カテゴリ:季節のかおり( 88 )

蛍・愛:鈴木真砂女




横浜三渓園の「蛍」さんには

会いに行かれませんでした・・・。

今日はパソコンと、にらめっこ!

忙中の閑には、気分転換に半幅

帯と遊ぶ。。。

「蛍」と申せば、鈴木真砂女さん

の俳句が、浮かびます。



蛍火や女の道をふみはづし

 

死なうかと囁かれしは螢の夜 


螢の死や三寸の籠の中





f0205317_23371727.jpg





切ない気持ちを、半幅に添えた
つもりが、帯が長くて、はかなげ
では
なく、華美になってもうた???

だめな、ア・タ・チ・・・。


「小人忙居して不善をなす」

こんな言葉あったかしら???

「失礼をば、いたしました。」


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

ご機嫌よくいらしてください。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-06-03 23:49 | 季節のかおり



お天気とにらめっこの時期に,突入!
雨と暑さとは、賢く、明るく、楽しく、

お付き合いしたい。。。








f0205317_08502432.jpg






昨今の暑さに、皐月に夏用長じゅばん
まとい人が多く,工夫されていますね。


きものも、半襟・帯揚げ・帯締め、そして
帯も
夏景色への、出番待ち。。。



単衣の出番が多くなった私、これからは
単衣を仕立てることが、多くなりそう!


はかなげ感のある単衣は、昔から好物、
今も変わっていない。。。


工夫で、「快快適」に、暮したい!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。

今日もお元気でいらしてください。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-05-30 09:26 | 季節のかおり

律の調べ



秋のおとずれを、風で感じております。。。

『律の調べ」とは 秋風のこと

「律の調べ」の「律」は、雅楽の音の調子で
もの悲しい秋を比喩しているそうです。






f0205317_07491115.jpg



こちらの有名なお歌が、心に響きますね!

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども

  風の音にぞおどろかれぬる」



朝や夕方の風には、敏感!

日中は忙しく風を切り、闊歩!

色気おまへんね(笑)


でも風の味は感じていますよ。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

今日もたくさん笑いましょうね!

衣香 糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-09-20 08:18 | 季節のかおり

「虫時雨。。。



虫たちのオーケストラで、目を覚ます。。。





f0205317_07315867.jpg




大好きなビオラの帯の、出番が多い季節でも
あります。


虫の音が恋しくなると


不思議と、人も恋しくなります。


今朝は「虫時雨」のように、にぎやか。。。


うれしいプレゼントです!




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

今日も元気でいます!

衣香  糸賀あや音


by kimonokinuka | 2017-09-09 07:42 | 季節のかおり




雨音を聞きながら、多忙と天候の悪さでお墓参りが
ままならず、心のなかでご先祖様へ感謝をいたして
います。。。


立秋ころの
「ゆきあひの空」という美しい言葉が、大好物です。

夏の風と秋の風、夏雲と秋雲、が混在して、行き交う!


自然界では、こんな変化がなされています。




f0205317_11390161.jpg



今年もゆかたのお着付けを承っております。
嬉々としてゆかたを楽しまれているお姿は
夏なのに 目はお正月。。。


木綿のゆかたが自宅で洗えることを、ご存
知ない方が多いです。


一度洗うと、縮みます

ゆかたを仕立てる時、既製品を求められる時、

幅も丈も少し大き目に。。。


「ゆきあひの空」

季節の変わり目を、しっかり受け止められる
ような余裕のある心でいたいと、思いました。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

みなさまに元気でたのしい

一日でありますように。。。

衣香  糸賀あや音


*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-08-16 12:24 | 季節のかおり

残暑見舞いへ:立秋




今年の「立秋」は、8月7日でした。

立秋を境に

「暑中見舞い」は

「残暑見舞い」に変わります。。。




f0205317_06454126.jpg





むらよしみさんが、私の似顔絵入りの
暑中見舞いを作ってくださいました。。。

顔に特徴がない私の似顔絵は、大変だっ
たようで、200枚も私の顔を描いてくだ
さったとのこと、大変恐縮いたしました。


7日をもってこの絵葉書の任務は、終了!


