水無月の暑い日の、過ごし方!



以前の記事に手を加え、再度投稿さ
せて頂きました。


単衣の時期(6月)の暑い日が、ハレ
の日(冠婚葬祭などの特別な日)で
なければ、つまりケの日(普通の日)
には、体感重視の暮らしております。

下の写真は、夏の「薄衣」透け感を
消すため色麻長じゅばんをまとっ
ています。。。。






f0205317_03170600.jpg






逆に78月の盛夏には、色なしの長
ゅばんをまとい、透け感を出し

楽しんでおります。。。


透け感のある重ね着は、きものと長じ
ゅばんの寸法が、合って
いることが大
切です。裾の差、気になります!


事前のチェツクが、夏を快適に過ごす

ことに、繋がりそうですね。


加齢と共に、物に支配されない生活
が、好きになってきました

今年も単衣時期の暑い日には、色麻
長じゅばん+夏きもので、おります。。。 



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。

時節柄お風邪など召されませぬように。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-06-18 03:41 | “きもの” 恋綴り