カテゴリ:ことばの引き出し( 1 )

ことばの引き出し

「あ行」
 ・藍染め(あいそめ)   藍草でそめたもので生葉染めと建染めがある。
f0205317_2110730.jpg

 ・明石縮(あかしちじみ)    播州明石の浪人が小千谷にいき改良した縮布。
f0205317_21225536.jpg

          写真のきものが明石縮

衣桁(いこう)  室内できものを掛けておく道具で鳥居型をしている。
 
・井桁絣(いげたがすり)   4本の直線の幾何学模様。
f0205317_0163030.jpg

居敷き当て(いしきあて) きものの裏側のお尻のところに付ける布地。

・市松模様(いちまつもよう) 江戸中期にできた格子模様のひとつ、
                   二色を正方形(長方形)に交互に配した模様。
                        
f0205317_20555136.jpg
 
・一文字(いちもんじ)   江戸時代は男性が結び、箱結びと呼ばれほどけずらい。

・色共帯(いろともおび)  喪服の黒帯にたいして、色の帯地に梵字や般若心経を
                    織り込んだ法事用の帯。

・インド更紗(いんどさらさ) インドで作られる、花・鳥などの模様を木綿に染めたもの。
f0205317_7235253.jpg


・牛首紬(うしくびつむぎ)   石川県旧白峰村牛首付近で織られてる紬。釘(くぎ)が
                    抜けるほど丈夫なことから「釘抜き紬」と呼ばれる。
f0205317_0173430.jpg


 ・衣紋(えもん)       きものの衿で首の後ろで抜く部分。
f0205317_8122113.jpg


帯付き(おびつき)     羽織などはおらず、きものと帯。

・小千谷(おじや)    新潟県小千谷市付近で麻織物などが生産されている。 

・オランダ線(おらんだせん)帯のたれにある二本線で、一本が織り端まで行ってないもの。
                                             



                                             
「か行」


・界切り線(かいきりせん)  帯のたれにある太い二本線。
f0205317_10132138.jpg

・貝ノ口(かいのくち)  貝の形ににている。男性の角帯、女性の半幅帯の結び方。
f0205317_0273788.jpg

鏡仕立て(かがみじたて)  名古屋帯に仕立て方の一つで
                 前帯の幅を好みの幅に調節可能(背の高い人にも良い)。
                   (額縁仕立てとも言われる。)

・柿渋染め(かきしぶぞめ)  渋柿の実で染めたもで紙や布に。

・掛け衿(かけえり)   きものの衿の部分の汚れを防ぐために、本衿の上に掛ける衿。
f0205317_0184949.jpg

・襲(かさね)       貴族の女性が正式な時に着用した打衣(うちぎぬ)の配色。 
                例、秋は菊襲など
・霞線(かすみせん)  帯のたれの太い二本線の両端が交互に離れているもの。
f0205317_10123489.jpg

・肩揚げ(肩揚げ)   子供のきもので肩山の所で、裄調整のため縫い揚げすること。

肩当(かたあて)   単衣のきものの衿肩まわりや肩の部分を丈夫にするために、
               裏側に布を付ける。

裃(かみしも)    江戸時代武家の衣服の一種。本来、同質同色の上・下対(つい)を
                    裃と呼んだ。

・からむしの帯        苧麻などの麻製品。
f0205317_0202025.jpg

・北川の帯(きたがわのおび)  京都の老舗で「染めの北川」と言われている。
    
・絹縮(きぬちじみ)    縦糸が生糸、横糸が強撚糸で織り
                  精練して縦しぼを出した絹織物。

・きものの名称(きもののめいしょう)

f0205317_10232110.jpg

・着丈(きたけ)  背中の首(グリグリ)~すそまで。   
 
・銀座結び(ぎんざむすび)
  銀座のクラブのママさんが角だしをまねて結んだのが始まり
                     名古屋帯を使った普段着・おしゃれ着用の帯結び。

f0205317_744562.jpg

・久米島紬(くめじまつむぎ)   沖縄県久米島で生産される紬。
                      泥染めで独特な絣模様が有名。
f0205317_1056137.jpg
・黒黄八(くろきはち)   八丈島で作られ、泥の鉄媒染で染め出した黒い織り物。
f0205317_11402648.jpg


・黒繻子(くろじゅす)         黒の繻子。

・黒共帯(くろともおび)  喪服用の黒い帯。

・黒八丈(くろはちじょう)     八丈島で織った黒色で折り目を横に高くした絹織物。
                     掛け衿・袖口に使う。

・黒ビロード(くろびろーど)    ベルベット。 
                               パイル織物で表面に毛羽(出し光沢の
                               ある織物。
・軽装帯(けいそうおび)      つけ帯のこと。

蹴出し(けだし)          裾よけのこと。
  
f0205317_10302417.jpg


・行李(こうり)     竹や柳で編んだ物入れ。



「さ行」


相良刺繍(さがらししゅう)   三大刺繍(蘇州・スワトウ・相良)の一つで摩擦に強く丈夫。
                          奈良時代に日本に、糸を玉のように丸く縫いこむ
                          独特の手法で玉縫いとも呼ばれる。
                          
f0205317_1027585.jpg

 錆朱(さびしゅ)  鉄錆のようなくすんだ朱色。    

 ・塩瀬(しおぜ)   経緯(たてよこ)ともに生糸を使い、経糸を蜜にし
              糸は太く横筋を出した厚地の羽二重。  帯地・半衿。
f0205317_0215734.jpg

