笹島先生のお話、「上手な着つけは姿勢が大切!」

f0205317_1357676.jpg

笹島寿美先生、「いざ、出陣!」ていう感じ。。。
着付けの際は、たすきを掛けられます。
受講生をモデルに、着付け指導をして下さいました。

笹島先生は
 「上手に着付けをするには、姿勢が大切!!」と・・・。
 
下着の着付けから始まり、帯までの過程は、すべて背筋を伸ばして行う。

長じゅばんの胸紐は、左右の同時に手を回すと、首が下がる。
きものも下を向くと、正しい着付けが出来ません。

正しい着付けが出来るように、紐・伊達締め・帯枕・・・などの小物は
取りやすい位置に置くことも、大切なことです!


女性のきものは、腰を境に上下違う着方をします。 (骨格から考える着付け)
  
   ・ 上半身は、きものの背縫い線を、背骨に合わす。
   ・ 下半身は、左脇縫い線(上前)を左大腿骨に合わす。
   ・ 腰紐は、 腰の第四腰椎を通るように締める。


  ★布目の通った美しい着付けは、背筋の伸びた姿勢を保ちやすくなります!!! 


ー笹島先生先生の素敵な感性ー

「きものの生地は斜めに伸びやすく、シワやシダが出来やすい
 体の動きによって現れては消え、消えては現れるシワやシダは
 きものに美しい陰影をつくり、独自の美を出演しています!!!」



                           左の写真のお若いお嬢様は
                           モデルをされている秋谷ジェマさんです!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

            応援・ポチッとありがとうございます!
            久しぶりに笹島先生にお会いしました。
            未だ綺麗な先生のお声が耳奥に。。。
            先生が男性だったら、間違いなく
            恋に落ちている・・・  間違いなく
            片思い!!!  (涙、涙、)

                    衣香(きぬか)  糸賀文音 
   
by kimonokinuka | 2011-11-28 14:07 | イベント