カテゴリ:あったか空間( 629 )


お墓参りをすませ、久しぶりに兄弟と会った!

昔から仲良しで、上の二人は慈悲深く仏様のよう。

下の二人は昔も今も、甘え坊。(私下の組員だす。)


変わらぬ凸凹な子供たちを、あの世の両親は、笑
っていそう? それだけだはない・・・

大分前にある方が、私に

「親の徳積みの恩恵を受けている。」 と教えてく

ださった。

思い当たることが多々ありて、感謝しております。



数珠のように連なった 「命」

縁あり、親子や兄弟になった尊い関係である。。。

甘え組返上して、そろそろ慈悲深いおなごにな
らんと、アカン!


そんなこんなの気持ちになった昨日。。。
今朝パソコンにたたずむ、手書き帯に、目が行く。

ただひたすらに

「笑顔の私に会いたい!」

そんな思いを芯に持ち、描き続けた。




f0205317_10024446.jpg




苦境をバックで静かに見ていてくれたのは、慈悲&

え坊の兄弟と、その連れ合いだった。。。

思いやりは、忘れてはいない!

「あ・り・が・と・うー」


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

2歳の坊やちゃん、無事に保護されましたね。

安堵。。。

そして、終戦記念でもあります。

衣香(KINUKA) 糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-08-15 10:06 | あったか空間



半年以上も前からのお約束の 「柳家三三落語会」 へ

行ってきました。




f0205317_07013789.jpg




落語家さんの粋なきもののコーディネートやお着付けを

拝見できるのが、たのしみのひとつです。

指の動き方、扇子や手ぬぐいの使い方、おひとりで何役

もこなされる時の目の動き、顔の向き。また女性を演じら

れる時は、目が点に、なり候!



・演目 「幾代餅」

日本橋馬喰町のつき米屋の奉公人・清蔵は、吉原の花魁・幾

代太夫に一目ぼれ!

逆玉の輿のようなお話で、この二人は結ばれ、「幾代餅」を

売り出した所、大評判になり名物に。ふたりは末永く幸せに

暮らしたとさ。。。

たくさんお腹の底から笑いました!


度々落語会では、女優の浜美枝さんをお見掛けします。

伝聞ですが落語がお好きとの事でした。美しく年齢を重ね

られたお姿が、落語と同じくらい心に残りました。。。


夕刻の小田原城付近は、まだこんなに明るかったのですが



f0205317_07074380.jpg






終演後は真っ暗、なぜか心地良い風のご登場、導かれ帰宅の途に。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

夏バテされぬように、ご自愛ください。

衣香(KINUKA) 糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-08-13 07:15 | あったか空間


葉月の到来。。。

この時期、毎年「命」に、ふれる私がいる。

母との永遠の別れ、自分が母となった月

夏祭の思い出が教えてくれた父の優しさ
二度の原爆投下・・・。   
そして、お盆。

数珠のように連なった 命。。。

命の大切さを思い、ご先祖様に感謝し、一
緒にいる気持ちになります。




f0205317_09230108.jpg




以前、笹島寿美先生が

「きものをやるために、生まれてきた!」 と

おしゃってくださった。私が生まれ育った環境

は、男女ともに職業ではなく、日々の暮らしに

普段着のきものを、自然体で愛でていました。  

(時代背景もあったかもしれません。)

ご先祖様、命、そしてきもの。。。

そんな葉月と、今年も、共歩き!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

お暑いですが、ご機嫌よくいらしてくださいね。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-08-01 09:29 | あったか空間



京都で心惹かれるものの、ひとつに

花街の提灯あります。。。

「五つ団子」の上七軒の提灯は、シン

プルで垢抜けした素敵なデザイン!

(お団子5ケ゚×2)





f0205317_06344610.jpg



室町時代に北野天満宮の一部が焼失!

再建の資材の残りを使い、七軒の茶店

が建てられました。

桃山時代の大茶会で豊臣秀吉に献上し

た「五つ団子」が、気に入られたことが

提灯の由来だそうです。。。

昔から丸が好き!

自分に丸さがないからだと思います。

色もデザインも、大好き!

こんな提灯ほしいけれど、、仕舞屋だし、
軒なし、上七軒の住人ではないし・・・。

「あきまへんな。」




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

応援・ぽちっとありがとうございます。

青いお空に、白い雲、気持ち良いです。

衣香 糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-31 06:49 | あったか空間

日々紡ぐ。。。


炎暑をおしての外出!

「暑い!」という言葉は、ほかし。友と

竹を原料としたムレにくい長じゅばん

の話などを、する。。。


「さおー、竿竹―。」

久しく聞いていないが、竿竹屋さんに

今、本当の竹竿はあるのかしら?





f0205317_08035874.jpg




かっては家の中に、竹製品は沢山あっ
た。ちょうちんにも細い竹ひごが使わ
ぺちゃんこになる!そうそう、お肉
さんだって竹皮で包装、仕上げに細
竹紐で結び、お肉を手渡してくれた。 


ある友は、庭の竹で食器(皿・コップ・箸)

を作り、おもてなしをしている。。。


前出の友は、15年くらい前に、きものとし
てまとえないものを、洋服に変身させ、新
品の如く、べっぴんに保っていた!

