きものは俳句?

f0205317_22342846.jpg

                                   相良刺繍の付けさげです。
林真理子さんの著書 “着物の悦び” の中に
「私は着物というのは俳句ではないかと思ったりする。
 まず季節を重要視する。 必ず季節を取り入れる。
 時たま川柳になることもあるが、それもまた面白いかもしれない。」

本当にきものは俳句と同じですね。
私には川柳のように季語がなく遊び心のある着こなしは、夢のまた夢!
きものと暮らすと、季節には敏感になります。
行けども行けども奥深いきものの世界
きものの 「えもいわれぬ不思議な魅力」 の虜に・・・。

きもののお約束事が面倒な時もありますが
TPOや季節の風を感じながら暮らすのも贅沢です。
きものは気持ちに余裕がないと長続きしないかもしれません。
少し手間が掛かりますが、喜びも大きいです!
楽しみながら長くきものをまとっていきたいと思います。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村                応援ありがとうございます!
                          ポチッとお願いできれば・・・

by kimonokinuka | 2010-06-17 22:25 | “きもの” 恋綴り