2015年 12月 07日 ( 1 )



綺麗にひるがえるきものの裾。。。
そんなブログを数日前に、投稿させて頂きました。
こちら

美しい裾へのお思いをはせると、こんな歌にたどり着いた!

万葉集から

「立ちて思ひ居てもそ思ふ紅の赤裳裾引き去にし姿を」



立っても座っても紅の赤い裳の裾を引いて去って行ったあなたの姿で
心がいっぱい。。。
そんな意味合いのようです。


赤裳は、身の汚れを防ぎ魔よけのために身につけたようです。
裳=下半身に着るスカート状の衣類


裾のひるがえりは、揺れ動く心に思えますし、紅色も刺激的。。。


f0205317_1525382.jpg



腰紐の位置や締め加減が骨格にそうと、

まとい人の心を満たし、歩きやすく、周りの人の目にも快く映ゆる
のではないでしょうか!


あなどれない 「腰紐さん」の存在ですね。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
つたないブログを、お尋ねくださり
重ねて感謝申し上げます。

衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2015-12-07 15:37 | “きもの” 恋綴り