帯締めを結ぶとき、お試しあれ!

f0205317_10235458.jpg

帯締めや帯揚げは、見える部分がほんのわずか。。。
まとい人も第三者も目がいく、 ー花形的存在ー

下着→長じゅばん→きもの→帯 の順番でいくと
帯揚げ・帯締めは、最終ラウンド
なかなかそこまで、到達するのが大変!
そして、納得いく仕上がりになるまでは、努力と時間が必要かな???


上の写真左のように、帯締めを結ぶ前に
左右に引く

帯締めは、このひと手間をすると
背中にピッタリとつきます!


f0205317_1194474.jpg


笹島先生の帯締めは、背中にきちんと寄り添っていますでしょう!
先生の凄いことは、どの写真を拝見しても、ペケがないのです‼!
この写真もお稽古の時に、無断で撮らせて頂いております。

シャキときものをまとわれ。。。
いつも凛としたたたずまい ‼!



もし私が後世に伝えたい 「美しいきもの人」 という本を
出版するならば、表紙を先生に飾って頂きたい。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

             応援・ポチッとありがとうございます!
             今朝も卒業式の「袴」のお着付けを
             させて頂きました。袴には綺麗な桜が
             舞っていました。。。 晴れの日の装い
             も華やかで良いものですね!


                    衣香(きぬか) 糸賀文音
         

    
              
by kimonokinuka | 2012-03-10 11:39 | “きもの” 恋綴り