カテゴリ:“きもの” 恋綴り( 852 )

櫛。。。

日本画の中のべっぴんさんを眺め

髪とかんざしの美しさに、うっとり!




f0205317_10435013.jpg



櫛は、飾りとして挿す場合と、衛星

用具としての使い道があります。

過っては、ノミ・シラミ・フケなどを
り、除く道具でもあったが、洗髪
の普及で、衛星用具の役割が減少、
ヘヤブラシで、髪をとくことが、多
くなった!


古来日本は、櫛は別れを招く呪力
持つとされていた。現代でも櫛
をギフトや、貸し借りをためらう人
は少なくないです。


一方では、頭に挿す魂の宿る飾り
ものを、自分の分身として旅立つ
人に手渡したそうです。

髪は女の命、髪飾りに託す思い
は、いじらしい。。。

。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

台風様、おいたはご遠慮くださいませ。

衣香(KINUKA) 糸賀文音





by kimonokinuka | 2018-08-08 10:46 | “きもの” 恋綴り



京都・八坂神社の献茶式に参加した

元受講生からの、報告です。。。

夏きもののまとい方を、先月学びに

来ておりました。




f0205317_07280068.jpg



この日の京都は、38度・・・。

町が沸騰してしまうのではないかと

思われたそうです。

さらし補整のお陰で、きものに汗がし

みることもなく、想像以上に快適だっ

た!!  と。

宿に姿見がなく、全身が見えず苦労し
ようですが,事前のお稽古で

京都のお茶会に、引け目を感じることな
く、過ごせたそうです。。。

衣香で学ばれた方々、ご遠慮なく着付け

相談してくださいね。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

異常な暑さ、気を付けたいですね。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-19 07:34 | “きもの” 恋綴り



ある日傘を失くしてしまいました・・・。

自己申告ですが、物への執着は薄し。

でもその傘は好きで、ご帰宅希望を

天にお願いいたしました。 

「小願成就」 感謝だす!


傘追う心情の中で、日傘の俳句が目

に、留まりました。


―あひみての後の日傘をひるがえすー




f0205317_10191945.jpg




大正の末にご誕生された中尾杏子さ

んの句です。

こんな感じなのかしら?

逢瀬の後の別れ際に、さっと日傘をひ

るがえしたのは、お別れをお伝えし
かった。


こんな夢想も。。。

年代的にお召し物は、きもの、それも

透け感のある夏きものに博多帯、そし
て白い日傘に思いを託した?

(誤読でしたら、申し訳ございません。)


私の白い日傘は、ひるがえらず、お戻
りくださいました。

うれしい限りです。。。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

今日も、笑うことがたくさんあると

良いですね。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-04 10:33 | “きもの” 恋綴り

帯には人柄が:笹島先生



私は笹島寿美先生の、「帯への思い」が、

好きです。。。

ー帯には持ち主の人柄が表れます





f0205317_05144335.jpg





著書「笹島寿美の一人でできる着付け
入門」(世界文化社)で。。。



先生はお客様に帯を選ぶお仕事もされ
ていらした。

「みなさん本能的に自分の分身であるも
のを選ぶ力がある。
        ・
        ・
選んだ1本は、不思議なくらいいろいろ
きものに合う。」

そんなことが、書かれていました。

自分の目では直接は見えない背面に、自
分の思いをおいているなんて。。。

帯と背面、えもいわれぬものがありそう!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

サッカー日本チームの敗退が・・・。

ドキドキ、ハラハラ、ワクワク、
たくさんの感動に、感謝です!

お疲れさまでした。

糸賀文音








by kimonokinuka | 2018-07-03 06:21 | “きもの” 恋綴り



間抜けなお話だす・・・。

宇野千代さんが好きで、ネット検索、

「生誕120年 宇野千代展

―華麗なる女の物語」 

と出てきて、あわてんぼうのあたくし

風光明媚な港の見える丘公園の、一
にある横浜近代文学館へ、参上!


なんとそれは昨年の催しでした(大汗)
「また、やってもうた!」 



中華街から近代文学館までの景色。。。

しょうしゃな建物のそばで、たたずむ
自然が、優しさをくれました。






f0205317_07194385.jpg


宇野千代さんのお言葉。。。



「着物ほど、単純でありながら、あらゆる
年齢の人を美しく装ってくれる衣装があ
ろうか。日本が世界に誇れる最高の衣装
であると私は信じている。」



また、宇野さんの生き様を、こんな風に
表している文章を、拝読したことがあ
ります。

「恋愛の武士道を貫いたでしょうか。」

武士道魂、素敵!












秘書の方のお言葉が、心を往来している!

