“桜月夜” の帯!

f0205317_22143417.jpg

大分前に描いた桜の帯です!
バックが黄色で締めているうちに、月と想うようになりました。
与謝野晶子さんの
 「清水へ祇園をよこぎる桜月夜こよひ逢う人みなうつくしき」
そんな短歌を思いだして 私ひとり “桜月夜” の帯と呼んでます。

与謝野晶子さんの 「君死にたまふことなかれ」 も好きで
昔はすらすら暗唱していましたが、今はほとんど忘れてます。
鉄幹さんの 「われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子」
たまに思い出してくちずさむことも・・。

与謝野鉄幹・晶子ご夫婦が与謝野馨さんの祖父母なんて大きな驚き!
情熱的なおじいさま・おばあさまと冷静な馨さんとがつながりません。

願わくば桜の季節に散りたいというこだわりがなくなりました。
今年の桜は私の心にどのように映るのかしら?

by kimonokinuka | 2010-03-23 22:10 | “きもの” 恋綴り