「はなやぐらの会」:紀尾井小ホール




日本文化にふれる機会が、続いております。。。


女流義太夫演奏会

第15回  はなやぐらの会  


東京四谷の紀尾井ホールで、本日開催されました。


  ・出演   竹本駒之助(人間国宝)、鶴澤寬也 、お話:橋本 治(作家);

  ・ 曲目.  「玉藻前曦 袂」三段目 道春館の段.

                               (敬称略)





f0205317_18363360.jpg





作家・橋本治さんから、

いじらしく、不憫な親子の情を中心とした悲劇で、この世の無情!
現代では考えにくい、子どもに対する、親の思い!

現代人はうるおいがなくなり、泣かなくなった。
わが身のこととして考えてもよいのではと、

そのようなお話がございました。




終盤は、涙、涙、
義太夫節の駒之助さんは、涙を流されながらの、熱演でした。。。
寛也さんのお三味線も、ゆるやかテンポだったり、またひっ迫感が
伝わる激しい音が放たれたりして、引き込まれていきました。



むずかしい古典の世界ですが、凛としてお美しい寛也さんにお会い
したく、はなやぐらの会へ足を運んでおります。。。




f0205317_23342565.jpg



帰り道、すてきな方にお会いし、お写真を撮らせて頂き
ました。桜のはなびらが、渋いおきものに。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

つたないブログをお読みくださり

重ねて感謝申しあげます。

衣香 糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-04-16 23:58 | イベント