「古着屋」は昔からあった!

f0205317_2221436.jpg
江戸時代はたくさんの人々が
古着を利用していたそうです!
新しいきものを買えるのは
裕福な人たち(上級武士・豪商)。
古着も買えない人たち(農民)は
農作業の合間に自分で
木綿・麻などで糸を作り
きものに織ったり
古いきものを仕立て直しして
着用していたようです。



「古着屋」の暦史は古いです!
今の時代からみると、手作りの織物に憧れますけれど
休む暇もなく、大変な暮らしを、農民はされていたのでしょうね!
士農工商なんて名ばかりの・・・。

古着が当たり前の、おおらかで、自由なきもの生活を
江戸時代の人たちは、楽しまれていたのかもしれません。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村                      
                              ありがとうございます!
                              皆さまに応援とポチッとして頂けることが
                              励みになっております! 深謝!!!
                              これからも、よろしくお願い申し上げます ♪

by kimonokinuka | 2010-08-15 22:46 | 江戸のきもの