を背中の高い位置に
おいたが、着付けが終わると帯さん
は、背中の低い位置におわす。


すぐに、原因を悟ました!




f0205317_01105906.jpg



背中で巻いた胴帯の位置が、低いため

お太鼓の帯山は、下がってきてしまった!


「前低後高」、私が勝手に命名しました。


帯は、前は低く、後ろは高く。。。



めげずに、くり返しくり返しのお稽古をで

着付け財産」をまた増やしましたね(笑)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ポチッとありがとうございます。

皆さまにとって、

心穏やかな一日でありますように。。。

衣香 糸賀あや音


*お教室案内は こちら


# by kimonokinuka | 2017-10-30 01:57 | お稽古風景

秋袷の膝頭




きものの痛んだ部分をいかに上手に
位置交換して隠し、平静を装うか?
和裁が必須条件だった時代の女性た
の、心意気だったかもしれ
ません。







f0205317_00232159.jpg



つつましや秋の袷の膝頭


前田普羅さんの句です。

きものの膝部分は一番痛む箇所かも?
きもの、
何も無かったように変身させ、まと
い続け、位置交換のあとは、
いろいろなものへと変身さ
せながら、布の天命を全う
させていった!


最後は小さ小さな布の切れ端
になても「お手玉」などの
具にしたりして、童たちを
ませた。。。


つつましさより、心に余裕を持つ
お方と、心得つるなり。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ポチッとありがとうございます。

良い一日をおすごしくださいませ。

衣香 糸賀あや音


*お教室案内は こちら


# by kimonokinuka | 2017-10-29 01:27 | “きもの” 恋綴り



ときどき、耳にする受講生のため息・・・


自装は右腕をよく使うので、きものの
背中心が背骨からずれてしまうことが
多いです。


骨格着付けの大切さを知るとため息は
いずこへかに、消え失す!





f0205317_06043717.jpg




下着・補整・襦袢・きもの・帯・小物(帯揚げ
帯締め)などを重ねまとっていき、着付け仕上
げポイントの確認が、できたら

最後は、

「気持ちの仕上げ」

あとは、
自信をもっておでかけしましょう。。。
 


笹島先生の「骨格と着付けの関係」神無書房
に、こんな素敵な言葉が記されていました。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ポチッとありがとうございます。

なかなか羊雲に会えなくて・・・

衣香 糸賀あや音


*お教室案内は こちら


# by kimonokinuka | 2017-10-27 06:38 | “きもの” 恋綴り