<   2014年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

好奇心が強い受講生が、おもしろがって
「麻の葉」の柄であそんでいた。。。

f0205317_14425162.jpg

「麻の葉」のデザインの違い、柄の大小、
帯揚げが効き色になっている。
「麻×麻」
頭の中にかすめた、「しっこさ」は
打ち消された。。。


基本を守った着付けはに、清潔感があり
綺麗な着姿になっている!

色選び、柄合わせなどを重ね、取捨選択、
「私流の着姿」 をさがしていく。。。

 『楽しいね!』



「心と体にやさしい着付け」が、基本にあることが

わたくしは大切に思います。 (*^_^*)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
明るい日差しに、ほっ 🎶

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-28 15:29 | お稽古風景


ある日のお稽古の際、事情があって、姿見数枚を
急勾配階段の3階から1階へ降ろすことになった。

f0205317_84329.jpg

機転の利く受講生が、着物をまとったまま、片肩に
姿見を乗せ、階段を軽やかにおりて行った。(驚)
怖々、私も受講生を見習って片肩に乗せて頑張った! 
想像よりずっとラクで、恐怖心はなく
受講生に感謝、そして、『脱帽!』
日々、幼児のように多くの学びを吸収しております。

f0205317_8582928.jpg

この受講生、激しい動きの後でも、着くずれはなかった!!
笹島先生の信念、

『骨格に沿って正しく着付ければどのような動きを
 した後でも布目は正しく戻ります。』

実証されました。。。

初めて名古屋帯に挑戦した日に、「過酷なお手伝い」を、
明るくこなし、微笑んでくれた優しさを忘れません!

その着姿(写真)のまま、初めての「外歩き」も体験。。。

本人の感想は、
『着くずれもなく、まとい終わった時には、左右の衿幅が
 均等ではなかったが、動いているうちにキチンと綺麗に
 おさまった!』

無事帰宅を果たしたそうです。
「腰紐1本の着付け」に益々傾倒していきそうな様子。。。

笹島先生の確かな技術をお伝えしている私の、大きな
励みになりました。(*^_^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
つたないグログへのお越し頂き、
ありがたく、うれしく存じます。
これからもよろしくお願い申し上げます。

       衣香(きぬか)糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-27 09:44 | お稽古風景

着物好きの叔母が、つくも(99)と9か月で、
もうすぐ100歳である。 少しぼかし霞がかかっ
ているが、テンポの速い会話も、OK !!
久々に楽しい話を。。。

f0205317_840511.jpg

叔母は大正生まれで、若い頃は着物が日常着で
気負いなく、まとっていたように思える。
何かにこだわりすぎず、考えすぎず、
単純に、

ー心と着物が自然に添っていた!-

もう十数年前に、たくさんの着物を身内にリレー
するために、真新しいたとう紙に行先の名前を
入れ整理をしていた。
着物好きのわたくしには、『特別のものをね。』と、
何が舞い込んでくるのであろうか。。。

f0205317_12411868.jpg


夫に従順にかしずき、あまり自分を主張せずに
「良妻賢母」の叔母だったが、今は女王様だと
笑い、 わがまま言っても、家族が受け入れて
くれて申し訳ないと、そして、感謝の気持ちも
失っていない!

帰り際、
わたくし、 『何か、ほしいものあるかしら?』

叔母は、  『全部、与えてもらっている。あそう、
        今度来る時は、この子(嫁)に何かをお願いね!』


つくものわたくしは、想像しがたいが、

『ありがとさん』を素直に言える人でありたい。

着物にも言っていたいなあ。


春のお彼岸に気付かせて頂いたことです。(*^_^*)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
お彼岸ももう終わり、秋のお彼岸には、
涼を求めているのでしょうか?

     、衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-24 10:24 | あったか空間

着物を愛であそばす!