手入れを怠らず、大事に共歩き。。。


自分らしく暮らす友たちは、小さな喜びを
日々、紡いでいます。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

どうぞ、ご自愛くださいませ。

糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-07-26 08:39 | あったか空間


港町横浜にある「横浜開港資料館」を
ちょこっと、お尋ねいたしました。。。

今年は「戊辰」の年、慶応4年/明治元
年から、150年周年になるそうです。




f0205317_08532601.jpg




150年前は激動の一年のようでした。
会場には多数の歴史資料が陳列され
中庭にはハマの生き証人、たまくす
の木が大きくたたずんでいました。






f0205317_09150273.jpg




明治以降、横浜は生糸貿易の発展に
伴い著しい成長とげた。。。


関内・山手には、外国人居住地があ
った国際都市でしたが、1923年
の関東大地震で、破壊的な被害を受
けて、再出発を、余儀なくされた!









f0205317_09123358.jpg




異国情緒のある横浜の歴史を
垣間見て、横浜がもっと好き
になりました。

汽笛が、耳うれし。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
つたないブログにお付き合いくださり
重ねてお礼申し上げます。
「笑顔」でいましょう!
糸賀文音








by kimonokinuka | 2018-07-25 09:46 | あったか空間



大分前に結婚式参列の打診を頂き

快諾しておりました。なんと招待状

には、参列者のまとい衣は、「白」!!

 

白いきもの&帯ござんせん・・・。

問い合わせをいたしましたら、

「白いブラウスはありませんか?」

との、ご回答がございました。

(クックク、、ドレスコードの判断ミス
 かなー。)


きものは縫えませんが、簡単なワン
ースなら、作れる気がして,デザイ
ン、
あれこれ脳裏を駆け巡る。。。

が、

今、あたしゃ忙しいんだわ!


寝不足と加齢で、破壊したお顔は救
手だてなし、状態 (トホホ)

私に住まう悪魔のささやき、、、

「破壊顔に目立つ衣、やめなはれ!」


3年間結婚式をあげなかった間に、こ
んなにかわゆい双子ちゃんが、舞い
降りて来ていた!

このふたりが、悪魔祓いしてくれそう。。。





f0205317_11300237.jpg




私も白い衣で、楽しんでまいりますW。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。

今日も機嫌よくいましょう!

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-24 11:52 | あったか空間

好物話。。


今朝目覚め、頭に浮かんできたのは
与謝野晶子さんの




f0205317_08510754.jpg





いくつになっても、自分の生まれ
育った故郷は、好いものですね。

海を愛した乙女は、明治~昭和を
生き抜かれ、情熱的なお歌を詠ま
れ、女性の地位向上にも、とり組
まれたそうです。。。


「海恋し潮の遠鳴りかぞへては
 少女となりし父母の家」


中学時代に暗記したお歌で、時を
経た今も、心にあたたかく響く。。。


お写真の与謝野晶子さんは、きも
のも洋服も、どちらもお似合いで
素敵でした。


最近は男女ともに、おしゃれで、ど
ことなく、心優しい方が好きです。。。

何かに打ち込んでいる方も、好き!


今朝は、好物紹介になってしまいま
した。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。
とりとめのないお話で申し訳ございま
せん。 ご自愛のほど。
糸賀文音


by kimonokinuka | 2018-07-23 09:33 | あったか空間

お盆と帯。。。


私事で少し忙しく、近年参拝させて頂いて
おりました靖国神社の「みたままつり」は
失礼申し上げました。心の中で尊い命を捧
られた方々への、慰霊を。。。




f0205317_06173606.jpg




旧盆の地域で生まれ育ち、8月のお盆が身
に付いていて、この時期はきちんとご先祖
様へ心を向け、感謝しております。

こんな可愛い俳句、富安風生さん作です。

「女童お盆うれしき帯を垂れ」


兵児帯かしら?  うれしさの訳は、

  お盆で親類縁者が集まった?
  新しいおべべと兵児帯?

お子の、はしゃぐ声が聞こえます。。。


兵児帯は、後ろで両輪奈(わな)に結んで締
める帯です。薩摩では、しごき帯を兵児帯
と呼び、東京で一般化したのは、明治時代
だそうです。


私にとってお盆は、命の大切さを再認識さ
せてくれる時期でも、あります。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。
お暑いですので、ご自愛くださいませ。
糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-17 07:15 | あったか空間



目覚めの時、ふと浮かんだのは井上陽水さんの

「少年時代」、 歌詞のなかの「風アザミ」は、陽

水さんの造語とか。夏が来ると「かぜアザミ」に
その時の心情を、重ね戯れておりました。。。





f0205317_09120983.jpg





夏の懐かしい思い出には、

・手花火 ・蝉のBGM ・お祭り ・風鈴 ・ウチワ

・ラジオ体操 ・行水 ・お盆に乗せられた切られ

西瓜 ・かき氷 ・遠くから聞こえる豆腐ラッパ

ラッパは夏だけではないが、懐かしくて、つ~い。



幼い頃は、平凡ではあるが、温かい暮らしがあっ

た! このやわらかな思い出と、ゆかた。。。

我が家ではお風呂上がりのゆかたは夏限定では

なく、父などは冬でもきものの下に、ゆかたをま
っていました。


母が縫ってくれたゆかたに、兵児帯、下駄で、駆け

ずり回ていた幼い日があった。その後兵児帯は博
多の半幅帯での文庫結びへと、バトンタッチしてい
った。


今日のように、ゆかたはおしゃれ着ではなく、ささ
かな日々のなかで、存在していました。。。。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
応援・ぽちっとありがとうございます。
風鈴の音は、心が和みます。

糸賀文音



by kimonokinuka | 2018-07-10 10:05 | あったか空間