立秋がすぎたら、またあらたな目処を

心に。。。


小さな努力を、積み重ねていきます。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

みなさまにとって今日も

やさしい一日でありますように。。。

衣香  糸賀あや音


*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-08-10 07:04 | 季節のかおり

夏がやって来る。。。



散歩の途中に、心ときめくお家があります。
季節によって表情が異なり、住まい人の粋を
感じながら、通りすぎています。

「朝顔簾(すだれ)」

毎年、ご登場。。。


細竹に朝顔のつるをからませて、涼感を与えて
くれる夏の風物詩。。。





f0205317_07483276.jpg



「朝顔やつるべ取られてもらひ水」

                加賀の千代女



朝顔・蛍・せみ時雨・花火・潮騒・かき氷・スイカ
ゆかた・半幅帯・うちわ、そして透け感のあるきもの



いよいよ、夏本番。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

つたないブログへのご訪問を、重ねて感謝を申し

上げます。

衣香  糸賀あや音

*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2017-06-22 08:17 | 季節のかおり

忘れ扇



盛夏は扇(扇子)が大活躍してくれます。。。
野分が吹いたりすると、段々手にとることが、
少なくなってきます。

「忘れ扇」とは、涼しくなって、忘れられた扇
のことで、「捨て扇」とも呼ばれるそうです。


文学の世界では、
ひと夏の恋人に忘れられた傷心の女性・・・。
そんなたとえをすることもあるようです。




f0205317_16273352.jpg


昔は感情を、きもの袖の仕草で表現したようです!
奥ゆかしいこと。


こんなお歌が、百人一首の中に、中納言朝忠 (拾遺集)

「逢うことの絶えてしなくはなかなかに

  人をも身をも恨みざらまし」



*もしあなたに会うことが、まったくなかったならば
 かえってあなたの冷たさや、自分の不幸を恨んだり
 することもないだろうに。
 そんな意味のようです。


出会わなかった方がよいのか?
出会った方がよいのか?

『うち、わかりまへん。』



f0205317_18052304.jpg




『のの香さまへ、
 住民票の変更手続きの方法を知りません。
 よろしければ、ずっとご一緒くださいな。
 あや音より。029.gif029.gif029.gif029.gif029.gif
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

またもや、台風情報が。021.gif021.gif021.gif

糸賀あや音


*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2016-09-06 17:27 | 季節のかおり

長月初めての、朝。。。



長月。。。
十五夜の月などの、月にまとわる言葉に惹かれます。
「田毎(たごと)の月」
傾斜地を段々に作った稲田に、その田の何枚かに、、
別れて映る 月 のことだそうです。
幻想的な光景ですね。




f0205317_07311278.jpg



月・太陽・地球など、まあるい形に、昔から魅
せられています。。。
きものや帯の模様、食器の形なども、丸が好き!



f0205317_07473604.jpg



20年以上前に描いた帯で、白生地を墨色に、楕円
形の白を残して染めて頂きました。

そこへ  を遊ばせた!

今想うと、不甲斐ない自分に、エールを送っていた
ような気がします。。。

帯の中の兎のように、飛び跳ねたかったのかな?


時々、箪笥から出しては、ふれてみる。

今は、兎ではなく、牛 でいいと、

そう、牛歩。。。


そんなことを長月初めの朝に、思いました。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

月見団子を作ってみようかしら。。。


糸賀あや音


*お教室案内は こちら


by kimonokinuka | 2016-09-01 08:28 | 季節のかおり




「穀雨」
とは「雨が降って百穀を潤す」
やわらかい春の雨が降る時期。。。 
  4/20~5/4ころ

f0205317_816153.jpg


雨の日とか焼肉など臭いが気になる場面には
「化繊」のきものをまとう。。。
片手落ちは、袷のきもの(化繊)に合わせる
化繊の帯は、箪笥にいてくれない。"(-""-)"
良いご縁がいつかあるかも。
草履も雨に強いもの、バッグは自分で作った雨用
で、もう5~6年使っていますが、健在だす。
不細工でも自分でつくったものは、愛おしい。。。

f0205317_8171856.jpg


穀雨・末候は、「牡丹華さく」
四季折々の花が、きものの模様になっており、
日本人の美意識は、自然と深く関わっていますね。

自然の美しさ、きものの美しさ、

着姿も美しくなれるように、努力します。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


応援・ぽちっとありがとうございます。
今日は化繊のきもののお世話に
なります。
衣香(きぬか) 糸賀文音

*お教室案内は こちら       
by kimonokinuka | 2016-04-21 08:37 | 季節のかおり