春を感じさせてくれる着物や帯が、お教室に
登場しています。

f0205317_9263184.jpg

JAZZシンガー高村緑さんでもある、受講生は
数本の帯を持参してのお稽古です。
写真ははその中での組み合わせの、ひとつで、
お嬢様の袋帯で、厚みがあり締めずらい・・・。

着物をまとうだけでなく、徹底的に研究するけれど
「楽しむ」ことも、忘れてはいない。(*^_^*)


帯締めの色を検討中!

f0205317_9442042.jpg

お稽古の行き帰りに、まとってきたのは、
紬+名古屋帯 で、わたくしはこの帯の大ファン。。。
短い帯で美しく銀座結びを締めている。

地味な紬ですが、写真の背景の花柄が裾よけの模様!
そして、長じゅばんにも、花が、、、 桜ずくし!

パチッとした帯からは、元気がもらえそう。。。

この受講生に接して、感じることは、

 ーていねいに長じゅばん・きものを重ねていき、
    心をそっと解放し、
      着物を愛であそばしているー


本日も「親ばか先生」で申し訳ございません(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
家の近くで桜に会えるのも
そう遠くなさそう。。。

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-23 10:36 | お稽古風景


半幅帯を結ぶ時の、「帯板」のお話。。。

f0205317_9485915.jpg

袴着付けの際、脇から半幅帯の帯板が
お顔を出していることがある・・・。

半幅帯は、帯板を入れる位置が大事。
ゆかたなどで、前帯にひねりを入れる場合は
1周目に入れますでしょう。

帯の表情を綺麗に出したい時などは、2周目に
帯板を入れると、長い帯板だと、脇から見えて
しまうことがあり、帯板の長さには、ご注意!

また、帯板が厚すぎて、体に沿わない時は、
ボール紙を切ったものを、愛用しています。


わたくし自身は、呉服屋さんからのたとう紙の
底に入っているボール紙を、常時使っています。
必要な大きさに切って、「宝物」どす。



見えない位置で、大活躍の「帯板」は、


縁の下の力持ち!!  (*^_^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
by kimonokinuka | 2014-03-21 10:41 | “きもの” 恋綴り

卒業式の袴、あれこれ!


袴のお着付けに,奮闘中です。
小学卒業生の袴は、大変可愛い!

f0205317_8551560.jpg

十数年前に、幼稚園児の卒園式にも、袴をまとう!
そんな微笑ましい、お話を伺ったことがあります。

小6お嬢様が、
『卒業式は、AKBみたいになりたかった!』と
袴姿に、ご満悦顔。。。
よくお似合いで、話題を集めそう。。。

小6男子も、袴をうれしそうに着付けをして
もらっていました。。。

幼稚園・小・中・高学校たちの卒業式も「袴」、
そんな「通過儀礼」が、出来ていくのかしら???


体調が不良方の、袴お着付けが・・・。 
紐の締め具合は、丁重に・優しくを心掛けました。

着付け仲間が、同じような体調経験があり、
飴をお勧めしていました。
袴がまといおわった頃は、少しお元気に。。。

飴を持ち歩く習慣のないわたくし、
ひとつお知恵を頂戴いたしました!!

着付けの情報交換を、交換し合っています。
次々と学びが、お出まし。


今日は、☂の日の卒業式、
「 雨降って地固まる」で、あってほしいです。(*^_^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
気温差がありますので、お風邪などを
召さぬように。

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-20 09:51 | “きもの” 恋綴り

黙々と着物をまとう受講生の口から、
『何かが変???』

f0205317_9331236.jpg

ブカブカして、長じゅばんや着物が体に吸い付かない!
胸元には美しさがなかった。
補整を忘れたことに、気付き、「さらし補整の偉力」を
思い知らされたようです。。。

写真はモデルの秋谷ジェマちゃんですが、岩下志麻さんの
ファンで、「極道の妻」に挑戦! 凄味のあるお顔には、
驚きを、、、 存じ上げないジェマちゃんとご対面。。。
 

この時半衿が掛っておらず、応急処置として簡易衿付けを
試みる。振り返るとこの選択は間違っていなかった。。。

ジェマちゃんのお着付けは、何回もさせて頂きましたが、
そういえば、いつも着物・帯・長じゅばんなど、事前に
拝見することはなく、「ぶっつけ本番」なのだ!

f0205317_10213944.jpg

何時も補整用のさらしとタオルを、道ずれにしている。
優秀なさらしが、そばにいてくれるだけで、安心!!

