月刊アレコレ vol.157:笹島寿美のきもの学


笹島寿美先生の、心地良くも切れのいい

「きもの学」から。。。

長き帯解きて密かに風さそう

たもとの奥の中に入りくる

先生は暑い日の帰宅後は,扇風機の前で

しばらく正座。立ちづくめの後の正座は、

疲れが和らぐからだそうです。そして座り

ながら、帯締め・帯揚げ・帯枕を解かれ、
を緩められる。。。


すると扇風機の風は、体にぶっかり脇の下

の身八つ口から、吸い込まれるように流れ

てくる。

脱がれた時の、心地よさと解放感が、伝わ

ってきます!





f0205317_06162237.jpg




風がきものを通り抜ける様子や、きものと

縫い糸の関係「糸の命」の尊さなど、実体

験を踏まえお話されています。。。


*アレコレの購読方法は、こちらから 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。
こんな暑い夏は、初めてですね?
もう少しの我慢でしょうか?
衣香(KINUKA) 糸賀文音




by kimonokinuka | 2018-08-05 06:24 | インフォメーション