カテゴリ:“きもの” 恋綴り( 875 )



8/14ご紹介しました「兵児帯結び」思いもよらず

好評でした!

練習用に求めた化繊素材の帯でしたが、突然の

雨にも対応できるので、外出によろしいのではと

結んでみました。




f0205317_05533650.jpg



今夏は心を決めた 「夏の暑さにも負けず」。。。

おしゃれ着は、化繊と。

絹物は袖口の汗ジミが、悩みの種で長年まとっ

ていると、変色!

思い切って染め変えを、微妙に好みではない色

に仕上がり、冬眠きものと化した・・・。


顔に汗をかかなかった私が、汗と親友に(凹笑い)

下着・補整さらし・長じゅばん・きものなど、帰宅後

即洗濯、気持ちの良いこと!

半衿付けに追われていますが、針を持つのも老化

防止???


もうお空は「ゆきあひの空」 秋近し。。。

「けっぱれー!」


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

今朝は、青空と白い雲が素晴らしい!

皆様にとって良い1日でありますように。

衣香(KINUA) 糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-08-16 06:04 | “きもの” 恋綴り

兵児帯で、遊ぶ。。。



兵児帯を、大人っぽく結んでみた。。。

お稽古や、落語会にも、一緒でした。




f0205317_07134644.jpg




椅子がして、つぶれても後ろに手を

まわしてふくらますと、ふくれる()



兵児帯に帯締めのみ、

体がラクで、暑い時はうれしい結び!



兵児帯を愛でる私なんか、想像もしな

かった。


しばらく、深夜の兵児帯結びは、続きそう!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

今朝の空の美しさ、美味。。。

衣香(KINUKA) 糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-08-14 07:21 | “きもの” 恋綴り

香り。。。


ものいわぬ「香り」。。。

疎遠になってから、久しい。

香水の空き瓶がお出まし。

気付いたことだす(笑い)


室内の香りには、気遣うのに

香りをまとうことは,失念・・・。





f0205317_08013428.jpg




着付け師になって、香り・マニ

キュア・口紅は、注意せねばな

らぬこと。

そんなこんなで、「香り」まと

わぬ私がおります。


優雅で教養深い「香道」の世

界には足を運べませんが、

私流に香りさんと、復縁しよう

かしら?


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

今日も、たくさん笑っちゃいましょう!

衣香(KINUKA) 糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-08-10 08:09 | “きもの” 恋綴り

帯創作の楽しさ:秋の声


事務処理に追われ、苦手なパソコンと

にらめっこ、もう寝ようかしら?

台風情報を気にしながら、手は半幅帯

を、握っていました(笑)




f0205317_06421529.jpg




無限に咲く帯結び!

特に半幅帯は、帯花を咲かせやすい!

背面を演出してくれる花々は、愛おしく

勝手に名前を付けては、楽しむ。。。


無限に出来るだろう帯結び、想像するだ

けで、身が跳ねる!

「創作する」とは、なんと贅沢なことか。。。


その名は、 「秋の声」



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

まだ、台風の動きが気になりますね。

衣香(KINUKA) 糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-08-09 07:23 | “きもの” 恋綴り

櫛。。。

日本画の中のべっぴんさんを眺め

髪とかんざしの美しさに、うっとり!




f0205317_10435013.jpg



櫛は、飾りとして挿す場合と、衛星

用具としての使い道があります。

過っては、ノミ・シラミ・フケなどを
り、除く道具でもあったが、洗髪
の普及で、衛星用具の役割が減少、
ヘヤブラシで、髪をとくことが、多
くなった!


古来日本は、櫛は別れを招く呪力
持つとされていた。現代でも櫛
をギフトや、貸し借りをためらう人
は少なくないです。


一方では、頭に挿す魂の宿る飾り
ものを、自分の分身として旅立つ
人に手渡したそうです。

髪は女の命、髪飾りに託す思い
は、いじらしい。。。

。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

台風様、おいたはご遠慮くださいませ。

衣香(KINUKA) 糸賀文音





by kimonokinuka | 2018-08-08 10:46 | “きもの” 恋綴り

ゆかたの花の、真っ盛り!