わたくしにとって、ありがたい補整方法である。

どんな条件でも、美しいお着付けが出来るように。。。


『頑張らなくちゃ!』



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


応援・ぽちっとありがとうございます。
お心にかけて頂き、感謝申し上げます。

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-19 13:31 | お稽古風景

きゃしゃな体で、長い帯と悪戦苦闘、それでも
あきらめないで、努力する受講生がおりました・・・。

f0205317_14354376.jpg

寒い時期は、帯結びが納得できなくても、
「コートや羽織が助けてくれる。」
ちょっと気弱なことを、つぶやいていたが、

先日のJAZZライブには、綺麗な着姿で登場!!

ー糸賀、感動ー

「棚から牡丹餅」がないことを、十分に認識して、
「コツコツ」と努力し、感動やよろこびを、
自分自身の手で、つかみとっている。。。

ー素晴らしいー


受講生たちの「コツコツ」が、わたくしには、
よろこびでもあり、刺激にもなっている。



今朝、袴の着付けをさせて頂いたお嬢様のお話。
お母様のお着物を、晴れやかで、格調高い着姿に、
「感動の輪」が生まれた。。。
袴からも、こんなうれしい喜びを、分かち合えた!!


着物には、摩訶不思議な力が潜んでいる気がする。

あくなき力に「メロメロ」の、わたくしどす。(*^_^*)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
「春一番!」
うれしいなあ 🎶

           衣香 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-18 17:01 | お稽古風景


明日は「お彼岸の入り」、いつもを守っていてくれる先祖に
お礼を伝えたいと思います。。。
写真の胴帯に微かな梵字が、お見えになりますか?
墓参や法事などに締めたく、専門家に描いて頂きましたが、
いやしがほしい時、日々の暮らしにも登場させております。
(お太鼓にはお地蔵様が、写真撮りするとNG画像に)

f0205317_8521986.jpg

春のお彼岸は、ぼたもち(牡丹餅)、秋は、おはぎ(御萩)と
それぞれ季節の花で表現しており、奥ゆかしさを感じます。
室町時代の宮中などに仕える「女房言葉」が始まり。。。

女房言葉には、「おかか=鰹節」「およる=寝るの尊敬語」
びろうで、すみません。
「おまる=便器  放る(まる・ほまる  排泄を意味する。)」

ごめんなさい。もっと、びろうで・・・
「おなら=屁  鳴らすから来ている」

      ☆☆☆

「ゆもじ=浴衣のゆ+もじ」「おめもじ=おめ+もじ  御目にかかる」


お下品なあたくしをお見せしちゃた! あちゃー (×_×;)


ちなみに「おべべ」は、江戸時代の幼児語。
幼児は視覚微なれば、単純な赤・紅を好み、「紅々(ベニベニ)」と
喜んで呼び、特に赤い着物をさすようになったようです。(*^_^*)


最近、赤・紅に惹かれるあたくしが、
「幼児返り」、かしらね。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
今日は風が強いとか、「彼岸西風」??


     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-17 10:09 | あったか空間

お召は気になる着物!


凛とたたずむ水仙(雪中花)の開花時期は長いけれど、
羽織はもうすぐまとわなくなる・・・。
「うららか」という響きや春眠は、まだわたくしには
お出ましがない!

f0205317_1538325.jpg

水仙を見ると、この受講生が浮かんできます。
絞りの羽織下の、お召の着物が気になる。。。


お召は熟練の職人さんが少なくなり、だんだん複雑な糸が
作れなくなってきているそうです。
上質のお召しは 軽くしわにならず、裾さばきも最高で
着心地が良く、着くずれにくい、ただ撚りが強いので
縮みやすい・・・。
カジュアル向きのお洒落着とされています。


一見染めの着物に見えますが、
織りの着物で、洗練されています。最近、
『いいなぁー。』と思うと、お召のことが多くて。。。

美しさを内に秘め、さりげない静けさを持つお召に

加齢とともに、惹かれています。(*^_^*)



「お召」どこか懐かしい、日常生活によくいたのかも。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

応援・ぽちっとありがとうございます。
地震で防災意識が。。。

     衣香(きぬか) 糸賀文音
by kimonokinuka | 2014-03-14 16:42 | お稽古風景