「羽織紐」作ってみようかなー。




脳裏はいつも、きもの在席生活。。。
おのずと、経済性・合理性を踏まえるようになりました。


一例としては、喪の対応で、めったに着ない洋服の礼装は
流行遅れになることが、しばしば。 体型変化も著しい!
そんなこんなで、たどりついたのが、

近い身内は、きものの喪服
やや近身内やもっと遠い存在は、色無地+黒羽織


加齢で苦痛になったピンヒールからの、解放はうれしい!


普段からきものをまとうことが多いので、大勢の人が集ま
る場面に、きものをまとうことに、違和感が少ないのかも
しれません。






f0205317_09055614.jpg



私流に合理性を考え、墨色の透け感のある紋無し羽織
作りました。日常の場面にまとい、遠い存在のお通夜な
どに活用するつもりです。


昔は、突然のことで駆けつけましたという感じでしたが、
今は通夜のみご出席の方も多く、礼服がほとんどですが、
私は、墨色羽織をまとっていく所存でございます。(笑)




前書きが長くて申し訳ございません。
今日の本題は「羽織紐」、普段は、ワイレッドや、趣味性
あるものを使うつもりですが、喪の際には黒い羽織紐で、
短いものでしたら手持ちがあるのですが、ない物ねだり長
いものが、ほしくなりました。




そこで、思いついたのが 絹の糸をレース針で編む!
細編みでも紐の幅が狭いので、そんなに困難なことでは
ないのでは? もしこれに成功したら、自作の「羽織紐」
が増えるかもだす。。。


小願成就、出来ますように。



ちなみに、下のビーズ作品は姉が作ってくれたもので、
「羽織紐」に化けくれるものはあるかしら?




f0205317_10163446.jpg





きものや帯は、定形!

それに自分の持っているものを、最大限に活用し、

私色を、楽しむ。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

すごしやすい陽気の休日ですね。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-18 10:02 | “きもの” 恋綴り