半幅帯が、大活躍です。

結びのプロセスの、ひとつ

先ずは前胴帯で、遊ぶ!





f0205317_06480590.jpg




お好みを伺って、写真の

ような「前化粧」を。。。

二度と同じものが、出来ない

場合も、あり(笑)


このお遊びで、緊張感ほぐれ

お客様との、距離が狭まる!

結びおわると、「後ろ化粧」を

鏡や携帯での写真で、ご確認。。。


お喜びの声が、聞こえると

「やったぜ!」

隠しきれない下衆なアタクシの
ご登場・・・。
(もちろん、心のなかだす)



お客様に心地よいお着付けをして

差し上げたい、そんな気持ちで

深くて、長い、 きもの道を
今日も、牛歩。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

台風が気になりますね。

衣香(KINUKA) 糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-08-07 06:55 | “きもの” 恋綴り

腰紐をたたむ。。。


昨日のブログに、「べっぴん腰紐」の
ことを、書かせて頂きました。。。
「五角形」にたたむ!

こんな感じです。




f0205317_04084372.jpg




実際は、ピンチなどは使わずに、
掌の上で、クルクル巻いています。
巻く作業と、写真撮りが同時に出
来ずに、ピンチをピンチに助けて
もらいました。


あまり神経質にならなくとも、巻
けるようになります。



腰紐も美しい色合いのものがありま
す。見えない所に,贅を極める!
長じゅばんと腰紐の色合わせなんて
達人の世界。。。


杉田久女さんの句、


「花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ」


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
応援・ぽちっとありがとうございます。
夏バテなさらぬように、ご自愛くださいませ。
糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-08-03 04:48 | “きもの” 恋綴り

腰紐のお話。。。


お着付けの現場に集まる「腰紐」は
様々・・・。

モスリン・絹・化繊などが多く、きん
ちのご登場は、少ない!
他に、涼しい麻、サッカー地の腰紐が
あります。







f0205317_07155085.jpg






腰に締めるものは、ゆるみにくいもの
を選びたいです。。。



絹の紐は滑りがよく、引き抜く紐には便
利ですが、高価。保存状態が悪いと細紐
なってしまい、
胸紐には、痛そう・・・。


化繊の紐は、ゆるみやすい!


それぞれの腰紐に、長所も短所もあり。





使用後の紐は,五角形にたたんでおくと、
「べっぴん腰紐」で、いてくれる。。。






f0205317_07240910.jpg



モスの腰紐に絵を描き遊んだ時期も
ありましたが、今はさらに不器用に
なり筆を持つことは、皆無です・・・。

こんな小さなことでも、気持ちは高
揚して、こころ弾む!

小さな幸せです。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
応援・ぽちっとありがとうございます。
たくさん笑いましょう。。。
糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-08-02 07:43 | “きもの” 恋綴り

却下照顧(足元)。。。



「却下照顧」というむずかしい言葉が

目に留まりました。

禅では、他人に向かって、理屈を言う

前に、まず自分の足元を、見て自分の

ことをよく反省しましょう、という意味
だそうです。





f0205317_09145238.jpg




きものには、足袋が相棒。。。

歌舞伎・能狂言・日本舞踊・茶道などの

足の運び、足袋の色に、目がくぎづけ。。。

修行を積まれた方々の足は、お見事!

禅語の「却下照顧」の意味を、謙虚に
け止め,努力いたします。


また、美しい足運びは出来ないので
すが、せめて、清潔で足にあった足袋
を、愛でたいだす!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

異例台風に驚かされました!

被災された方々にお見舞い申し上げます。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-30 09:29 | “きもの” 恋綴り



驚かれるのが、猛暑の中さらし補整
を、していること。・・。。

毎夏、このさらしを暑苦しいと思っ
たことはなく、汗を吸い取り、長じ
ゅばんやきもを、も守ってくれてい
て、感謝しています。。。


縁の下の力持ちが,もうひとつあり。
「肌じゅばん」
笹島先生が考案された、背縫いのあ
る、丈の短い優れものの襦袢です!






f0205317_06003152.jpg



素材は、木綿さらしで、自分で縫い
通年同じ素材のものを使っています!

肌じゅばん・長じゅばん・きものの
背縫いが、重なる素晴らしさ!


猛暑も、きもので闊歩しています。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
応援・ぽちっとありがとうございます。
台風の動き、気になりますね。
糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-07-29 06:21 | “きもの” 恋綴り