色・柄の重ねお悩み:豆千代さん



友人の日暮泰文さんが出版された「着物女のソコジカラ」のなかで
豆千代さんがこんな「珠玉のお言葉」を。。。


f0205317_18462687.jpg



  色や柄を重ねていくときに悩んでしまったら、「自分なりの必然」
  をすませることがおしゃれの基礎体力をアップさせてくれる。

  
  「自分に似合うと思うからこのれたい、
   着物半衿をつなぐためにこのれたい、
   とか、なんでもいいから必然れることで、
   コーディネートがまってきます。



f0205317_18472065.jpg


   なぜ帯揚げをこのにしたのか、
   なぜ帯締めにこれをんだのか、
   いつでもえられるような訓練をすることで、だんだん何をあわせたらい
   いのかがわかってくるんですよね。それは自分の無意識領域をきちんと
   見つめるという行為でもあって、ふとにとったつもりでも、そこには   
   理由がある。その訓練繰り返すうちに、着物の好みがはっきりして
   くるはずです。」


日暮くんのご本から、今日もお勉強させて頂きました。

『ありがとうございます!』


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
寒川神社へ古いお札を納めてきました。

f0205317_19123019.jpg


衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-12-26 19:13 | “きもの” 恋綴り