「きものの着方に対する発想は、とても自
 由なものがありました。」




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

愛逢月になりました。宇野さんを連想
してしまいます。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-02 07:34 | “きもの” 恋綴り

愛しきものたちへ



夏帯を買うたった。。

丸が好きな私の前に、現れた帯は

夏から秋への変わり目、

『行き合いの空』の頃には、恋心は
っと、太っているかしら。。





f0205317_06025723.jpg





お慕い申し上げているものが、まだ

あります。「お茶の木」がほしいと、つ
ぶやいたら、苗木が飛んで来ました(笑)






f0205317_06073931.jpg




来年は茶葉の天ぷらや、お茶が作れる
のかしら?
 (ワクワク!)

家人が、可愛がってくれるのですが、

「子供と植物は、手の掛け過ぎはNG!

などと憎まれ口を、たたいております。


もう一鉢、

「金のなる木」、数年前一枚のこぼれ葉

が、大きく成長しました。凹んだ時はこ
の木の頑張りから、元気をもらっていま
す。。




f0205317_06124257.jpg





「お茶の木」「金の生る木」ともに360

立ち姿が、綺麗!


愛しいのまあるい帯も、どこから見ても
美々しく結びたいと思います。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。

たくさん笑いましょう。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-01 06:30 | “きもの” 恋綴り

スカーフ帯揚げ。。。



ショッピングの目的は、洋服でした。
おかしいこと、行きついたところは
「和」でした(笑)





f0205317_07231740.jpg




目に飛び込んできたのが、スカーフ!
『これて、帯揚げにならないかしら?」
写真の素材は、ほとんどが絹。。。


物買う際の決断は速いのですが、今回
は時間がかかりました。

同じ目的の方がいらして、盛り上がり!
お母様がきものに造詣が深く、楽しん
でいらしたそうです。

そのひとつが、帯揚げ。。。
美しい色や模様の出し方や、オリジナ
ルな工夫を。。。


数年前に、スカーフ変身帯揚げに気付
かれて愛用、目を輝かせていらっしゃ
いました!


写真のスカーフは、私のきものコーデ
ィネイトの一部として、活躍してくれ
そうです。


ちと、幸せ。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。
お暑いですので、ご自愛のください。
糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-06-30 08:21 | “きもの” 恋綴り

朱夏の帯。。。



好きなことばのひとつ。。。

「朱夏(しゅか)」


五行思想では、赤色を夏に配することから
夏の異称。夏にぴったりの色に思えます。

人生の30代~50代前半を、朱夏と表す!

一番、忙しい時期でした。
30代・40代はほとんど、きものをまとうこと
もなく、子育て色・介護色、そんな中での暮
らし、今、振り返れば、朱色だった 。。。






f0205317_06331042.jpg





朱夏の次の年代の色は 「白秋」
今の私は、何色なのかしら(笑)

朱夏を漂わせてくれる、帯があり!

私的には、「朱夏の帯」


いつか、きっと、大事な日に、締める。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。
綺麗なお空です。
気持ちも、お空にあやかりたい。。。
糸賀文音





by kimonokinuka | 2018-06-29 07:04 | “きもの” 恋綴り

「香魚」の帯。。。



小鳥のさえずりが聞こえ、耳さやか。。。
日本語は美しいと、思うことがよく
あります。


「香魚」 
鮎のことで、寿命が一年の、「年魚」
帯に置き、初夏を楽しみたい文様で
もあります。



f0205317_06574355.jpg


オリーブ色の背中の鮎が、水面で光ながら
飛びはねる姿は、美しい。。。
そして、鮎は西瓜のような良い香りがする
ので、香魚とも呼ばれるそうです。



ちなみに季語の世界では、
鮎         夏
若鮎・小鮎     春
落ち鮎・下り鮎   秋
氷魚(鮎の稚魚)   冬


香魚の帯、いつか私のところに、お出まし
くださるかしら?



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。
よい週末をお過ごしくださいませ。
糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-06-23 07:26 | “きもの” 恋綴り



可笑しくなるくらいヘマを、2回(涙)
今朝、99%書き上げたブログの投稿に
失敗! その後再度挑戦、それも成就
せず、もう文章を覚えてた私、3度目
の挑戦だす。


夏でもあまり汗を、かかなかった私が
近年汗と仲良しに・・・。さらし補整
をしていますので、きものの身頃は大
丈夫、袖口の汗ジミはに目が離せない!
汗ジミが消えないきものを、染変えた
が思い描いた色にはならず、箪笥に寝
かせております。






f0205317_14223207.jpg






夏はゆかたのお着付けで多忙、そんな
なかでの選択肢は「洗えるきもの」。。。
お手入れが簡単! 暑いのでは言われ
るのですが、私には許容範囲です。


私が選んだ洗えるきものは、

・仕立ては、マイサイズ
・量産出来る洗えるきものは販売店の位
 置や数に配慮がなされているとか、私
 は同じ
きものに出会ったことはありま
 せん。
・既製よりは、少し割高です。



夏を小ざっぱりと過ごすためには、
「洗えるべべ」に助けられおります。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援ぽちっとありがとうざいます。
今日が皆様にとって優しい1日で
ありますように。
糸賀文音




by kimonokinuka | 2018-06-22 14:30 | “きもの” 恋綴り