ネル襦袢と母との思い出




お稽古にお出ましした 「ネルの長じゅばん」
格子柄で色合いも素敵、きものでまといたい!
そんな思いをいだかせてくれました。

おばあ様のお形見。。。
ネルはえもいわれぬ柔らかい、いやし素材です。




f0205317_08044474.jpg



通常ネルは、コットンフランネル
ウールのものは、フラノ

今は、おうちも電車も暖房がきいているので
なかなかネルの裾よけの、ご登場はないかも。

昨年、自作したネルの裾よけは、肌触りは抜
群に良いのですが
体の動きに、素直についてきてくれるのかな?
気になりました。



母が痴ほう症になってから、ネルのお腰の紐
が綺麗にハサミで切られたことがありました。
訳を尋ねると、

「ねすみさんが、食べてしまったの!」

童女のような顔で、アンサー。

健常者からみて不要と思えても、母の持ち物に
は干渉せず、お腰さんはそのまま母のそばに。


紐がなくても、挟んで使っておりました(笑)


ネルの心地よさが、体と心にしみこんでいたの
かもしれません。


今では遠い思い出です!


長い介護生活のなか、童女顔の母に わ・た・し

どれだけ、救われたか。。。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ポチッとありがとうございます。

今朝のお空もやさしい色です!

衣香 糸賀あや音


*お教室案内は こち


by kimonokinuka | 2017-12-03 08:56 | あったか空間