・宍色(ししいろ)   白に薄ピンクを少しのせたような色。

・自装(じそう)   自分で着付けすること。

・悉皆屋(しっかいや) きものの加工に関することを請け負ってくれる店。
                染め・洗い張り・染め返し・寸法直し・仕立て・・・

・注連縄(しめなわ)  神聖な場所(神を祭る)と他の場所とを区別するために張る縄。
・繻子織り(しゅすおり) 経糸(たて糸)と緯糸(よこ糸)が5本以上で、
                経糸のみ、または緯糸のみが表に出る織り方。光沢があり。
                喪服の帯などに使われている。

・奢侈禁止令(しゃしきんしれい)  江戸時代、贅沢(奢侈)は一種の犯罪と考えられて
                       倹約を推奨・強制するための命令。

・蘇芳色(すおういろ)
  黒味をおびた 赤色。

・粋紗(すいしゃ)   西陣織で紗紬に絣の入った薄物。

・精錬(せいれん)
     織物の漂白や染色を完全に行うための前行程。      
 




f0205317_0235854.jpg


「た行」
 
 ・他装(たそう)    人に着付けをすること。

 ・たれ          結んでから形作る帯位置。

たれもの        縮緬・綸子などのたれる生地(絹)のきもの

・対丈(ついたけ)   きものの丈が着丈と同じ寸法。

爪皮(つまかわ)   雨や泥よけのために、下駄などの爪先に掛けるカバー。

苧麻(ちょま)      からむしの繊維で織ったもの。

 ・つづら         ツヅラフジのつるで編んだ衣服を入れるカゴ。

 ・て           最初に巻く帯の位置。




「な行」 

 ・長持(ながもち)    フタ付きの長方形の大きな箱。

 ・名古屋帯(なごやおび)   大正時代に名古屋の女学校の先生が考案した女物の帯。
                    お太鼓の部分は並幅で、その他が半幅でつくられ締め
                    やすい帯です。
f0205317_2117504.jpg


・生紬(なまつむぎ)   完全に精錬を行っていない状態の紬糸を用いた織物。
                節が所々にあり味わい深い。


・女房(にょうぼう)       朝廷に仕える女性。

・能登上布(のとじょうふ)   能登地方一帯で生産されている麻織物。 能登縮身
                   (のとちじみ)・阿部屋(あべやちじみ)とも呼ばれている。
                    白絣・紺絣・縞・無地     石川県無形文化財
f0205317_10305069.jpg
                  



「は行」
 
・八掛(はっかけ)  すそまわしのこと。身頃・裾に四布、おくみに二布、衿に二布
                    合わせて八布を袷のきもの裏に使ってます。

・八寸帯(はっすんおび)  芯を入れずにお太鼓部分と手先をかがってある。                                     
                              袋名古屋帯のこと。
 
 ・鳩羽色(はとばいろ)      鳩のはねのような、黒味ががかった薄紫色。

 ・半幅帯(はんはばおび) ゆかたなどに結ぶ、幅が半分(約15センチ)の帯。
f0205317_0254669.jpg

 ・紅型(びんがた)   沖縄で生産され型染め(後染め)色・柄が明るくのびやか。

f0205317_10445522.jpg

 ・ふくら雀(ふくら雀)  明治時代からある振袖のお太鼓系の帯結びで格調がある。
                                       
f0205317_7334453.jpg



「ま行」

松葉仕立て(まつばじたて) 名古屋帯の仕立て方の一つ。
                  手先だけ半幅に折る仕立て方法。
                  前帯幅の調節が可能(背の高い人にも向く。)

・前壷(まえつぼ)  草履・下駄の鼻緒の前の鼻緒の穴、または前緒のこと。
f0205317_10224548.jpg


万筋(まんすじ)   細かい縦縞の江戸小紋。二色の糸を経糸(たていと)
               二本ごとに並べ、交互に織ってある経縞(たてじま)。      

・身丈(みたけ) 身丈=身長  頭の分の長さがオハショリ。

 ・身八つ口(みやつくち) 子供や女物の着物の袖付け下に続く身頃脇のあいてる所
                   (13~ 15C)。

紅絹(もみ)  紅に染められた無地の平織り、袖の裏や胴裏に使われる。



「や行」

 
 ・八つ口(やつくち)
  身八つ口ともいいます。衿・身頃の両脇・両袖脇・両袖口すそなどの
               8ヵ所のあきのこと。
 
 ・矢絣(やがすり)  矢羽根の模様を表した絣。
f0205317_19182199.jpg

・裄(ゆき)       きものの寸法で、背縫いから袖口までの長さ。             

・湯文字(ゆもじ)   女性の下着

・冠(ゆるぎ)     帯〆で真ん中に1本の溝のあるもの。

・横一文字(よこいちもんじ) 結ばずに作る帯結び。平らで崩れにくい。
         
f0205317_1325923.jpg

・よろけ縞(よろけじま)   よろけたような表情の縞でやわらかい感じがする。
f0205317_029549.jpg


・読谷山花織り(よみたんざんはなおり)  沖縄の読谷山で織られる独特のデザインで
                           南方から伝来したらしい。昔は読谷村以外の
                           住人しか着用来なかった。
    
f0205317_23391034.jpg





「ら行」
 

 ・ 琉球絣(りゅうきゅうがすり)  沖縄本島の南風原で織られ、生活道具・自然・動物など
                       を 図案化した独特の模様。
f0205317_2132577.jpg

 ・絽(ろ)   縦糸と横糸を絡ませて織った透き目のある絹織物。(夏物)

 ・六通柄(ろくつうがら) 帯の長さの6割に柄がついて、無地の部分は帯を二巻きすると
                見えなくなり、価格的にも割安になります。 



「わ行」 

 ・輪奈(わな)   表面がループヤーンでおおわれている織物。    











      
by kimonokinuka | 2009-05-05 18:33 | ことばの引き出し