もし来世があるならば

f0205317_0332598.jpg

この子も私のお腹から出てきました。
小学校1年生の頃、ほっぺを真っ赤にしてプンプンしてお稽古事からご帰宅。
理由を尋ねした所、先生がお母さん方の年齢を聞かれたそうです。

ご子息さまは 「お母さんが一番年上だったの! 知恵がない・・・」 とのたまう。
チョト 待った!  そんな馬鹿な~?     (おさえて)
その頃製薬会社のC.Mで 初潮・結婚・初産 の平均年齢が流れていた。
そのことが頭の中にあったらしく、
「僕を早く産んでれいばそれだけ長く一緒にいられるじゃないの~。」  (一理ござんす)
私より年上のお母様からのお電話が
「娘に本当の歳を話したら、大泣きされたの。OOO君(二男のこと)何か言っていた?」
「若もご乱心よ。」とお伝えしました。 (笑)

こんなことも
理由は思い出せないのですが、夜二男を外へ出しました!
通りがかった近所のご主人さまが 「お母さんにごめんなさいしたら?」
ご子息さまは 「アホなのはお母さんだから、ごめんなさいはしない。」
二男の言い分が正しかったのかもしれない、愚かなおっかさんであった!
私だって迷える子羊ちゃんだったの・・・。    (クシュン)

その後、またも強打を頂戴!
反抗期がないので理由を伺いましたの。
他人行儀で丁重なお言葉で 
「さんざん母と兄のくだらない会話を聞きました。
  ああい う風にはなりたくありません。」       ( 可愛くない奴 )

ご子息さま  若くない! 賢くない! しこめ!(漢字では書きたくな~い)の母、
三重苦を背負わされてお辛らかったでしょうね!        (ごめんなさい)

おっかさん業も飽きちゃたし、今度生まれて来る時はそう“魔性の女”がいい!!!
そのことを友人のYちゃんに話したら 「それはないでしょう。」と一蹴されてしもうた。
“魔性の女” がないということは “ちょい悪オヤジ” もなし。   (つまんないの)

ご子息さま、もし来世があるならばご一緒なさいませんか?
今度は 若く! 賢く! 美しく!  才色兼備の私でございます!

息子 それとも 恋人   (私はない物ねだりの面食い 恋人には???)

来世もご子息さまがよろしいようで・・・。 
                    
                        

by kimonokinuka | 2009-12-21 00:33 | あったか空間