大根礼賛!

鎌倉で大根料理のランチをいだだいてきました。
箸置きが疎抜き大根で、小さくてかわいいでしょう!

f0205317_19364231.jpg


大根の漬物は 鎌倉ビール・砂糖・からし などに漬けたそうです。
あまりの美味しさに ビックリ !
牛肉をビールで煮たことがありますが、漬物は以外でした!
ぬかみそにビールを入れることありますね。

f0205317_1949611.jpg


ローソクみたいな風呂吹き大根 !
八丁味噌に柚子がはいり少し濃い目のたれでしたが、お見事!

f0205317_19563350.jpg


まだまだ出てきましたが 最高の絶品は 大根スープ!!!

同行のお若い友人は食通ですばらしい舌をお持ちの人です。
おいしさに驚いてました。
早速、友人宅の食卓に“大根料理”が並びそう・・・。

根菜類は体を温めたり、気を養ってくれる作用があるそうです。
これからの時期ピッタリですね。

大根さん、調理人さん 
「おいしゅうございました!」

by kimonokinuka | 2009-10-23 19:36 | あったか空間

菊日和には ため帯 で!

f0205317_22101894.jpg

笹島先生が珍しく花柄の帯を、きものは万筋の江戸小紋でした。
菊日和に菊の帯なんて心憎い演出を!

f0205317_22201050.jpg

何方かへのために描かれた帯のようで、こういう帯を 「ため帯」と呼ぶらしいのです。
先生の背中て温かさを感じますよね。
先生からは着付けだけでなく、形のない大切なものを無言で教えていただいてます。

f0205317_057477.jpg

こちらの方はお母様の素敵なおきものや帯で、愛おしそうにお稽古されてます。
谷崎潤一郎さんの“細雪”の世界のような美しく優雅な人です。
笹島先生の古希のお祝いにはお振袖にお太鼓で登場。
いつまでも心に残る華やかで上品な着姿でした!
重箱(たれの短い大きなお太鼓)のようなたっぷりとした帯結び。
おとなの色香を感じさせてくれます。
お母様の帯ではなく、一目惚れされた大好きな帯だそうです。
着られる人と帯との関係が相思相愛・・・。
この関係は心が癒やされ、満足感の残る贅沢なきものの楽しみになります。
私は高価なものは持っていませんが、本当に惚れ込んだきものを手元に置いておきたい。
そんな愛おしい気持ちできものをまといたい!

誰かのために、心をこめて巻いた帯は 「ため帯」とは申しませんよね?
愚問を御免あそばせ。

by kimonokinuka | 2009-10-19 22:10 | “きもの” 恋綴り

f0205317_1404063.jpg


受講生の十代のころのなつかしいの帯だそうです。
コーディネイトがしやすく、素材が紬で扱いやすいと思います。
大きな柄行が洒落ていて、あたたかい感じがする帯ですね!

きものはおばあさまの形見で、渋い深みのある一生ものの紬!
派手渋が上手にマッチして素敵な組み合わせ。
ご趣味の良いおばあさまに感謝ですね。

下の写真の帯もおばあさまの形見!
軽装帯で斬新でモダンな柄・・・。
素敵でお洒落なおばあさまだったんでしょうね。

f0205317_275931.jpg

本当にたのしい時間です!!!
ご一緒にきもののお話に花を咲かせませんか?
そして美しいきもの人になりませんか?


きもの好きの人 “この指とまれ
                 

       ご予約・お問い合わせは
       kinuka2009@docomo.ne.jp              
by kimonokinuka | 2009-10-17 01:41 | “きもの” 恋綴り

朝、知人から 「お茶飲みしませんか?」
やらねばならぬことがあったのですが、きものの話ができる。
いかねばならぬ、   即 O.K!
時 時間が・・・。
簡単に家事をすませ(いつものことなんですが)

きもの・帯・帯揚げ・帯〆選び ~着付終了まで
13分しかない
脳に指令!  「お嬢様 大丈夫ですよ。」
(顔に紅葉を散らしております。 許されて!)  
おだてられて脳が大活躍。
お約束の時間にセーフ。

きもの談義
たのしいこと。
いつもきものの話にはたくさんの花が咲きます。

「ゆっくり きもの召しませ。」が好きなんですが
「急いで きもの召しませ。」は脳の活性化に繋がりそう・・・。
「お嬢様、何事もあきらめずにがんばりましょうね!」


f0205317_165467.jpg

by kimonokinuka | 2009-10-14 23:20 | “きもの” 恋綴り

雨の日のきものは!

昨日はお天気がすぐれず、薄手のウールのきものでお稽古にいきました。
天候が不順のときに助けてくれるかわいいきもので
柄が大胆なのですが、15年以上ものおつきあいです・・・。
天気やT.P.Oを考え、絹・化繊・ウールを使い分けをしています。

f0205317_2281393.jpg


混んでいる電車などでは、雨ゴートを暑くかんじることがあるので
寒い時期でも薄手の雨コートをきています。
履物は雨下駄や草履カバー・雨対応の安価な草履などを活用・・・。

f0205317_22273159.jpg


受講生のきものと帯がよくあっていました!
きものの話をしているとたのしくて時をわすれます。

f0205317_23182284.jpg


f0205317_23144377.jpg


着付けを指導していますが、受講生からの学びの方が多いです。
受講生の前向きでニュートラルな考え方・行動力・勤勉さ
そして、おしみなくたくさんの情報を提供してくれます!

ありがたい出会いに感謝しております。
こころより

    ありがとうございます!

by kimonokinuka | 2009-10-03 21:37 | “きもの” 恋綴り

神無月  (10月)

紅葉だよりは、北国や標高の高い所から届きますよね。
うつくしく、よい香りのする紅葉を愛でたいとおもっています!

   暦
       寒露(かんろ) 10/8ころ   この季節に野の草花に宿る露。
       霜降(そうこう)10/23ころ   秋の終わり、霜が降りることから「しもふり」
                         とも。

   行事
       神嘗祭(かんなめさい)    10/15~17  
                         天照大神が高天原で新嘗を食されたという
                        「古事記」の神話に由来した伊勢神宮の大祭。

                        
f0205317_1619341.jpg
 

・その年にはじめて見た紅葉を           「初紅葉」 (はつもみじ)
・薄く色づきはじめた紅葉を             「薄紅葉」 (うすもみじ)
・秋の陽光をあび、照り輝いている紅葉を     「照紅葉」 (てりもみじ)

日本語は本当にうつくしいですね!

シンプルな生活のなかで
着物を上品にまとい
うつくしい言葉をさらりと・・・。

私の生涯のテーマかもしれません!     
        
 
     

by kimonokinuka | 2009-10-02 16:19 | 季節のかおり