最新版「アレコレ」:きものへの思い(笹島先生)




2016年最後の「月刊アレコレ」VOL.137より
特集は「しゃれ黒羽織」が来た!




f0205317_00352102.jpg




心地よくも切れのいい きもの学  笹島寿美


   装いは赤や緑で組み合わす
   和服で遊ぶクリスマスの夜



過っては街全体が、大きなクリスマス会場のような時代があった。
現代はイルミネーションで街を飾り、各家庭や仲間同士で過ごす
静かなクリスマスに。。。


きもの愛好家は、雪の結晶模様のきものを着て、サンタやトナカイ
などクリスマス模様の帯を締めたりして、楽しんでいます!




f0205317_00474873.jpg



いろいろと時代変化が表面化する曖昧模糊文化の過渡期だと、笹島
先生はおっしゃっています。

また、こんなことも、


いずれにしても日本文化のDNAは消滅しませんが、今目覚めさ
せるための導き方が必要かと思っているのです。




日本文化をこよなく愛される笹島先生の思いが綴られていました!
詳細は最新版「アレコレ」をご覧くださいませ。



                 *アレコレの購読方法は、こちらから      


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ


応援・ぽちっとありがとうございます。

忙しい休日になりそうです!

衣香 糸賀あや音 

*お教室案内は こちら 


by kimonokinuka | 2016-12-18 01:24 | インフォメーション