久しぶりの笹島先生の                                  f0205317_0473289.jpg
お稽古でした。
笹島先生は
たのしい授業のなかに
目に鱗ものの知識を
あたえてくれます。
生き字引のような
“きものの神様”ような
偉大な存在です!







f0205317_0562681.jpg


お稽古仲間に
きものと帯の
着付けをしてもらいました。
銀座結びです!
自分の着付けとは
一味違い新鮮で
うれしくおもいました!
帯もお太鼓のときと
銀座結びでは
表情がちがい
おもしろいこと
今夏は銀座結びで
闊歩してみようかしら?


by kimonokinuka | 2009-07-29 00:47 | きもの日記

きいろさん

                                     f0205317_15172843.jpg
きいろさん(仮名)のお家の
可憐な花たちです!

きいろさんは
才色兼美でパワフル
おんなであることに
逃げ場をもたず  
スッキリしている。
独立した価値観をもつ
大人のおんな!


                                    f0205317_15253154.jpg




おもろい逸話を
たくさんもっていて
あきない
摩訶不思議な人。









f0205317_15364654.jpg




借り物ではない
自分の知識や
知恵をもっている
すばらしい人です。
ご縁に感謝しています!


by kimonokinuka | 2009-07-14 15:18 | あったか空間

7月12日 (日曜日) ☀

f0205317_1758063.jpg
実家の長持の中にあった
男もののきものを
仕立て直しました。
呉服屋さんが
「気にしないでね、
ぶんちん絣ていって                                               
刑務所で織られたものです。」
貴重な文様かもしれません。
気にせずに着ています!



f0205317_17285241.jpg

きものはぶんちん絣
帯はからむし
帯揚げは絽の白とピンクのぼかし
帯〆は夏物ではなく細目のもの





f0205317_1863013.jpg
by kimonokinuka | 2009-07-12 17:11 | きもの日記

f0205317_23421418.jpg

所用で鎌倉へ
小町通りによってきました。
目を楽しませてくれるものが
たくさんありました!
時のすぎるのを
忘れてしまいました!







f0205317_23431255.jpg

きもの  生なりによろけ縞
おび   白の八寸帯
帯〆   陶器の帯止め
帯あげ  絽のグレイ
バッグ  紅型染め






f0205317_23233899.jpg


軽くって
色合がすてき
洋服の時も
愛用しています!

by kimonokinuka | 2009-07-09 23:14 | きもの日記

                                                     f0205317_8551010.jpg
紅型染めをたのしみ                                                       帰宅後、
きものを着ました。
                                         
染めもののときも                                                         きものでとおもいつつ
お稽古場まで
2時間半かかること  
ラッシュの電車は苦手!
きものでは・・・


                                                      f0205317_13294521.jpg





言い訳をしながら
甘んじています。
長い割烹着をかけて
紅型をそめてる私
う~んいいかも
がんばり~や!






f0205317_8592197.jpg



きもの  琉球絣 (藍染め)
帯    麻の名古屋帯 
          (白地)
帯揚げ  絽 (グレー)
帯〆   夏用ではなく
      細めのもの(水色)

by kimonokinuka | 2009-07-08 22:18 | きもの日記

七夕の着付け!

七夕は毎年
日本橋界隈で                              
笹島寿美先生を中心に
ゆかたの着付けを                                          f0205317_0131063.jpg
やらせていただいてます。

私は小伝馬町の銀行で
開店前の行員さんたちに、
男性も帯結びのなどの
着付けの知識をちらほら
うれしい限りです。

それにゆかたと帯の
コーディネイトもお上手!
やっぱり、日本人ですね
よくお似合い・・・

笹島先生と私(右)です。


着付けが終わると                                                        たのしい抽選会が
あります!                                          f0205317_0153749.jpg
いつもジャンケンと
くじ運はおどろくくらい
弱いです。
でもほしかった
可愛い計算機が
あたりました。
感謝です!

美味しい昼食を
いただきながら
たのしいおしゃべりを。

笹島先生は
藍染めのゆかたでした。

by kimonokinuka | 2009-07-07 23:27 | “きもの” 恋綴り

                                            f0205317_17213615.jpg

麻の織り物きもの
長襦袢(絽)
蟹柄の名古屋帯
草履(柿渋染め


7月5日の半巾帯と
今日の名古屋帯では
同じゆかたでも
雰囲気が
違いますでしょう!
一枚のきものでも
いろいろあそべますね!




f0205317_17495648.jpg











f0205317_17484598.jpg
by kimonokinuka | 2009-07-07 17:21 | きもの日記

7月5日 (日曜日) ☁

             
f0205317_10534090.jpg 

朝から多忙。
でもゆかたを
きてみました!

半巾帯
帯結びは
貝ノ口             
by kimonokinuka | 2009-07-06 10:15 | きもの日記

私が日々の生活の中で着ている
きもの・帯・小物などを 
日記風に綴って 
いきたいとおもいます。 


                        f0205317_0131552.jpg

きものは
小千谷絹縮(きぬちじみ)                             雨に弱い
帯は化繊の夏帯
帯〆・帯揚げは
サーモンピンク





                         f0205317_1545039.jpg 








                                 
                                                          


f0205317_224780.jpg











                                                       
by kimonokinuka | 2009-07-04 00:15 | きもの日記

「半夏生」は新暦では夏至から11日目の7月2日頃にあたるそうです。
半夏はもともと仏教僧が陰暦の4月16日~7月15日までの3ヶ月間を
修行した中間の日をさすこ言葉でした。その頃に咲く烏柄杓(からすび
しゃく)を半夏とよび、烏柄杓が生ずる頃を「半夏生」というようになった
そうです。

烏柄杓の
苞(ほう)の部分を                f0205317_1414749.jpg
烏が使う柄杓(ひしゃく)に
みたてたそうです!

別名  「狐の蝋燭(きつねのろうそく)」
     「蛇の枕(へびのまくら)」

by kimonokinuka | 2009-07-02 13:52 | 季節のかおり