笹島先生の“帯揚げ”の短い訳???

f0205317_1351132.jpg

笹島先生の帯揚げのお話。。。
湘南台で行われた「笹島先生を囲んで」の会の日
先生は京都から新幹線で、いらしてくださいました!

会場でお召し替えをされその場に居合わせた受講生たちは
先生のお着付けに釘ずけでした。。。

ここからは伝聞です、、、すみません。

写真の枠の茶色の帯揚げでした。 
先生は
「大分短いの、皆に切ってあげちゃたので・・・」
和の色・茶色は、48種類もあると言われています。

色見本に差し上げたということ???
愉快というか、面白いでしょう!!!
笹島先生は本当に心根の良い方です。

いつも小物(帯揚げ・帯締め)にも気を抜かず、おしやれです。


ー受講生たちの声ー

   ・あんな凄いオーラで、素敵な人に初めて会った!
   ・きもの・帯・小物のコーディネートが素晴しい
   ・大学受験以来の緊張!
   ・あのように、生きていかなければと思った!
   ・スタイルの良さに、ビックリ!
   ・凛として美しい!
   ・江戸子と言う感じで、シャキシャキしてて気持が良い!
   

お手本にしたい、素晴しい生き方をされています。

受講生たちの  「楽しかっ~た!」
笹島先生の  「楽しい時間でした!」

そんな声がこだまして、幸せな私です ♪♪♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

        応援・ポチッとありがとうございます!
        今、友人たちからお茶のお誘いが。。。
        忙しいと申しつつ、きっと長居を???
        「行ってきます♪」

                衣香(きぬか) 糸賀文音

by kimonokinuka | 2011-11-30 15:28 | イベント