お彼岸にうれしい報告が!


f0205317_0114910.jpg
「朝起たら、隣に誰もいなんだー。寂しい!」
先日他界した従姉妹の連れ合い(80歳)がベソをかきました。
「おはよう」て言ってくれた人はもういない!
仲良し夫婦は片方がいなくなると、辛く寂しい思いをいっぱい味わうことに・・・。

知人にこんな方が。
ご主人様と結婚後しばらくして、ボタンのかけ違いが始まったそうです。
ご主人様との不和・仕事のストレスなどで難病を発症されました。
平行線のまま離婚もできず、笑顔もなくて本当にお辛そうな様子が忘れられません。
ご主人様が病気になり、ご自分では復讐の世界に入って行くのではと懸念を・・・。
リベンジはされなかったそうです!!!  (あーよかった。)
未亡人の今、健康になられたと明るい声でお話くださいました。

連れ合いとの別れで開放されケースです。
つくづく人生は悲喜交交と・・・。

従姉妹の連れ合いが孫娘に“料理の本”を買ってきてもらったそうです!
夜は眠れないそうですが、“自分でできることは自分でする。”と
従姉妹の立ち日から1ヶ月にもならないのに感心しました。
残された人は生きていかなくてはいけない・・・。

従姉妹は連れ合いのことをどんなにか心配しているだろうに。
喜んでいる顔が浮かんできます。
お彼岸にうれしい報告が!!!

by kimonokinuka | 2010-03-20 22:18 | あったか空間