2013年 04月 27日 ( 1 )


「事実は小説より奇なり」 の人生を歩んでいる友あり!
テレビドラマを見て入るような、錯覚に陥る。
私に文才があったら、小説にしたいようなモチーフですが
叶わぬ夢。・。・。・。・。

f0205317_00217.jpg


ある時、「おめかけさん」の話になった!
友は大変裕福な家庭で育ったが、お父様には
お二人のおめかけさんがいらして、お正月には
その方々が、ご挨拶に見えたそうです
おひとりはお子様連れで・・・。


浅はかな私は、おめかけさんたちは、本妻さんに
対抗されて、綺麗なきもので着飾り、お出ましかしら?
と友に問うたら、
「紋付黒羽織」で、きちんとご挨拶に。。。
それは、生活を見て頂いているだけでなく、お家も
与えて頂いていることへの、敬意のようでした!

友は下校すると,きもので遊び、お父様もお仕事
以外は、きものをまとわれていたそうです。
お父様が芸者さんの所へ行かれる時も、同行を。。。
幼子ながら、[芸者遊び」を体験???

まだ、きものが日常生活に息づいていた時代である。

脇役ながら、妙味を演じている、きものさんたちでした!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます!
良い連休をおすごしくださいませ。

       衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2013-04-27 01:51 | “きもの” 恋綴り